中学聖日記 高校生編ロケ地 早くも聖と黒岩がニアミス!二人はどこに住んでいるの?

   

 

中学聖日記では聖と黒岩の交際が周囲に

バレてしまい、二人は引き離された上で

お互い別々の場所に引っ越しています。

 

ですが高校編の第1回にあたる第6話では

早くも聖が黒岩のことを見つけてしまい

ました。

 

二人はどこに住んでいるのでしょうか。

 

まさか引っ越していなかったなんてオチ

ではありませんよね!?

 

ドラマ版は原作漫画と設定が異なって

いる上、第6話時点ではそれぞれの

場所について明確にされていません。

 

ですのでロケ地や原作漫画からの

推測が多く含まれていることをご留意

ください。

 

スポンサーリンク

 

子星中学

 

黒岩たちが通っていた子星中学校は

静岡県熱海市の熱海高校です。

 

ということで黒岩の実家は熱海に

あったということになりますね。

 

なお原作漫画では神奈川の田舎という

設定でした。

 

 

聖はどこへ引っ越した?

 

原作漫画では遠く離れた田舎の小学校に

赴任したことになっていますがドラマでは

友近(千鶴)が勤務している小学校で

働いています。

 

学校の名前は「小宮第一小学校」です。

 

ロケ地は東京のあきるの市になります。

 

 

頻繁に聖の家にいた友近

 

聖は中学教師時代、一人暮らしでした。

 

頻繁に友近がやってきていたわけですが

あきる野市と熱海市は神奈川県や山梨県を

挟んでおり頻繁に行ったり来たりできる

場所ではありません。

 

中学編では聖と勝太郎も距離を感じさせない

やりとりをしていたので中学聖日記は

我々の知る日本列島とは違う場所なのかも

しれません。

 

 

黒岩はどこへ引っ越した?

スポンサーリンク

 

実家のアジア雑貨店を手伝っている

ジョフィこと上布の家に居候しています。

(ロケ地は現在のところ不明です)

 

原作では隣町の親戚の家でした。

 

ジョフィは実家で暮らしながら黒岩家の

すぐ近くの職場で働いていることから

黒岩は高校でも実家からそれほど遠い

場所に引っ越していないことがわかります。

 

 

雑貨市のあった町倉市

 

町倉市という地名は東京都・神奈川県・

静岡県には存在しません。

 

ロケ地は神奈川県平塚市とされています。

 

雑貨市で聖が黒岩を見つけるのは原作には

ないドラマオリジナルです。

 

 

小宮第一小学校は子星中学校の近く?

スポンサーリンク

 

ドラマ版では聖の働く小学校が原作漫画と

異なっており遠く離れた場所に引っ越したのか

どうかが不明です。

 

これから明らかになっていくのかも

しれませんね。

 

友近は長年「小宮第一小学校」で教師を

続けているようです。

 

ここからは推測ですが小学校に勤務

しながら子星中学校の近所にある

聖の家に頻繁に遊びに来れていたと

いうことはこの2つの学校の距離は

あまり離れていないと考えられます。

 

 

聖、相変わらず隙がありすぎる

 

高校編で偶然黒岩を目撃してしまい

それ以降頭の中でそのときの黒岩の姿を

何度も思い返しているようです。

 

3年経っても忘れられていないわけですね。

 

ただしよりを戻したいわけではなく

会ってしまったら今の平穏な日常が壊れされる

と不安を感じているようです。

 

自分の気持ちを制することをハナから

諦めているようですね。

 

そんなにどうしようもないならせめて

会うことがないようにもっと離れた場所へ

引っ越すべきではないでしょうか。

 

偶然道でばったり会う危険があるような

場所で再起するのは完全に黒岩を忘れる

ことができてからにするべきです。

 

そういったことまで頭が回らないところが

「隙だらけ」と言われる理由ですよね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

中学聖日記・高校編の黒岩と聖の住んでいる

場所について、設定上の場所が明確でなかった

のでロケ地を調べてみました。

 

ロケ地の場所がそのまま劇中の場所ではない

ためあまり意味がなかったです(笑)

 

原作漫画では電車を乗り継いでいかなくては

ならないほど遠くに引っ越した聖先生ですが

ドラマでは友近の働く小学校ということで

簡単に行き来できる近場ということになり

そうです。

 

聖は黒岩のことを今でも忘れられていない

ようですし、偶然再会して何かが起きるのを

期待しているのではないかと邪推してしまい

ますね。

 

 

 

 - 中学聖日記 ,