これは経費で落ちません

これは経費で落ちません 田倉勇太郎役の俳優は誰?製造部の事件とは?

投稿日:

 

NHK「これは経費で落ちません」で

森若沙名子の先輩として経理部で働く

田倉勇太郎を演じる俳優は誰でしょうか。

 

ドラマで使われるかわかりませんが、

原作ではこの勇太郎が関連したエピソードに

製造部の使い込み事件がありました。

 

冷静で真面目な社員ですが果たして・・・

 

 

この記事には原作小説を基にしたネタバレが

含まれています。

 

また、原作とドラマでは一部設定が異なる

可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

田倉勇太郎役の俳優は誰?

 

平山浩行です。

 

昼の帯ドラマ「やすらぎの刻~道」に

出演中です。

 

また、日テレ「わたし旦那をシェアしてた」

では3人の女性と事実婚をしたまま亡くなり

3億円の遺産を遺したクズな実業家の役を

演じています。

 

 

プロフィール

 

名前:平山浩行(ひらやまひろゆき)

 

生年月日:1977年10月17日(41歳)

 

出身地:岐阜県瑞穂市

 

身長:185cm

 

血液型:A型

 

事務所:ピンナップスアーティスト

 

 

田倉勇太郎とは

スポンサーリンク

 

森若沙名子の先輩です。

 

沙名子の約10年先輩です。

 

ベテラン社員で森若沙名子は目標と

しています。

 

やや神経質で、集中したい仕事の際には

経費の申請などの邪魔をされたくないため

会議室にこもって作業をすることが

あります。

 

また、経理部の部屋で仕事をする際にも

声を掛けられたりメールで連絡をされたり

するのも嫌がり、メモで要件を伝えて

ほしいと言っています。

 

 

勇太郎のプライベート

 

勇太郎は独身です。

 

父は勇太郎が高校生のときに亡くなって

おり、母も体が弱く当時借金があった

ことから高校を辞めて働こうとして

いたこともありました。

 

親友の熊井や教師の説得により結局

大学まで進学しています。

 

大学では奨学金をフルで借りており

さらに10歳年下の妹の香の学費も払い

実家への仕送りもしていました。

 

勇太郎が独身なのは経済的な問題が

あるからなのかもしれません。

 

 

製造部の事件とは

 

製造部に所属する熊井は田倉とは高校の

同級生で親友的な間柄です。

 

その熊井がある取引先との契約で

リベートを受け取っていたにも関わらず

それを会社に黙って自分のものにして

いました。

 

しかも熊井は「田倉は金に困っていた」

と言い出し、勇太郎に責任を押し付けた

のです。

 

実際には熊井の娘が病気になっており

金銭的に困ってやらかしたようです。

 

ちなみに、その病気はリベートの着服より

後に発症したものです。

 

田倉勇太郎は熊井に責任を押し付け

られようとしていることに気付いて

いたものの、「高校時代に助けられた

恩人だから」という理由で罪を被ろうと

していました。

 

最終的には森若沙名子がこの件について

事実を突き止め、上司に報告しています。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

NHK「これは経費で落ちません」で

沙名子の先輩である田倉勇太郎を演じる

俳優は平山浩行です。

 

一匹狼的に他の社員と群れずに仕事を

淡々と進めるタイプで沙名子の目標

でもあります。

 

製造部の熊井が着服した事件が

発覚したときには親友だからという

理由で庇おうとしていました。

 

冷徹なだけの人ではないようです。

 

 

 

-これは経費で落ちません
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.