集団左遷!! 鮫島が手帳を渡したのは何だったのか 最後に一瞬見せた笑顔とは

   

 

TBSドラマ「集団左遷!!」が最終回を

迎えました。

 

宿敵・横山副頭取の不正告発のきっかけと

なった取引の履歴が書かれた手帳は

横山の部下の鮫島が梅ちゃんに渡したもの

でした。

 

結局鮫島は味方だったのでしょうか、

敵だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

横山輝生失脚のきっかけは鮫島正義

 

鮫島は日本橋支店の支店長に就任して

いたのですが、日本橋支店長が代々管理

していた不正融資のお金の流れが書かれた

手帳を梅ちゃんに渡しています。

 

梅ちゃんも横山輝生の部下ではありますが

片岡洋と仲が良かったことはバレており

忠誠心が高いとは言えない状態でした。

 

そんな梅ちゃんにたいした意味もなく

横山の銀行員生命が終わるような重大な

証拠を渡したので片岡の味方になった

のではと思われていました。

 

 

最終話でも片岡を敵視

スポンサーリンク

 

片岡洋が新聞社に告発しようとした動きを

察知し、横山に密告しています。

 

さらに強引にでも片岡から手帳を奪おうかと

横山に進言するシーンもありました。

 

その進言は横山から却下されています。

 

これらのことを考えると最終話でも

片岡の味方だったとは考えにくいですね。

 

 

最後に片岡に見せた笑顔の謎

 

ダイバーサーチとの新規事業の説明会で

横山が連れていかれた際、鮫島は片岡に

一瞬だけ笑顔を見せて横山の後を追って

いきました。

 

あれはどんな意味があるのでしょうか。

 

鮫島を演じている小手伸也のクセが強くて

意図が読み取りにくいですよね。

 

肯定的な笑みなのであれば「よくやったな」

でしょう。

 

その後、横山輝生と藤田頭取は捕まって

いることを考えると片岡の密告を手助け

したとも捉えられます。

 

ですがそれならば直前まで片岡の行動を

阻止しようと動いていたことに説明が

つきません。

 

 

結局鮫島正義とは何だったのか

 

「集団左遷!!」には原作が存在しますが

第2章は完全にオリジナルで、鮫島正義

という男も原作にはいません。

 

なのでドラマで語られなかった背景なども

なく、何を思って手帳を梅ちゃんに渡した

のかもわかりません。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

TBSドラマ「集団左遷!!」が終了しましたが

消化不良な終わり方でしたね。

 

横山の不正告発のきっかけとなった手帳を

渡した鮫島正義の行動の理由は明かされて

おらず、最後まで敵だったのか味方だった

のかよくわからないままでした。

 

エピローグに鮫島の姿がなかったことを

考えると、横山がいなくなったことで

鮫島も立場を失ったと考えるのが妥当な

気がします。

 

宿敵の横山が不正を暴かれたのはいいと

して、強引に推し進めた改革は頓挫、

横山を叩いた片岡には代案はなく

元蒲田支店のメンバーの中にはクビに

なりそうな行員やあきらかに周囲から

煙たがられている行員もいます。

 

片岡洋はプライベートでも息子が部活を

辞めたことを忘れて「がんばってるか」と

問いかけたりと家族との会話が成立して

いないように見えます。

 

あきらかにハッピーエンドではないのですが

片岡洋だけのんきに新天地の人材育成研修

センターのセンター長として「がんばる」と

いい続けています。

 

モヤっとしますね。

 

 

 

 

 - 集団左遷!!