チアダン

チアダン(ドラマ)たえこは北信越大会に不要。全米制覇に無関係だった!?

投稿日:

 

ドラマ版チアダン第7話では中華屋の娘・

たえこ(榎木妙子)が父親のギックリ腰で

練習不足となり北信越チャレンジカップを

辞退する一幕がありましたね。

 

全米制覇のためにはたえこを切るのも

仕方ないというROCKETSメンバーでしたが

結局日替わりで中華屋を手伝うことで

練習時間を確保することで大会に参加

できました。

 

ですが今回のようなケースは現実の強豪校

であれば切るのが当然だったでしょう。

 

非現実的なご都合主義に不満の声が聞こえて

きます。

 

というか、そもそも全米制覇と今回の

たえこの騒動はまったくの無関係です。

 

スポンサーリンク

 

本気で全米制覇目指す気あるの?

 

現実の強豪校なら間違いなくたえこを

切っていましたよね。

 

こちらはわかばがメンバーを説得した

セリフです。

 

サボってるわけでない

ずっと頑張ってきた

(中略)

今日は平気でも明日は何かあるかもしれん

そのたびにチア以外捨てられんかった人が

脱落していくんか?

(中略)

仲間がいなくなって

大切な何かを手放して

それで何が残る?

 

あたしはみんなと踊りたい

ROCKETSは20人でROCKETSや

 

結果を残せなければ努力していても

下手なメンバーはメンバー入りできない

というのはそれほどおかしな考えでは

ないですよね。

 

怪我や家庭の都合で脱落していくのは

仕方がないのではないでしょうか。

 

 

仲良しチームにしたいのかガチチームにしたいのか

スポンサーリンク

 

結局、わかばが言っているのは仲良し

チームの考え方です。

 

もちろん絆を大切にし、落ちこぼれを

手助けしながら優勝できれば美談には

なるでしょう。

 

しかしほとんどのメンバーがチアダンス

未経験だったROCKETがあっちもこっちも

抱えて優勝できるほど全米は優しくないのでは

ないでしょうか。

 

ドラマというフィクションなので偶然や

奇跡があってもいいとは思いますが、

あまりにも非現実的なご都合主義を続け

られると見ている側も集中できませんね。

 

 

映画版チアダンでは主役が切られたことも

 

映画版チアダンでは主演の広瀬すずが

怪我で練習に参加できなくなり、復帰時に

周囲と技術差が広がった際には合同練習から

外されていました。

 

まだドラマ版より映画版のほうがリアリティが

ありましたね。

 

 

「全米制覇のためにたえこを切る」はそもそも前提からおかしい

スポンサーリンク

 

今回たえこが出る出ないでひと悶着あった

大会である北信越チャレンジカップは

特に全米大会とは関係ありません

 

現に全米連覇中のJETSはこの大会に参加

していませんでしたよね。

 

 

であれば、「全米制覇のためにたえこを切る」

ということ自体が成立しなくなります。

 

今回の話ではたえこは父親がギックリ腰の

ため実家の手伝いが必要ということで

放課後の練習ができなくなり、北信越に

間に合わないため大会を休むと言って

います。

 

ですので、北信越チャレンジカップは

休んだとしても父親が治り次第練習も

再開できますし、当然全米大会にも

出れたはずです。

 

たえこは北信越チャレンジカップを休むと

言っただけで、チアダンス部をやめるとは

言っていません。

 

普通に「早くお父さんよくなるといいね」で

済んだ話だったはずです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ドラマ版チアダン第7話ではたえこを

切って全米制覇を目指すかというテーマ

でしたが、よくよく考えると別にたえこは

辞めるとは言っておらず、今回の大会を

休もうとしただけです。

 

北信越チャレンジカップは全米大会とは

無関係な大会でした。

 

別に今回はたえこを無理に大会に参加

させる必要はありませんでしたよね。

 

 

 

-チアダン
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.