中学聖日記 モラル・倫理観のない登場人物多すぎ!自由と自分勝手を勘違いしていないか?

   

 

ドラマ版中学聖日記がじわじわと人気に

なっています。

 

ただし「純愛ドラマ」としてというより

ツッコミどころ満載の炎上ドラマ的な

扱いのようですね。

 

出演者や制作陣など関係者は放送前から

「あるまじき純愛」「本当の愛がここに」

などとしていますがドラマが半分ほど進んだ

現時点ではありえない設定のオンパレードで

「誰一人として感情移入できない」という

人が多いようです。

 

その感情移入できない理由のひとつは

やはり登場人物のモラルの低さではないで

しょうか。

 

中学聖日記の登場人物は「自由」と

「自分勝手」を履き違えているような

気すらしますね。

 

スポンサーリンク

 

中学生相手の恋

 

根本的なテーマとして女教師が男子中学生に

恋をすること自体が受け入れにくい内容です。

 

ドラマ内でも一部の「良識ある大人」が

「先生と生徒の恋愛は大人のルール的にNG」

といっています。

 

このテーマを題材にしている時点で感情移入や

リアル感といったものはすべて置き去りに

しなくては見ていられないですよね。

 

 

婚約者との恋

 

これは聖先生と黒岩もそうなのですが、

さらに聖先生の婚約相手である勝太郎に

ついても同様です。

 

勝太郎と原口先輩(吉田羊)も今後発展が

あることが示唆されています。

 

原口先輩は常識にとらわれず自分の

思うままに行動する女性という設定の

ようですが企業に勤める社会人である

以上、社会のルールを逸脱するのは

間違っています。

 

 

黒岩「聖ちゃんに優しくしたい」

 

教師である聖に恋をしている黒岩の

望みは「聖ちゃんに優しくしたい」

とのことです。

 

相手のことを考えた言動のように感じ

ますが、具体的な行動は聖への強引な

キスでした。

 

なぜか聖はキスされたことで舞い上がって

しまい手をつなぎ一緒に部屋に帰るわけ

ですがその帰りのタクシーの中で黒岩は

「優しくできて満足」と内心ご満悦です。

 

自分の欲望を相手に押し付けることが

優しくすることなのでしょうか。

 

ただ、黒岩くんは外見が大人なので

忘れがちですがまだ中学生です。

 

倫理観やモラルが欠如していても

仕方がない部分はありますね。

 

 

他人のスマホを勝手に見る

スポンサーリンク

 

倫理観が欠如しているのは恋愛関係だけ

ではありません。

 

中学聖日記の登場人物たちは他人の

スマホを勝手に見ることを躊躇しません。

 

 

黒岩、クラスメイトのタブレットを勝手に見る

 

勉強合宿の日に委員長・海老原満が

隠し持っていたタブレットを勝手に

見ています。

 

このことにより学校裏サイトに悪口を

書いていた犯人がわかったわけですが

結果はどうあれ他人のタブレットを

だまって内容まで見るのは非常識ですね。

 

ドラマだから仕方がないにしても、電源を

落とし忘れて偶然目に入るといったほうが

まだ自然だったのではないでしょうか。

 

 

岩崎るな、母親のスマホを勝手に見る

 

黒岩のことを好きなクラスメイトの

岩崎るなは黒岩をデートに誘う交換条件と

して聖先生のケータイ番号を入手しました。

 

その入手先は母親のスマホです。

 

母親のスマホはロックがかかっていた

のですが、誕生日の4桁に設定されて

いたために解除できたとのことです。

 

ただでさえ勝手に見ることはモラルに

反するのにロックを解除するというのは

いくら相手のセキュリティ意識が低い

とはいえ非常識です。

 

もしかして誕生日を暗証番号にする

視聴者への啓蒙のつもりなのでしょうか。

 

 

黒岩母、黒岩あきらのスマホを見る

スポンサーリンク

 

スマホロックを勝手に解除できるのは

岩崎るなだけではありません。

 

黒岩あきらが部屋に置き忘れていた

スマホに気付いた黒岩・母はなんの

葛藤も見せず当然のようにロックを解除

してスマホをチェックしています。

 

いくら息子が女教師と怪しい関係になって

いるかもしれないとはいえ、思春期の

男子中学生の個人情報が詰まったスマホを

堂々とチェックするのはいかがなもので

しょうか。

 

黒岩のスマホについては暗証番号が

誕生日なのかどうか明言されていませんが

迷いのない手付きを考えるとこれまでも

何度もチェックしているようです。

 

 

自由と自分勝手を勘違いしていないか

 

自由には責任が伴い、自分勝手は己の

欲望のまま他人に迷惑をかける行為です。

 

自由という言葉は何をしてもいいわけ

ではありません。

 

他者の自由を脅かす勝手な振る舞いを

してはならないという制約を課すのが

一般的な「自由」の定義となって

います。

 

中学聖日記の登場人物は自由というより

自分勝手な行動が多いような気がします。

 

この結果、ドラマ内のモラルが崩壊して

いるように見えるわけですね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

中学聖日記の登場人物のモラルのなさ、

倫理観の欠如は「自由」と「自分勝手」を

履き違えていることで起きる違和感では

ないかと思いますがいかがでしょうか。

 

相手の立場に立って考えている人物が

少ないですよね。

 

このドラマは「純愛」のドラマであり

後半の盛り上がりで前半の伏線がバッチリ

噛み合うのだそうです。(関係者・談)

 

前半の時点では伏線の存在自体にも

気付けないですが本当に後半純愛ドラマ

として盛り上がるのでしょうか。

 

気になって目が離せませんね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 中学聖日記