ミストレス

ミストレス第7話 安岡周平が非常識すぎる?離婚調停中なのに付き合うのはアリ!?

投稿日:

 

NHK版ミストレスではシングルマザーの

トモちゃんがシングルファザーの安岡周平と

いい仲になりつつありました。

 

しかしシングルファザーだと思われていた

安岡周平はまだ離婚していませんでした。

 

このことが発覚したことで二人の仲は

終わったかと思いきや、まだ安岡周平は

諦めていないようです。

 

スポンサーリンク

 

 

誠実にトモちゃんへの愛をアピール

 

朝の登校時に学童擁護員として会った際に

絵里の親権で揉めていますが慰謝料は請求

されておりません

と「保険金目的でないこと」をアピール

しています。

 

誠実に愛をアピールしているシーンに

見えますがいろいろと問題がありますね。

 

 

離婚調停中ということはまだ離婚していない

スポンサーリンク

 

保険金目的かどうか別として、そもそも

まだ離婚していないのに別の女性との

仲を進展させてしまってはダメですよね。

 

「嫁とは別れるから」と言っているゲスい

おっさんとやっていることは同じです。

 

 

離婚調停中に恋人を作ってはだめなの?

 

調べてみたところ、離婚調停中に新しく恋人が

できた場合は「不貞行為」とはみなされない

そうです。

 

※私は法律の専門家ではないのでこの情報は

あくまで参考程度にしてください。

離婚調停中に恋人を作りたい場合はきちんと

弁護士さんなど専門家に聞いてください。

 

 

離婚調停に入った時点で婚姻関係は破綻している

と考えられるためだとか。

 

ただし、確実に離婚調停に入ってから知り合った

ことが証明できない場合は不貞行為に認定される

可能性もあります。

 

安岡周平と野口友美の場合は別居のために

引っ越してきてから知り合っているので

問題にはならないのかもしれません。

 

 

絵里ちゃんの気持ちはどうなる?

 

第6話では萌ちゃんと絵里ちゃんが喧嘩を

していました。

 

萌ちゃんが「絵里ちゃんのパパと私の

ママは仲がいいね」と言ったことに対し

絵里ちゃんは「私のママのほうがいい」と

癇癪を起したのです。

 

萌ちゃんは安岡周平との関係を応援して

いますが、絵里ちゃんは両親が仲直り

することを望んでいるわけです。

 

安岡周平は娘のことを考えていないように

見えますね。

 

「親権で揉めている」と言っていますが

まさかお互いに娘を押し付けあっている

のでしょうか。

 

 

トモちゃん側もちょっとおかしい

スポンサーリンク

 

トモちゃんはまんざらでもないようです。

 

「謝られたからってすぐには許せない」

と言っていますが離婚が成立していない

ことはそれほど問題視していません。

 

付き合うのは離婚が成立してからにすべき

ですし、上述のように絵里ちゃんは両親の

復縁(まだ離婚していないので正確には

仲直り)を望んでいます。

 

離婚が完了していないのに付き合いだして

しまえば、いざ再婚となったときに認めて

くれなくなるでしょう。

 

 

女子会メンバー、誰も絵里ちゃんのことを心配していない

 

安岡周平を許したり付き合ったりするのは

「ともちゃんの気持ち次第じゃない?」

と言っています。

 

女子会メンバーは絵里ちゃんが萌ちゃんと

喧嘩した原因を知らないのかもしれませんね。

 

そもそも安岡周平に娘がいることも話して

いなかったような気がします。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

NHK版ミストレスの第7話では安岡周平が

再びトモちゃんにアタックしています。

 

離婚調停中であり離婚は完了していない、

つまり結婚している状態なのですが

安岡周平やトモちゃんだけでなく女子会の

メンバーも誰一人「離婚が成立してからに

したら?」と言いません。

 

どうやら離婚調停がスタートしてからであれば

新しく恋人を作っても不貞行為にはならない

そうですが、ちょっとモヤっとしますね。

 

 

 

-ミストレス
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.