3年A組 レイナ殺しの真犯人は茅野さくら!?伏線らしき話もあった!?

   

 

当記事は日テレドラマ「3年A組-今から

皆さんは人質です-」の登場人物および

ストーリーについて記述したものです。

 

現実の人物・団体・事件とは一切関係が

ありません。

 

 

第9話ラスト、柊一颯(ぶっきー)が

屋上に上がり中継をされているタイミングで

茅野さくらがとんでもないことを口走り

ましたね。

 

「私がレイナを殺したの」

 

ここにきてまさかの黒幕は茅野さくら?

 

だとしたらこれまでの内容はすべて茶番

ですよね。

 

さくらが真犯人という可能性は極めて

低いですが、伏線と考えられなくもない

内容が語られたこともあります。

 

紹介しますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

「私がレイナを殺したの」

 

第9話ラストでの衝撃発言です。

 

映像としてはレイナに昇降口で声をかけ

飛び降り現場となったビルへ一緒に入って

行く姿が映し出されています。

 

この映像はいつのものなのでしょうか。

 

もし飛び降りた当日のものだとしたら、

本当に茅野さくらがレイナをビルの

屋上から落としたということでしょうか。

 

 

どうせ違うんでしょという反応が大半

スポンサーリンク

 

ネットでは「いつもの妄想癖」「ちゃんと

話を聞いてあげなかった私が悪いと言い出す」

など、実際に手を下したと考える人はほとんど

いないようです。

 

 

影山を殺した本当の犯人は

 

第9話では音声こそ消されていますが

柊一颯が犯人について言及しています。

 

ぶっきーが犯人の名前を口にした際、

生徒は誰も茅野さくらを見ませんでした。

 

つまりこのタイミングでは茅野さくらの

名前は上がっていなかったと考えられます。

 

 

さくらが犯人ではつじつまがあわないことがある

 

もし茅野さくらが真犯人だった場合、

五十嵐理事官がぶっきーに協力した

理由がなくなります。

 

武智大和の裏で操っているのは政界の

ドン・牧原丈一郎を凌ぐ人物であることが

示唆されています。

 

茅野さくらはただの女子高生です。

 

 

一方でさくらが犯人である伏線も存在する

スポンサーリンク

 

レイナがターゲットになったのは偶然で

3年A組の生徒の誰もがターゲットになる

可能性があったと語られていましたよね。

 

また、これからも事件は続く可能性がある

という話もありました。

 

茅野さくらは3年A組の生徒から影で奴隷と

呼ばれて虐げられていました。

 

これに対する復讐だったとすれば、

復讐の対象は3年A組の生徒全員だったわけで

ターゲットが変わる可能性があったことや

事件が続く可能性があったことも納得できて

しまいます。

 

 

結局どっち?

 

確たる証拠はありませんが、やはり

真犯人は茅野さくらではないと予想

します。

 

根拠はぶっきーが銃で撃たれている

ことです。

 

警察が驚いていたところを見ると、

銃で撃ったのはぶっきーによる仕込みと

考えられます。

 

実際に撃たれているのか、特撮の要領で

撃たれたように見せたのかはわかりませんが

まだぶっきーは何か企んでいるわけです。

 

もし茅野さくらが犯人だったとしたら

警察相手に余計なことをする必要はない

ですし、そもそも立てこもりをするほどの

ことでもありません。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレドラマ「3年A組-今からみなさんは

人質です-」の第9話で突如茅野さくらが

「私がレイナを殺した」と言い出しました。

 

ですが茅野さくらは真犯人である可能性は

低く感じます。

 

五十嵐刑事が犯罪に手を貸してまで解決

しようとした事件の犯人がただの女子高生

というのは考えにくいですよね。

 

牧原丈一郎よりも厄介な真の黒幕というのは

誰なのでしょうか。

 

次回の第十話は最終回です。

 

茅野さくらのセリフの真相と真の黒幕を

きちんと納得行く形で語ってくれるので

しょうか。

 

早く最終話が見たいですね。

 

 

 

 - 3年A組