3年A組 ブッキーが立てこもった最大の理由とは?本当の黒幕は新しい理事官?

   

 

当記事は日テレドラマ「3年A組-今から

皆さんは人質です-」の登場人物および

ストーリーについて記述したものです。

 

現実の人物・団体・事件とは一切関係が

ありません。

 

 

第9話では柊一颯(ブッキー)が真相を

告白しました。

 

が、肝心なところで音声が消されて

いましたね。

 

予告で「ついに真相が」というような

煽りをしておいて結局明かされないのは

正直テンションが下がりますね。

 

これまでの内容から何を言っていたのか

予想してみましたのでご覧ください。

 

※あくまで私個人の予想です。

 

スポンサーリンク

 

 

柊一颯の3つの目的とは

 

第9話では生徒を前に柊一颯が事件を

起こした目的を語り始めました。

 

その3つを順番に見ていきましょう。

 

 

目的 1

 

武智大和に自分が犯した過ちを気付かせる

こと。

 

柊一颯の彼女だった相楽文香や、影山澪奈

など武智大和がフェイク動画で壊した女性の

苦痛を追体験させることで罪の重さを

知ってほしかった。

 

これは前回までにも語られてきた理由ですね。

 

柊一颯が武智大和を追い込んだあたりから

武智大和は視界が歪んだり精神に異常を

きたしている様子が見てとれます。

 

罪の重さを理解しているのかについては

やや疑問ですがかなり精神的に衰弱して

いるようです。

 

 

目的 2

スポンサーリンク

 

2番目の目的が立てこもった最大の

理由とのことです。

 

音声が消されており何を言ったのか

わかりませんね。

 

唇の動きから読み解こうとしましたが

無理でした。

 

 

ここからは私の想像ですが、

内容としては、影山澪奈を殺した本当の

犯人を炙り出すことだと思われます。

 

ブッキーに協力していた五十嵐刑事は

牧原先生程度だったら犯罪に手を貸したり

しないと言っており、かなりの大物が

バックに控えていることが示唆されて

いました。

 

立てこもりという派手な事件を起こさないと

手が届かない人物ということのようです。

 

実際に立てこもりをしたことで登場した

人物となると五十嵐刑事の後釜として

やってきた本城理事官あたりが怪しい

ですね。

 

ただ、次回が最終回です。

 

これまで何も伏線がない状態で真犯人が

本城理事官だったら正直興ざめです。

 

実はちゃんと伏線があって視聴者の誰も

気付いていないものが最終回で明かされて

いくのだとしたら伝説に残るドラマに

なりますね。

 

 

なお、第9話ラストでは茅野さくらが

突如「レイナを殺したのは私」と

言い出しました。

 

こちらはきっと最後まで友達として

信じてあげなかったから自殺したんだ

とでも言うつもりでしょう。

 

実際に突き落としたという意味では

ないと思います。

 

 

目的 3

 

ナイフを刺せば血が出る、

痛みも伴う。

 

場合によっては命も奪える。

 

当たり前のことだ。

 

今の社会はこんな当たり前のことに

気が付くひまもないくらいにせわしく

回り続けている。

 

相手に何をしたら傷つくのか、

何をされたら痛むのか。

 

おまえたちにはそれに気づかない

感情がマヒした大人にはなってほしく

なかった。

 

想像力を働かせて自分の言葉や行動に

責任を持つ。

 

決断をする前に踏みとどまってこれが

本当に正しいのかを問いただす。

 

そんな誰もがわかっているのにできて

いない考えることの大切さをみんなには

伝えたかった。

 

 

私は犯罪を犯さなくても伝えられる

ことのように感じますけどね。

 

物理的な痛みは人間の本能として理解

できています。

 

一方、精神的な痛みは理解できていない

人がとても多いです。

 

柊一颯は後者の精神的な痛みについて

伝えたかったのだと思いますが、なぜか

手をナイフで刺すという奇行に走って

います。

 

ちょっと理解しがたいです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレドラマ「3年A組-今からみなさんは

人質です-」の柊一颯が立てこもり事件を

起こした3つの理由が語られました。

 

しかし肝心の「最大の理由」は音声が

消されており何を言っているかわかり

ませんでした。

 

残る2つの理由はすでに前回までで何度も

語られた内容です。

 

正直、第9話では柊一颯の動機に新しい

情報は追加されていません。

 

個人的に「すごく偉い黒幕を引っ張り出す」

というのが第2の目的ではないかと予想

しましたが、これについても前回までに

五十嵐理事官が口にしたことです。

 

次回は最終回ですが同じシーンを音声あり

バージョンで放送するのでしょうか。

 

「視聴者のご想像にお任せします」

で終わるなんてことがないといいですよね。

 

 

 

 - 3年A組