平成が終わる?!宮内庁は全面否定?天皇陛下の生前退位の意向について、情報錯綜中!!

   

 

天皇陛下が、皇太子様に天皇の位を譲る意向を示しているそうです。

 

数年以内の退位を望まれており、近く陛下自らが表明する予定だそうです。

 

NHKや毎日新聞が報道しています。

 

なお、朝日新聞はこの生前退位の意向を全面否定の報道をしています。

 

スポンサーリンク

 

生前退位は可能か

 

そもそも、皇室制度を定めた「皇室典範」には、天皇の退位に関する規定が存在しないそうです。

 

そのため、生前退位が可能かどうか、議論が必要との声もあります。

 

なお、過去には生前退位を行った天皇もおられるようです。

 

 

史上初は、第35代皇極(こうぎょく)天皇

 

645年。

 

大化の改新の直後、この譲位により、軽皇子(かるのみこ)が即位し、第36代孝徳天皇となりました。

 

 

旧 皇室典範

 

1889年に制定された 皇室典範では、

 

天皇崩スルトキハ皇嗣即チ践祚(せんそ)シ祖宗ノ神器ヲ承ク

 

とされており、天皇の死去によって皇位の継承が行われるとされています。

 

天皇が退位しても、太上(だいじょう)天皇(上皇)となり、権力を持つことが多く、政治構造の二極化を防ごうとしたと言われています。

 

 

現皇室典範

 

天皇が崩じたときは、皇嗣(こうし)(皇位継承の第1順位者)が、直ちに即位する

 

となっています。

 

つまり、現在の皇室典範でも、天皇の意思ではなく、死去による譲位としているようです。

 

このことについて、昭和天皇の晩年にも国会で生前退位が議論になったことがあります。

 

しかし、当時の宮内庁次長は

 

(皇室典範の)制定の趣旨として、歴史上見られたような上皇とか法皇とかが弊害を生ずる恐れがあるのではないか

 

として生前退位を否定する意見を述べています。

 

 

朝日新聞による生前退位報道の否定記事

スポンサーリンク

 

宮内庁の山本信一郎次長は13日夜、宮内庁内で報道陣の取材に応じ、「報道されたような事実は一切ない」と述べ、NHKが伝えた生前退位について全面的に否定した。
宮内庁として検討しているかに関しては、「その大前提となる(天皇陛下の)お気持ちがないわけだから、検討していません」と語った。

 

とのことです。

 

現在、この山本信一郎次長の取材について報道しているのは朝日新聞のみです。

 

実際はどうなのでしょうか。

 

 

生前退位を改憲等の政治の道具に使うな

 

一部の報道では、「改憲よりも皇室典範の議論が優先される」としていることから、政治の道具に利用しようとする向きもあるようです。

 

ご高齢で公務への負担が大きいのが今回の生前退位のご意向の理由かはまだはっきりと断言されていません。

 

しかし、どのようなご意向であれ、政治に利用されることは望んでおられないはずです。

 

国民の象徴である天皇陛下を政治の道具として使うなど、不敬この上ない行為ですね。

 

 

まとめ

 

東京オリンピックは平成の年号で迎えるのでしょうか。

 

「退位」が、天皇陛下のお体の緊急事態ではないことにほっとしていますが、生前退位を表明するほど体調が優れないのでしょうか。

 

心配ですね。

 

 

スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 政治, 経済