タイ

タイ バンコクの水自販機(ウォーターサーバー)値段はいくら?飲んでも大丈夫?

更新日:

 

タイ・バンコク。

 

LCCが普及したことで手軽に行くことができる東南アジアとして人気ですね。

 

物価が上がってきているとはいえ日本と比べたらはるかに安く、食事も日本人向きで日本好きなタイ人も多いです。

 

ビザなしで滞在できるのは30日までです。

 

物価が安いので大学生やフリーターなどがちょっとお金を貯めてタイに長期滞在するという通称「外こもり」が流行しています。

 

そんな人たち向けにタイにある水の自販機(ウォーターサーバー)を紹介しますのでご覧ください。

 

 

 

ウォーターサーバーとは

 

硬貨を入れると水が出てくる自販機です。

 

マンションなどの自宅に設置するタイプのレンタルウォーターサーバーもありますがここでは外に設置されている自販機について紹介していきます。

 

 

飲めるの?

 

一番大事なポイントですよね。

 

飲めます。

 

私はタイでは非炭酸のレッドブルかウォーターサーバーの水しか飲んでいませんが体調に変化はありません。

 

ちなみに、タイ(とくにバンコク)は周辺の国より整備されているものの、水道水を飲むのは危険とされています。

 

せっかくの旅行で体調を崩しては楽しめないので、念のため飲み水はコンビニやスーパーで買うか今回紹介するウォーターサーバーで買いたいところです。

 

なお、私は実際に水道水を飲んでみたことがありますが「直ちに影響がある」ということはありませんでした。

 

ですがウォーターサーバーもミネラルウォーターもとても安いです。

 

わずかなお金を節約するために体にダメージを蓄積させるのは賢いとは言い難いですよね。

 

 

ウォーターサーバーの値段は?

 

1バーツで1リットルが相場のようです。

 

2019年2月現在では3.5円ほどということになりますね。

 

ちなみにコンビニ等で購入すると1.5Lで13バーツほどとなっています。

 

コンビニの水は1L30円程度という計算になりますね。

 

かなりの差です。

 

タイはとても暑く水分補給は必須です。

 

ですので水の消費量も多くなりますので地味に懐にダメージを与えてきます。

 

ウォーターサーバーで節約しましょう。

 

 

使い方(購入方法)

 

 

使い方は簡単です。

 

まず硬貨を投入します。

 

お釣りは出ないため、1リットル欲しい場合は1バーツを用意しましょう。

 

硬貨を投入すると文字盤に残量が表示されます。

 

その状態で緑のボタンを押すと水が出始めます。

 

かなりの勢いで出ますのでしっかりペットボトルを持ちましょう。

 

手で固定しておかないと吹き飛んで周囲一帯が水浸しになります。

 

水が出ている間に緑のボタンを押すと止まります。

 

複数のペットボトルに入れたいときはこの方法を使いましょう。

 

 

ただし、機種によっては止まらないこともあるようです。

 

初めて使うウォーターサーバーは1リットル以上のペットボトルで止められるかテストしたほうがよさそうですね。

 

 

注意点

 

田舎のほうにあるウォーターサーバーは中の水が古いことがあります。

 

あきらかに埃まみれで使われている形跡がないウォーターサーバーは避けましょう。

 

また、大丈夫だとは思いますが炎天下に野ざらしになっているタイプも避けたほうがいいかもしれません。

 

 

さらに安く済ませる裏技

 

1リットル1バーツでも十分安いですがさらに安く水を手に入れる裏技があります。

 

それはフードコートに行くことです。

 

フードコートとは日本でもお馴染みの、イオンモールなどに併設されている食事ができる場所です。

 

ここには飲料用の水道があります。

 

 

タイで最もオススメなのはアソークにあるターミナル21です。

 

 

タイ料理であるクイッティアオ(麺)やカオパット、カオマンガイなどが激安で食べられます。

 

オススメはカオナーペットです。

 

カオマンガイのアヒルバージョンです。

 

タレに付け込まれた柔らかい肉が絶品です。

 

 

携帯型浄水器

 

 

中にフィルターがついており、水道水を入れて飲むことができます。

 

 

水筒型浄水器の最大のメリットは飛行機内に持ち込めることです。

 

出国手続きを通過する際に液体の持ち込みはできないため検査員に止められますが、中を空けて何も入っていないことをアピールすれば問題なく持ち込むことができます。

 

荷物検査をクリアした先にはどの空港でも飲料用の水道があります。

 

さらに浄水器を通過させれば旅行中に水で失敗することは限りなく少なくなることでしょう。

 

 

フィルターは4週間交換しなくても大丈夫なのでほとんどの旅行者はそのまま使い続けられます。

 

タイはビザなしで30日滞在できます。

 

交換期限から少しはみ出しますが、ちょっとくらいなら大丈夫だと思います。

 

ちなみに申請をすればさらに1か月滞在できますし、「ビザラン」も年1、2回なら可能だそうです。

 

長期滞在するのであればフィルターを別途購入してもいいかもしれませんね。

 

 

 

最後に

 

タイにあるウォーターサーバー(水自販機)を紹介しました。

 

1リットルが1バーツ(3.5円)という破格の値段です。

 

常に気温が30度を超えるようなタイでは水分補給は必須です。

 

タダ同然の値段で水を買ってグビグビ飲みましょう。

 

最低ラインが1バーツ(1リットル)からなので最初はコンビニなどで1.5リットルのペットボトルを買い、次からは水自販機で補給するのがいいと思います。

 

フードコートには無料のウォーターサーバーがあります。

 

こちらも飲むことができます。

 

食べ物も安くて清潔なので屋台に抵抗がある方はこちらをオススメします。

 

 

 

-タイ
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.