僕とシッポと神楽坂 堀川くん(小瀧望)なぜコオ先生の下に?原作ではBL展開も!?

   

 

ドラマ版僕とシッポと神楽坂では

ジャニーズの二人が登場します。

 

主人公・コオ先生役の相葉雅紀と獣医大生の

堀川広樹役の小瀧望です。

 

堀川くんはいつの間には坂の上動物病院に

入りびたりコオ先生の下で働き始め

ましたね。

 

なぜこのようなことになったのか

ドラマ版では端折られてしまいました。

 

実は原作の漫画版ではコオ先生に憧れる

経緯がしっかりと描かれています。

 

憧れすぎて第1シーズン序盤では

ややBL展開なことになってしまって

います(笑)

 

スポンサーリンク

 

堀川くん(小瀧望)の憧れる動物病院とは

 

堀川くんはああ見えて実はとても優秀な

獣医大生です。

 

友達との合コンを蹴ってまで最先端の

獣医療技術の発表会に顔を出しており

当初は最新鋭の機材が揃っている近代的な

ナルタウン動物病院に憧れを持っていました。

 

 

本来の研修先は

 

獣医大の研修生としてナルタウン動物病院で

働いていたはずです。

 

ただ、原作漫画では堀川くんは気合を入れて

研修に望むも、ナルタウン動物病院では

「研修生は壁の花になれ」と言われ

何もせず壁際で黙っていろと指示されて

います。

 

現場で獣医療技術を学びたいと考えて

いた堀川くんには物足りない研修だった

のです。

 

 

なぜコオ先生を信頼した?

スポンサーリンク

 

このあたり、ドラマ版では流されていますね。

 

坂の上動物病院は機材が古く獣医師も

どこか頼りない雰囲気なコオ先生一人

という「町のお医者さん」だったため

当初はやや馬鹿にしていたはずでした。

 

そんな中とある理由で坂の上動物病院に

事故で怪我をした猫を連れて行った際、

人手が足りないことを理由に手術を

手伝わされています。

 

そのとき、コオ先生の医療技術を目の当たりに

したうえ、コオ先生も堀川くんが獣医大生

であることを知っていたためかなり深い

部分まで手伝わせています。

 

コオ先生は技術の高さだけでなく動物への

愛情がとても強く、堀川くんの目指す

獣医師像にマッチしていました。

 

そのうえコオ先生は研修生として手術に

携わらせてくれて、しかも自分で考えて

行動する余地まで与えています。

 

これはまさに堀川くんが臨んでいた

研修でした。

 

そのようなことからコオ先生を信頼し

坂の上動物病院に頻繁に顔を出すことに

なったのです。

 

 

研修先を変えたってこと?

 

実は研修先はナルタウン動物病院のまま

となっています。

 

ナルタウン動物病院の研修は大学の単位に

つながっているためそちらを優先せざるを

得ない状況ですが、その研修がない日は

ほとんど坂の上動物病院にやってきて

います。

 

 

原作ネタバレ 堀川くんの進路

スポンサーリンク

 

ここからは原作の重大なネタバレが

含まれています。

 

お気をつけください。

 

 

 

 

 

堀川くんは獣医大生です。

 

原作では時が流れ、卒業を迎えています。

 

そして卒業後に働くことに決めたのは

コオ先生の坂の上動物病院でした。

 

実はこのころ、とある事情で動物看護師の

トキワが欠けることになってしまって

います。

 

しかもコオ先生はこのころにはトキワへの

恋心を自覚しており公私ともに打ちのめ

されています。

 

 

BL展開!?

 

トキワを失ったコオ先生は「大切なものは

ちゃんと大切だといわないといけない」と

考えるようになり、堀川くんに残って

欲しいと気持ちをぶつけます。

 

僕とシッポと神楽坂 コオ先生とホリくんが原作でBL展開に!?「キミにいて欲しい」

 

もちろんこれは獣医師として坂の上動物病院に

就職してほしいという意味なのですが、

原作漫画では堀川くんはやや顔を赤らめ

きゅんっとしています。

 

これを実写ドラマでジャニーズの二人が

やるのでしょうか。

 

このシーンは第1シーズン最終話近い

時期なのでドラマがここまで進むか

わかりませんが、ぜひ見たいですね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ドラマ版僕坂に登場する獣医大生の堀川

くんはコオ先生の医療技術・動物愛に

憧れて坂の上動物病院に出入りするように

なりました。

 

坂の上動物病院にとってなくてはならない

存在へと成長していき、終盤ではBLを

彷彿とさせるやりとりまであります。

 

楽しみですね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 僕とシッポと神楽坂