CM

ベルキューブ 2021CMソング 曲のタイトルは?小ばかにしたどや顔の牛が話題に

投稿日:

 

ベルキューブというチーズ製品のメーカーをご存知でしょうか。

 

フランスのチーズメーカーです。

 

日本ではベル・ジャポン(ジャポンはおそらくフランス語から)という会社が販売しています。

 

2020年には玉城ティナがCMに出演していたことで話題になりました。

 

2021年になり新しいCMが放送されています。

 

CMソングについて調べましたのでご覧ください。

 

※2021年版のCMの出演者についてはわかりませんでした

 

 

 

笑顔あふれる〇〇篇

 

今回放送されているのは「笑顔あふれるおうち篇」「笑顔あふれる公園篇」「笑顔あふれるテラス篇」の3種類です。

 

それぞれ、ちょっと憂鬱な出来事に遭遇しつつもベルキューブを食べて笑顔になるという内容です。

 

美味しいものを食べると気分が回復しますよね。

 

ベルキューブはちょっとお値段が日常的に食べるには気になるところですが、疲れた時のご褒美としてはちょうどいい価格です。

 

引用:YouTube ベル ジャポン/Bel Japon

 

 

CMソング「ララララーラー」曲のタイトルは?

 

The Blendells(ブレンデルズ)の歌う「La La La La La」です。

 

なお、この曲そのものはスティービーワンダーの「La La La La La」のラテンカバーとなっています。

 

ララララーラーの最後のラが「ルァー」となっているのでブレンデルズの方だと判断しましたが、アレンジが加わっているようなのでもしかしたらさらに別の歌手によるカバーかもしれませんね。

 

 

ちょっと小ばかにした「どや顔の牛」のパッケージ

 

CM終盤で突如ドアップになる、赤い牛のパッケージ。

 

目の下が膨らんでおり、「嘲笑」系の笑い方に見えますね。

 

ドヤ顔をしているようにも見えてきます。

 

ネットでは不評な声が多いようです。

 

この牛のパッケージはバシュキリーと呼ばれており、「笑う牛」という愛称でも親しまれています。

 

このチーズを生産しているベルブランドはフランスの会社ですが、ヨーロッパでは広く流通しています。

 

私が初めてこのパッケージを目撃したのはウクライナでした。

 

友人と「なんか牛がいやらしい笑みを浮かべている」と話題にしたことを覚えています。

 

ただ、「目の下を膨らませると嘲笑に見える」というのは実は海外ではメジャーではありません。

 

イラストにおいても日本と海外ではかなりの文化の差があり、バシュキリーが嘲笑・どや顔に見えるのは日本人(と日本の漫画・アニメ文化に精通している外国人)くらいだそうです。

 

現地では普通に「うれしそうに笑う牛」と見えているらしいですよ。

 

 

最後に

 

ベルキューブの2021年のCMで使われている曲は「La La La La La」です。

 

原曲を歌っているのはスティービーワンダーです。

 

CMソングはどちらかと言えば、ラテン風のアレンジでカバーしたThe Blendellsのものに似ている気がします。

 

ベルキューブは笑う牛のイラストに驚く人が多いようです。

 

確かに日本人の感覚では目の下が膨らんで口角が極端に吊り上がっているのはドヤ顔や嘲笑の顔に見えなくはありませんね。

 

CM出演者がこの笑顔のマネをしなくてよかったですね。

 

 

 

-CM

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.