凪のお暇

凪のお暇 大島凪の幼少期を演じた子役は誰?凪の母親は自分勝手すぎる!?

投稿日:

 

TBS「凪のお暇」の主人公・大島凪の

幼少期を演じた子役は誰でしょうか。

 

今の凪同様、すさまじい天然パーマ

でしたね。

 

まだ小さいのに母親に「命令されて」

ぬか床を混ぜているのは可哀想でしたね。

 

 

 

凪の幼少期を演じた子役は誰?

 

吉田帆乃華です。

 

「凪のお暇」と同時期に放送されている

人気ドラマ「ルパンの娘」にも出演して

います。

 

さらに土曜日の「ボイス 110緊急指令室」

にも出演していたようですよ。

 

なお、公式サイトの吉田帆乃華の

髪型は綺麗なストレートです。

 

ドラマのパーマはカツラなのでしょうか。

 

パーマを当てたのだとしたらせっかくの

綺麗な髪が痛んでいないか心配ですね。

 

 

プロフィール

 

名前:吉田帆乃華(よしだほのか)

 

生年月日:2014年6月26日(5歳)

 

事務所:クラージュキッズ

 

 

凪の幼少期

 

凪が空気を読むようになったのは

幼少期の母親が原因です。

 

母は凪に対して「普通であること」を

強く要求しており、一般的なレールから

外れることを許しませんでした。

 

そのため凪は周囲の(特に母親の)

様子をうかがって空気を読んで生きる

ようになったのです。

 

 

ぬか床

 

母がまだ小さい凪にぬか床をかき回させ、

ネチネチと小言を言っていましたね。

 

ドラマ版では凪はおとなしくぬか床を

かき混ぜていますが、原作漫画では

臭いが嫌いだったり気持ち悪いと感じて

いたなど辛い思いをしていたことが

語られています。

 

なお、母親は自分でぬか床を触った

ことがありません。

 

自分では一度も触ったことがないのに

「先祖代々のぬか床」「ちゃんとしないと

凪の代で潰えることになる」などと

言っていたことになります。

 

 

虐待されていた!?

 

ドラマではそこまでやるかわかりませんが

原作漫画では凪がトウモロコシを食べ

なかった際に突如ゴミ箱に放り込み

「凪のせいで一生懸命育てたトウモロコシが

台無しになった」などネチネチといびって

います。

 

幼い子どもに対する教育とは思えません。

 

今の時代、現実にそんなことがあったら

児童相談所に通報すべきレベルの案件

ですね。

 

 

最後に

 

TBS「凪のお暇」の主人公・大島凪の

幼少期を演じた子役は吉田帆乃華です。

 

天パがインパクトのある子どもでしたね。

 

第7話ではあまり深く描かれていませんが

幼少期の凪は母親から虐待を疑うレベルの

育てられ方をしており、それが原因で

異常なまでに空気を読む性格になって

います。

 

凪の母親は近いうちに凪のところへ

やってくると言っていますがまだ凪は

母親に無職であることを伝えていません。

 

第7話ではコインランドリーの経営に

乗り出してしまいましたが大丈夫なので

しょうか。

 

 

 

-凪のお暇
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.