知ってるワイフ

知ってるワイフ 第一話 日本版と韓国版の違いはどこ?あらすじは原作に忠実!

投稿日:

 

フジテレビドラマ「知ってるワイフ」がスタートしましたね。

 

原作は韓国ドラマで、ファンの多い作品です。

 

ですが韓国ドラマ版は地上波で放送されたわけではないので内容を知らない人のほうが多いはず。

 

実はU-NTXTなどの動画サービスで配信されています。

 

私自身も原作未視聴でしたが、日本版が始まると聞いてU-NEXTで視聴を開始しました。

 

日本版と韓国版の違いを紹介していきます。

 

なお細かい違いまで全て網羅できているわけではなく、まだ全話視聴できているわけでもないので重要な伏線を見逃している可能性があります。

 

深く知りたい方はぜひU-NEXTで視聴してみてください。

 

※U-NEXTは新規入会時1か月間の無料トライアルがあります。

 

今すぐU-NEXTで韓国版知ってるワイフを見る!

 

 

 

日本版第一話と韓国版の何話まで?

 

日本版は原作である韓国ドラマのストーリーにかなり忠実です。

 

ただし韓国ドラマは全20話、日本版は(おそらく)全10話です。

 

そのためやや端折ってストーリーが進んでいます。

 

日本版第一話は、韓国版の第一話から第三話中盤までの内容が描かれています。

 

 

違うポイント

 

とりあえず、舞台が日本と韓国という点が違います。

 

その他、

日本版では無能で中身のない話をした支店長が、韓国版では主人公の味方

主人公の奥さんはエステティシャン

など細かな違いがあります。

 

以下の4つほどが今後のストーリーにも影響しそうなポイントです。

 

 

奥さんとの出会いが大きく違う

 

日本版では、現在の奥さんとの出会いが「バスに財布を忘れて届けた」となっていましたね。

 

原作の韓国版では「バスの中で卑劣な行為をした男性と言い合いになっているところを助けた」となっています。

 

もう一人のヒロイン(以下、「チェロの方のヒロイン」)がチェロのコンサートに誘っている点はどちらも同じで、コンサートの開始時間が一時間違うものの結局行くことができないという点は共通しています。

 

なお、韓国版では翌日にコンサートに行けなかったことを謝罪していますが、非常に冷たい態度であしらわれています。

 

現実で再開したときに「大学時代に好きだった」と言っている事と矛盾を感じますね。

 

理由も聞かずに一発で冷めるような人であれば、仮に初回のデートに間に合ってうまく付き合えても結局上手くいかないような気がします。

 

 

タイムスリップおじさんがくれたお金

 

日本版で強烈な違和感となっている、タイムスリップを教えてくれたヒッピー風のおじさんがくれた2枚の500円硬貨。

 

元春(日本版主人公)はこのおじさんに何もしていないのに突然1000円も貰いました。

 

 

韓国版ではタイムスリップおじさんとの出会いは公園ではなく地下鉄です。

 

しかもおじさんはタイムスリップを唱えても誰にも相手にされず倒れており、ジュヒョク(韓国版主人公)は即座に助けています。

 

そして500ウォン硬貨を1枚お礼として貰いました。

 

 

日本版ではなにもせず突然お金を貰っており、韓国版では倒れた際に助けたお礼として貰っています。

 

さらに韓国版の500ウォン硬貨は日本円で50円程度の価値です。

 

ヒッピー風のおじさんがお礼に渡しても50円ならそれほど違和感はありませんよね。

 

 

日本版にはない設定

 

1回目のタイムスリップから現実世界に戻ってきた際、ジュヒョク(韓国版主人公)の手首に傷ができています。

 

日本版第一話では語られていませんよね。

 

私はまだ韓国版を最後まで見ていないのでこの傷の意味がわかりませんが、これ見よがしに傷が生成されていたので重要な伏線なのでしょう。

 

 

事故

 

日本版では大衆食堂を経営している友人がバイクのツーリング中に事故に遭っていますね。

 

原作では主人公自身が車で事故を起こしました。

 

「大衆食堂を経営している友人」自体は原作にも登場しますが、少なくとも日本版第一話に相当するエピソードではバイク趣味は持っていないようです。

 

 

それ以外はだいたい同じ

 

主人公が銀行勤務であり、ちょっと「できない」男であること。

 

そして趣味がゲームで、奥さんに隠れてクローゼットにプレステを隠していること。

 

また、恒星ウルフの消失による重力の変化でのタイムスリップや「人生が変わります」の看板を左折した先にある料金所などの重要そうな施設が同じです。

 

それだけでなく、小ネタも共通点が多いです。

 

寝坊して二人で飛び起きるシーン

洗濯されておらずYシャツが臭いと叫ぶ

ソクラテスを引用して奥さんを悪妻、自分を哲学者と言う

怒ってカニダーツ※傷口が日本版・韓国版で逆の頬になっています

スーパーで奥さんが爆発

チェロ奏者の方のヒロインがラクロフファン

主人公がラクロフのサインを貰ってプレゼント

タイムスリップする日に妹が訪ねてくる

親友と同居している※タイムスリップした日の親友の"服装"まで一緒です

 

と、キリがなくなるのでこのあたりでやめておきますが、多少違う部分はあるもののストーリーだけでなくちょっとしたシーンも原作にあるネタが使われています。

 

 

最後に

 

ということでフジテレビ版と原作韓国版の「知ってるワイフ」の違いを調べてみました。

 

フジテレビ版第一話の時点では、ほぼ原作と同じストーリーです。

 

第一話時点では、正直登場人物のクセが強すぎて「見る人を選ぶドラマ」に感じてしまいますが、原作ファンは後半の盛り上がりを魅力として語っています。

 

今後どうなっていくのか楽しみですね。

 

 

なお、私は「韓国版と日本語版どちらが面白いか」については何も意見を持っていません。

 

強いて言うなら「それぞれにそれぞれの良さがある」と思っています。

 

もちろん逆に「それぞれにいくつかの違和感もある」と感じてもいます。

 

 

 

-知ってるワイフ

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.