ドラマ 頭に来てもアホとは戦うな 脚本がひどすぎる 楽しみにしてたのに・・・

   

 

日テレドラマ「頭に来てもアホとは戦うな」が

放送されていますが本当に残念な出来に

なってしまっていますよね。

 

見どころは主人公がかわいいことと

主人公の声がいいことくらいです。

 

深夜ドラマですし、主演キャストの

ファンのためのドラマなので内容は

どうでもいいのかもしれませんが

私は原作書籍を読んだ上で実際に

使える「攻略法」を知りたかった

です。

 

スポンサーリンク

 

 

完全なコメディドラマ

 

原作書籍は自己啓発本です。

 

生き辛い世の中を生きていくために

足を引っ張るアホをどうやって攻略

していくかが書かれています。

 

ただし、ドラマのように「〇〇な

アホには××せよ」と状況別には

書かれていません。

 

だからこそシチュエーションに応じた

攻略法を描くドラマが私は楽しみでした。

 

しかしフタを開けてみれば非現実的な

アホに非現実的な攻略法、さらには

非現実的なご都合主義の結果となって

おり参考になるものが一つもありません。

 

コメディとしては成立しているので

しょうが、私は求めていたものが得られず

悲しいです。

 

 

設定がぐだぐだ

スポンサーリンク

 

コメディならなんでもありなのでしょうか。

 

設定もストーリーもめちゃくちゃです。

 

 

超優秀な主人公(笑)

 

超優秀な主人公がアホに足を引っ張られ

ながらものし上がっていくという設定

でしたが、「超優秀」というのは学歴だけで

社会経験ゼロの若者が半年で社長になる

という意識高い系アホの話でした。

 

 

なぜか社長になる夢をきれいさっぱり忘れた

 

おじが会社から追い出され、半年の命

だったために一刻も早く自分が社長になると

息まいていましたが、おじがたいした

病気ではないとわかった途端に社長になる

意欲がなくなります。

 

おじが社長の座から追い落された事実は

変わらないのになぜどうでもよくなった

のでしょうか。

 

 

1年に1度しかチャンスのないクラウドファンディング

 

最近話題になった要素を入れたかったのかも

しれませんが、クラウドファンディングは

1年に1回しか応募できないという制約は

ありません。

 

いや、そういうサイトもあるのかも

しれませんが日本最大手のキャンプファイヤー

というサイトはいつでも応募が可能です。

 

脚本家は調べていないのでしょうか。

 

それともストーリーにあわせるため

年1回の制約を作ったのでしょうか。

 

コメディだからこそ舞台設定は矛盾を

極力なくすべきだと思うのですが。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「頭に来てもアホとは戦うな」が

本当にがっかりです。

 

原作書籍はまじめな自己啓発本だったのに

なんでこんな矛盾とご都合主義だらけの

コメディになったのでしょうか。

 

私は怒っていませんし腹も立ちません。

 

ただただ悲しいです。

 

このドラマを観て原作に興味を持ったと

してもドラマと違いすぎて読み進められる

人は少ないでしょう。

 

宣伝にすらならないような気がします。

 

「原作厨」は迷惑な存在であることは

わかっていますが、さすがにこのドラマは

原作と違いすぎます。

 

残念です。

 

 

 

 - 頭に来てもアホとは戦うな