CM

U-NEXT 無観客ライブの配信インフラを無償提供!手数料なしで全て権利者へ還元へ!

投稿日:

 

当初の国やWHOなどの発表と異なり、中国や日本だけでなく世界中で拡大している新型コロナウイルス。

 

それにともない、日本国内ではイベント自粛ムードとなっています。

 

楽しみにしていたイベントが中止・延期になって怨嗟の声をあげるファンも多いですよね。

 

 

イベント主催側や会場提供側にとってイベントが中止になるということは「残念」の一言では片付けられません。

 

会場料を受け取れなければ会場提供側は従業員の給料が払えませんし、イベント主催側は払い戻しに応じればその期間の収入がなくなりスタッフや演者たちの給料が払えません。

 

そんな中、有料動画サービスのU-NEXTが素晴らしい取り組みを進めています。

 

 

 

無観客ライブ配信のインフラを無償提供

 

U-NEXTはイベント主催側に対してのサービスとして、無観客状態でのライブ映像をネット配信するための費用が無料になると発表しています。

 

本来であればU-NEXT上で映像配信をする場合、一定の手数料がU-NEXT側に行くことになります。

 

ですが今回は一切手数料を受け取らないとされています。

 

 

視聴者にとっては完全無料とは限らない

 

注意しなくてはいけないのは、ライブ配信側は無料でU-NEXT上に動画を提供できますが視聴者はお金を払う必要があるということです。

 

当然といえば当然です。

 

ライブ配信側は無観客となってしまったためチケット代が得られておらず、それをU-NEXT上で公開する映像でペイしようとしているわけです。

 

ちなみにU-NEXTは見放題のほかに購入して視聴するという方法もあります。

 

この「購入する動画」として無観客ライブを公開することになるようです。

 

視聴者が購入した際の(U-NEXTに決定権のない決済手数料や音楽著作権使用料を除く)すべてのお金が興行主側に入るという仕組みです。

 

イベントのファンの中にはグッズなどを買って支えようという動きがありますよね。

 

U-NEXTでの配信はグッズを買ったりDVD・Blu-rayを買ったりするよりもずっとイベント主への還元率が高くなります。

 

 

U-NEXTの月額費用は不要

 

U-NEXTは月額1990円(税抜き)です。

 

一度加入して会員化する必要はあるようですが、月額サービス解約後でも動画購入・視聴は可能にするとのことです。

 

新規加入時は無料期間が存在しますので期間内に解約すれば視聴者側は一切料金がかかりません。

 

U-NEXTをチェック

 

 

最後に

 

U-NEXTが無観客ライブの動画配信手数料を無料にする取り組みをスタートしました。

 

ライブが中止になったとしても、会場の費用は支払う必要があるでしょうし、チケット売り上げがなければスタッフや演者たちの収入は途絶えてしまいます。

 

「不要不急な活動」は控えて欲しいというお達しが出てはいますが、興行主や会場提供者にとってイベントは不要不急なものではありません。

 

U-NEXTは月額見放題サイトですが、有料動画のシステムも存在します。

 

無観客ライブは有料動画として提供され、その売り上げが全てイベント主催者側に入ります。

 

このシステムが主流になればコロナウイルスが終息した後もイベント会場に行けなかった人も楽しむことができるようになります。

 

そのきっかけになればいいですね。

 

 

 

-CM

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.