NHKミストレス EDがポップすぎてあわない 曲のタイトルがひどい 歌っているのは誰?

   

 

NHK版のミストレスが放送されていますが

原作がイギリス作品だからなのか、日本人

にはピンと来ない行動をとる登場人物が

多いですよね。

 

全体的に雰囲気も暗いので最後に突如

ED曲が流れてくるとびっくりします。

 

曲のタイトルや歌手を調べましたので

ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

ED曲のタイトルと歌手は?

 

タイトルは「ばけもの」です。

 

歌っているのはNakamuraEmiです。

 

CDは5月29日にリリース予定です。

 

 

歌手プロフィール

 

名前:NakamuraEmi(なかむらえみ)

 

本名:中村絵美

 

生年月日:1982年3月15日(37歳)

 

出身地:神奈川県厚木市

 

事務所:オフィスオーガスタ

 

 

ドラマ「ミストレス」書下ろし コメント

スポンサーリンク

 

NakamuraEmiの公式サイトでは

「ばけもの」についてコメントが

掲載されていました。

 

笑っていたと思ったら1秒後には泣いて

いたり、その10秒後にはもう戦っていたり。

 

女性の感情や感覚というものは血液みたいに

どんどん流れ、その体から見える毎日は、

どんぐり位の些細な出来事もスイカ位

大きく見えてしまいます。

 

髪を振り乱してはスイカを割り、すぐ

髪を整えてまた前を向きます。

 

この繰り返しが毎日。毎日。毎日。毎日。

 

だからです。

 

だから1秒後には綺麗な笑顔で笑って強く

美しくどんどん変身していく。

 

ドラマに登場する個性豊かな4名の女性と

頑張る女性へリスペクトを込めて出来た

曲です。

 

引用:NakamuraEmi公式サイト

 

 

書下ろしなのにドラマにあわない!?

 

やや暗いストーリー展開の最後にかかる

「ばけもの」がドラマにあわないという声が

多いです。

 

書下ろしで登場人物へのリスペクトを

込めた曲なのに残念な言われようですね。

 

 

歌詞はストーリー展開にあっているの?

 

5月29日リリースなのでドラマ放送中盤までは

フルバージョンが聴けません。

 

EDで流れている部分はドラマに沿った内容

なのでしょうか。

 

歌詞を書くといろいろなところから怒られて

しまうので直接は書けませんが、全員自分から

危険にダイブしており、登場人物の4人の中に

野良犬に噛まれただけだといいきかせるような

被害を受けた人はいないような気がします。

 

メインの4人は全員自分の欲望に正直に

生きており泣かされているのはむしろ関わった

男性たちです。

 

 

女性が辛抱強いという主張は一般的には

正しいとは思いますが登場人物は全員

我慢せずに突っ走っています。

 

 

タイトルの「ばけもの」は登場人物の

4人を指しているようです。

 

そこは完全に同意します。

 

行動がまったく読めず理解できないという

点がばけものですよね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

NHK版ミストレスのEDで流れている

主題歌は「ばけもの」というタイトルで

NakamuraEmiが歌っています。

 

5月29日にリリース予定でまだフルバージョンは

聴けませんがドラマで流れている部分は

本編とあっていないような気がしますね。

 

フルバージョンを聴いたりドラマを最終回まで

見れば意味がわかるのでしょうか。

 

曲調もストーリーの暗さにあわないという

声も多いです。

 

曲単独で聴けばいい曲ですがこのドラマの

主題歌としては流れるタイミングがちょっと

もったいない気がしますね。

 

 

 

 - CM