ルパンの娘

ルパンの娘 円城寺輝の幼少期を演じた子役は誰?幼いミュージカル男がかわいい!

投稿日:

 

フジテレビ「ルパンの娘」の第9話では

華と円城寺輝の幼少期の思い出が描かれ

ました。

 

華の幼少期は以前にもありましたが

円城寺輝の幼少期は今回が初めて

ですね。

 

演じていた子役を調べましたので

ご覧ください。

 

なお当記事の後半では原作小説を基にした

ネタバレが含まれています。

 

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

円城寺輝の幼少期を演じた子役は誰?

 

大河原爽介です。

 

この子役はダンスが特技だそうです。

 

ルパンの娘では軽やかに歌い上げるだけで

ダンスシーンがなかったのが残念ですね。

 

ちなみに大河原爽介はミュージカルの経験も

あります。

 

今年2019年には「エリザベート」に出演

しています。

 

 

プロフィール

 

名前:大河原爽介(おおかわらそうすけ)

 

年齢:10歳

 

出身地:東京都

 

事務所:劇団ひまわり

 

 

円城寺輝、子どもの頃からミュージカル男だった

スポンサーリンク

 

毎週白いスーツで華の周りで踊っている

円城寺輝ですが幼少期の頃から華が

悲しんでいるときにミュージカルで

元気づけていたようです。

 

というか幼少期の頃から同じBGMを

使い続けているのですね。

 

こだわりが感じられますね。

 

 

円城寺輝、子どもの頃から華が好きだった

 

円城寺輝と三雲華は幼馴染です。

 

華は円城寺輝をただの幼馴染としてしか

見ておらず、第9話でプロポーズされた

時は「冗談でしょ?」と驚いていました。

 

一方の円城寺輝は幼少期から華のことを

気にかけており、子どもの頃二人で撮った

写真を今でもペンダントにして持っています。

 

ずっと想い続けていたんですね。

 

それでもこれまで桜庭和馬が刑事だと

気付いてもその恋路を邪魔することもなく

応援しているのは紳士的ですね。

 

 

二人の恋は実るのか

 

おそらくは実りません。

 

第9話ラストで華のおじいちゃんが亡く

なりましたが、あれは原作小説にあった

エピソードです。

 

原作通りの結末になるのであれば

紆余曲折の末、華は桜庭和馬とヨリを

戻すことになります。

 

ただし原作には円城寺輝は存在して

いませんでした。

 

もし原作に円城寺がいたらどういう結末に

なっていたのでしょうね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

フジテレビ「ルパンの娘」のミュージカル

男・円城寺輝の幼少期を演じた子役は

大河原爽介です。

 

円城寺は子供の頃から華の前で

ミュージカルを披露していたんですね。

 

しかも曲調は昔も今も全く同じです。

 

ちなみに二人の結末ですが、原作通りで

あればうまく行かず華は結局和馬と

ヨリを戻します。

 

 

 

-ルパンの娘
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.