中学聖日記 吉田羊(原口先輩)肉食ババアすぎる!パワハラセクハラ上司が嫌い!!

   

 

ドラマ版中学聖日記に登場する勝太郎の

上司、原口先輩が不快だと話題になって

います。

 

原作から大きくキャラクターが変わって

いることも原作ファンからのブーイングに

繋がっていますが、原作を知らないファン

からも

 

こんな上司は嫌だ

 

何様のつもりか

など不快だとする声が上がっています。

 


 

上司が部下の私生活にまで口出しする時代錯誤な演出

 

吉田羊が演じる原口先輩は部下である

勝太郎を飲みに誘ったり食事に誘ったりと

就業時間以外でも連れまわしています。

 

さらには勝太郎の婚約者・聖について

あれこれと口出しをしています。

 

飲みニケーションが過去の負の遺産と

言われて久しいですが、ドラマでの原口

先輩はまさにその負の遺産的な行動を

とっています。

 

「相手が立場上断りづらい」という

状況を使って自分の思いのままに行動する

人間は心底軽蔑します。

 

原口先輩(吉田羊)に勝太郎が敬語を

使っているのは原口先輩そのものが

偉いからではなく会社の先輩だからという

ただそれだけです。

 

人間として優れているわけではないのに

万能感に酔って相手の婚約者にまで

ダメ出しをするのは非常識ですよね。

 

 

パワハラ・セクハラ三昧

スポンサーリンク

 

そもそもが今の時代、部下を望んでも

いない飲み会に誘うこと自体がパワハラ

扱いされます。

 

就業時間外に関して上司は部下に命令

する権利はないわけで、原口先輩が

いつも言っている「川合、飲みに行くぞ」

という命令口調はNGです。

 

さらには第3話ではその飲みの場で

勝太郎にキスをしています。

 

にも関わらず悪びれもせず「オマエが

好きなのかどうかわからない」とか

寝ぼけたことを言っています。

 

このわけのわからない物言いに対し

常に冷静にさりげなくかわしている

勝太郎は人間ができすぎていますね。

 

第4話では二人きりで行ったシンガポール

への出張で勝手に部屋に入ってきた

原口先輩に「どうぞご自分の部屋へ」と

エスコートしています。

 

第3話で羊とキスをしたことで視聴者の

反感を買ってしまった勝太郎ですが

第4話では再び完璧超人に戻って

います。

 

 

支離滅裂な言動・思考

 

原口先輩は第4話で

オマエが不幸な結婚に進むなら止める

とかっこよさげなことを言っていますが

そもそもが婚約者のいる勝太郎を

自分のものにしようとしているわけで

我欲のために相手の婚約者の粗探しを

しているだけに見えます。

 

そもそも相手の不幸な結婚を諭すことと

自分が不倫をすることはまったく別の

問題です。

 

極まれにこのように複数の全く異なる

事象を同列の地続きの問題として扱う

人がいますよね。

 

それとこれとは話が別です。

 

 

不倫・浮気は許されない行為

スポンサーリンク

 

今の日本の常識において、不倫や浮気は

絶対に許されません。

 

自分の部下相手に強引に浮気をしようと

している原口先輩は社会人として失格

です。

 

まだ今は勝太郎が温和な態度でやんわりと

かわしているだけですがもし断固とした

態度で断った場合どうなるのでしょうか。

 

もしそれで職場での態度が変わるのだと

したら最悪な上司ですよね。

 

 

男女が変われば問題にならない?

 

もし男性上司が女性若手社員を飲み会に

連れまわしていたら。

 

その飲み会の席で婚約者がいる女性社員に

突然キスをしたら。

 

大問題ですよね。

 

中学聖日記はメインの女教師と中学生男子の

件もそうですが男女を入れ替えれば問題ないと

思っているフシがありますよね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

中学聖日記で吉田羊が演じている原口先輩が

ほとんどの視聴者から不快な目で見られて

います。

 

公私混同で部下の婚約者にまでダメ出しを

するめんどくさい女上司。

 

吉田羊自身があまりにも役にはまりすぎて

「原口先輩」ではなく「吉田羊」を嫌い

だという人まで出てくる始末です。

 

役者としてはそこまで心を揺さぶる演技力が

あるということなのですが今後もその

イメージが残ってしまうとしたらちょっと

かわいそうですよね。

 

ほとんどの視聴者はドラマでの吉田羊は

あくまで「原口先輩」の演技であることを

わかっているとは思いますが時々

「役」と「演者本人」を混同する人が

いるので少し心配ですね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 中学聖日記 ,