なつぞら 主題歌の曲のタイトルと歌手は?コタンって何?意外に厳しい歌詞?

   

 

100作目のNHK朝ドラ「なつぞら」が

始まりましたね。

 

壮大な北海道を舞台にさわやかな

主題歌で今後が楽しみです。

 

この主題歌を歌う歌手や曲のタイトル、

歌詞に出てくる意味がわかりにくい

単語などを調べましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

主題歌の曲のタイトルと歌手は?

 

歌っているのはスピッツ

曲のタイトルは「優しいあの子」です。

 

 

プロフィール

 

バンド名:スピッツ

 

活動開始:1987年

 

出身地:東京都

 

事務所:Grass Hopper

 

 

【メンバー】

 

名前:草野マサムネ(くさのまさむね)

 

生年月日:1967年12月21日(51歳)

 

出身地:福岡県福岡市早良区

 

血液型:O型

 

担当:ボーカル・ギター・ハーモニカ・タンバリン

 

 

名前:三輪テツヤ(みわてつや)

 

生年月日:1967年5月17日(51歳)

 

出身地:静岡県藤枝市

 

血液型:B型

 

担当:ギター・コーラス

 

 

名前:田村明浩(たむらあきひろ)

 

生年月日:1967年5月31日(51歳)

 

出身地:静岡県藤枝市(51歳)

 

血液型:A型

 

担当:ベース・コーラス

 

 

名前:崎山龍男(さきやまたつお)

 

生年月日:1967年10月25日(51歳)

 

出身地:栃木県佐野市

 

血液型:B型

 

担当:ドラムス・コーラス

 

 

実は暗い歌?詩が冬っぽい?

スポンサーリンク

 

「重い扉」「暗い道」などの厳しい

詩が多い歌詞ですが、これらは北海道の

厳しい冬をイメージしています。

 

実はスピッツの草野マサムネが作詞の

ためにオファーを受けてから実際に

何度も北海道へ訪れており、そこで

感じたことが歌詞になっています。

 

舞台やタイトルが「夏」であっても

やはり北海道といえば厳しい冬。

 

それを乗り越えて待ちに待った夏が

訪れるという解釈のようです。

 

 

曲の音量が小さいという不満も!?

 

さわやかなスピッツの曲は好評ですが

「小さすぎて聞き取れない」という不満が

あるようです。

 

私はイヤホンで聞いているので聞き取れ

ましたが普通にテレビから聞くと物足りない

かもしれません。

 

 

コタンとは

 

歌詞の最後に「コタン」という単語が

入っていますね。

 

アイヌ語で集落や村など、人が住む場所を

現す単語です。

 

古丹・古潭という漢字を当てます。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

NHKの朝ドラ「なつぞら」の主題歌は

スピッツによる「優しいあの子」です。

 

歌詞の最後に出てくる「コタン」とは

アイヌ語で「集落」のことだそうです。

 

「重い扉」「暗い道」などネガティブな

歌詞が含まれていますが、それらは

北海道の厳しい冬をイメージしている

ようです。

 

 

 

 - なつぞら