集団左遷!!

集団左遷 完結 ハッピーエンド風だが闇だらけ 研修センター長の「がんばれ」が怖い

投稿日:

 

TBSドラマ「集団左遷!!」が完結しました。

 

片岡は宿敵横山の不正を暴き、頭取と

ともに三友から追いやることに成功、

元蒲田支店のメンバーも楽しそうに毎日

頑張って働いているエピローグが

描かれました。

 

ハッピーエンドな大団円っぽい雰囲気

でしたね。

 

しかし。

 

ちらほらと闇が垣間見えたのは私だけ

ではないはずです。

 

スポンサーリンク

 

 

代案無き不正告発

 

横山副頭取の不正を告発したのは

いいですが、結局その代案として

どうやって三友銀行を盛り立てていくかは

何も語っていない片岡。

 

最後の最後まで「作戦:がんばる」の

一本でした。

 

 

昭和的ブラック研修が始まりそう

スポンサーリンク

 

最終的に片岡は人材育成研修センターの

センター長に就任しますが、その最初の

挨拶で

ここにいるみなさん全員の頑張りを

しっかりとサポートしながら

わたしも一緒に頑張ります。

と語っています。

 

一切中身のない根性論だけの挨拶です。

 

頑張ることそのものを否定するつもりは

ないですし、斜に構えて無気力に働くことを

かっこいいとは思いません。

 

ですが正しい努力を効率的に行うことで

無駄のない働き方をしたいです。

 

片岡洋のこれまでの銀行員としての行動は

無駄だらけで気合と根性と幸運で乗り切って

きただけです。

 

昭和の時代はそれでよかったかもしれませんが

今は平成も終わり令和の時代です。

 

新しい時代の考え方に適応できない

古い考え方の人間が研修センター長に

収まるのは暗い未来しか見えませんね。

 

 

真山徹、退職

スポンサーリンク

 

真山徹は横山が在職だった際に左遷を

言い渡されていましたが、なんと退職して

妻の実家の建設会社の経理を手伝うことに

しています。

 

奥さんは外を歩き回れる状態ではあるものの

「1分1秒でも一緒にいたい」と言っており

もう長くないであろうことが仄めかされて

います。

 

なお、妻の実家は長野にあり義父は社長を

しています。

 

蒲田支店時代に1度だけ融資を頼って

いました。

 

 

梅ちゃん、二度目の左遷?

 

梅ちゃんはエピローグに登場しません

でした。

 

横山が在職中に左遷を言い渡して

いたので取り消されていなければ

運送会社に出向しているはずです。

 

大型免許がない梅ちゃんは運送会社で

何をするのでしょうか。

 

ダイバーサーチとの提携が白紙になった

後にタイムズウェアという会社との

やりとりで取締役となった隅田の隣に

座っています。

 

左遷は取り消され、社長の秘書的な

位置にいるようです。

 

 

元蒲田支店メンバーに暗い影

スポンサーリンク

 

エピローグでは元蒲田支店のメンバーが

多数登場し、それぞれがそれぞれの場所で

頑張っていました。

 

その中で用賀支店の窓口を担当している

藤枝薫(演:橋本真実)はお客さんを

ペッパーくんのようなAIロボットに

取られて悔しそうな顔をしています。

 

AI化の波にのまれてこの行員は近いうちに

リストラされそうです。

 

また、新しく立ち上がった証券部門に

異動した滝川は着任の挨拶をした際に

全従業員から無視されています。

 

さらにそのことに滝川は顔をゆがめて

「ハァ?」と大声を出しています。

 

滝川の三友証券での人間関係は最悪の

状態です。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

TBSドラマ「集団左遷!!」では無事に

横山副頭取を三友銀行から追いやることが

できました。

 

ですがその後のエピローグではさまざまな

影が仄めかされておりハッピーエンドとは

言えそうにありません。

 

おそらくちょっとしたギャグのつもりで

たいした意味はないのでしょうが、今後の

彼ら彼女らがどうなるか想像すると切なく

なります。

 

そして何より、片岡洋が人材育成研修センター

センター長としてこれまで同様「頑張る」

だけを武器に新人を育成していこうと

していることには薄ら寒いものを感じます。

 

下手をすると毎朝大声で社訓を言わされたり

センター長を先頭に10kmのジョギングを

させられたりするかもしれません。

 

私は努力も頑張ることも必要だとは

思います。

 

ですがそれは正しい道筋に沿った行動で

なくてはならず、遮二無二頑張るのは

間違っていると感じます。

 

これまで同じ道を歩んだ先人の知識と知恵を

まとめ上げ、最も効率よく成長する道を

指し示すのが人材育成のあるべき姿では

ないでしょうか。

 

 

 

-集団左遷!!

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.