ルパンの娘 三雲巌殺害の犯人は誰?浮浪者?終盤に明かされる真実をネタバレ!

   

 

当記事は小説「ルパンの娘」について

記載されたものです。

 

「ルパンの娘」は泥棒一家の娘と警察一家の

息子の恋愛物語です。

 

罪の意識が薄い登場人物が多く、物騒な

文言も登場しますがあくまでフィクション

であり現実のものではありません。

 

また、演じている俳優・女優が罪を犯して

いるわけではなく、ドラマ上の演技です。

 

現実の人物とドラマの登場人物を同一視

しないよう、お気をつけください。

 

 

ストーリー序盤で何者かに殺されてしまう

三雲華のおじいちゃん、三雲巌。

 

犯人は誰なのでしょうか。

 

序盤の捜査ではホームレスによるものと

されています。

 

しかし顔が判別できないほどに潰される

など軽はずみな犯行とは思えない内容で

さらに警察側の動きもおかしいです。

 

ストーリー後半で明かされる事実を

ネタバレしますのでご覧ください。

 

 

なお当記事は原作小説を基に記述して

います。

 

フジテレビドラマ版とは一部設定が

異なる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

伝説のスリ師、三雲巌死す

 

Lの一族と呼ばれる泥棒一家の中でも

特にスリの技術が秀でていた華の祖父の

三雲巌が顔を判別できなくなるほど

潰されて亡くなってしまいます。

 

華の兄、三雲渉の手によって警察の

データベースが書き換えられており、

立嶋雅夫の名前で処理されています。

 

 

序盤の容疑者

 

事件現場の近くの河川敷でホームレスが

亡くなっており、根城にしていた

ダンボール小屋から三雲巌のDNAに

一致する血痕が付着した石が見つかり

ました。

 

これにより亡くなったホームレスが

三雲巌(立嶋雅夫)殺害の容疑者と

なっています。

 

 

事件の真相をネタバレ

スポンサーリンク

 

ここからは物語終盤に明かされる重大な

ネタバレを含みます。

 

ミステリーとして楽しむ場合、この

ネタバレを見てしまうと楽しみが

半減するおそれがあります。

 

ご注意ください。

 

 

真犯人

 

真犯人はなんと刑事です。

 

桜庭和馬の先輩刑事、巻栄一がやりました。

 

 

黒幕、指示したのは誰?

 

巻英輔、つまり巻栄一の祖父です。

 

巻英輔は元警視庁の警察官です。

 

 

動機

 

三雲巌は大学時代にある女性を守る

ことができなかったことを悔いており、

内定が決まっていた会社を蹴って

ずっと犯人を捜し続けていました。

 

その犯人というのが巻英輔なのです。

 

巻英輔はそのことを孫の栄一に

「困っている」と語ったのです。

 

 

実行犯の動機

 

「困っている」という相談だけで

警察官の巻栄一が殺人を犯してしまうのは

理解しがたいですよね。

 

巻一家は桜庭一家同様の警察一家で

巻栄一はノンキャリアの落ちこぼれ

でした。

 

弟が東大卒のキャリア組のため劣等感を

持っていたところに祖父から頼られて

嬉しくなって加担しました。

 

そんな中、立嶋雅夫から弟のことを話題に

出され逆上してうっかりやりすぎて

しまったようです。

 

 

もう1つの真実

スポンサーリンク

 

この事件にはもう1つ大きな秘密が

あります。

 

それは、巻栄一に殺されたのは三雲巌

ではないということです。

 

実はあれは立嶋雅夫本人です。

 

 

顔を潰されていた真相

 

顔を潰したのは巻栄一ではありません。

 

桜庭和一、つまり和馬の祖父です。

 

和一と巌は旧知の間柄で今回の件を

共謀しています。

 

顔を潰すことで判別を困難にさせ、

警察のデータベースの書き換えにも

加担しています。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

「ルパンの娘」で三雲巌を殺害した

真犯人は巻栄一、指示を出したのは

その祖父の巻英輔です。

 

三雲巌が追っていた「女性を襲った犯人」が

巻英輔で、そのことに困っていると孫の

巻栄一に相談したことで栄一が実行

しました。

 

なお、警察のデータベースでは立嶋雅夫と

三雲巌が入れ替わっていますが実際に

巻栄一が襲ったのは立嶋雅夫本人です。

 

つまり三雲巌は生きています。

 

 

 

 - ルパンの娘