CM

小学館 図鑑NEO 2021CMソング 芦田愛菜が歌う替え歌の元ネタはドイツ民謡!?

投稿日:

 

小学館の深海生物のCMが放送されています。

 

芦田愛菜が歌っている曲、聞き覚えがあるメロディですね。

 

日本でも小学生の頃に学校で歌う曲ですが、元ネタはドイツ民謡だそうですよ。

 

 

 

深海生物 図鑑NEO

 

今の時代、ネットで調べれば生き物の画像から生態まで簡単に調べられますね。

 

とはいえ、それは物心ついてからの話。

 

幼い子どもにスマホやPCを自由に使わせるのはリスクがあります。

 

また、ネットは全く知らないモノを調べるにはそれなりに知識が必要です。

 

ページをめくるだけで知らない世界が待っている紙の図鑑はその点において魅力がありますよね。

 

なお、今購入するとドラえもんのDVDが付いてくるそうですよ。

 

 

引用:YouTube SHOUGAKUKANch

 

 

CMソング 替え歌の元ネタの曲のタイトルは?

 

Ich bin ein musikante」(直訳:私は音楽家)というドイツ民謡です。

 

このタイトルを知っている人は少なそうですが、メロディは聞き覚えがある人が多いはずです。

 

日本では「山の音楽家」という名前の民謡として親しまれています。

 

「わたしゃ音楽家、山の小リス♪」という歌い出しの曲ですね。

 

こちらのアルバムの4枚目「思い出が蘇るあの歌この歌」の13曲目に収録されています。

 

 

 

原曲に動物はいない

 

この曲、日本語歌詞はドイツ語歌詞の直訳ではありません。

 

ドイツ語では主語が「私」です。

 

ドイツでも子どもが歌う民謡ですが、ちょっと雰囲気が違います。

 

引用:YouTube Sing mit mir - Kinderlieder

 

 

出演者は芦田愛菜

 

替え歌を歌っているのは芦田愛菜です。

 

6月23日に誕生日を迎え、17歳になりました。

 

圧倒的な存在感を持った子役という印象が強いですがもう17歳(まだ17歳?)です。

 

昨年はいろいろ話題になった絵本が原作の映画「えんとつ町のプペル」でルビッチ役を担当しました。

 

今年2021年は「岬のマヨイガ」で主人公・ユイの声を担当します。

 

「岬のマヨイガ」は8月27日公開予定です。

 

 

最後に

 

小学館の図鑑「深海生物」で芦田愛菜が歌っている替え歌の元ネタは「山の音楽家」という民謡です。

 

元々はドイツの民謡「Ich bin ein musikante」で、直訳すると「私は音楽家」です。

 

日本語歌詞はドイツ語歌詞を訳したものではなく、原曲は小リスも小鳥もうさぎも出てきません。

 

メロディは一緒ですがだいぶ雰囲気が違います。

 

馴染みのある曲も原曲を辿ると面白い発見がありますね。

 

 

 

-CM
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.