僕とシッポと神楽坂 看板犬ダイキチの悲しい過去 空き地でご主人様の帰りを待つ・・・

   

 

ドラマ版僕とシッポと神楽坂では

ふかふかで真っ白なマルチーズのような

ダイキチくんが坂の上動物病院の看板犬

として君臨しています。

 

そのダイキチくん、看板犬になる経緯が

悲しいことになっています。

 

まとめましたのでご覧ください。

 

※漫画版に準拠しています。

 

ドラマ版では設定が違う可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

坂の上動物病院の看板犬・ダイキチくん

 

 

View this post on Instagram

 

僕とシッポと神楽坂【公式】さん(@shippo_daikichi)がシェアした投稿 -

 

白くてふわっふわなわんちゃん、ダイキチくん。

 

犬種はマルチーズではなくビションフリーゼ

です。

 

ビション=マルチーズ、フリーゼ=巻き毛

という意味です。

 

大型のウォータードッグと小型のマルチーズを

掛け合わせて作られた愛玩犬です。

 

人工的に掛け合わされたにしては特殊な

遺伝的疾患がないのが特徴で健康的な

個体が多いのが特徴です。

 

 

寿命・体重・子犬の値段

 

国内ではブリーダーが少なく、個体数が

少ないために値段の幅が広いです。

 

15万程度から30万以上というところも

あります。

 

悪質なブリーダーになると育成状況が

悪いうえに高額になることもあり、

値段が高ければ質がいいとも言えない

状況です。

 

寿命は12歳から16歳程度とされています。

 

体重は3kgから5kg程度。

 

海外では10kg近い大きな個体もいます。

 

体長は24cmから30cm程度です。

 

 

ダイキチくん 看板犬になる経緯が悲しすぎる

スポンサーリンク

 

ダイキチくんはオーナーからリフォームで

家に住めない間、坂の上動物病院に預け

られていました。

 

しかしなぜかオーナーは預けている間

散歩はおろか様子を見に来ることも

ありませんでした。

 

ある日、オーナーに電話をしてみると

この電話はただいま使われておりません

と無慈悲な音声が。

 

ダイキチを連れてオーナーの家へ向かうと

そこの家なら引っ越しましたよ―――

隣の家に住む人からの残酷な一言が。

 

ダイキチは坂の上動物病院に置き去りに

されてしまったのでした。

 

それ以来、散歩に出ると必ず以前の

ご主人様の家へ向かうダイキチくん。

 

そこがたとえ更地になったとしても

いつかご主人様と会える日を夢見て

思い出の場所に行くのでした・・・

 

 

ダイチ、ダイキチを坂の上動物病院に置いてもらうように頼み込む

 

このことを知ったダイチはコオ先生に

ダイキチを坂の上動物病院で飼って

もらえるように頼み込みます。

 

こうしてダイキチは坂の上動物病院の

看板犬になったのです。

 

 

飼い主は動物を飼う責任を

スポンサーリンク

 

動物は人間より寿命が短いとはいえ、

健康に過ごせば10年以上ともに過ごす

ことになります。

 

最後の別れがこんなことにならないよう

飼い主はきちんと将来も見据えた上で

動物たちを迎えて欲しいですね。

 

とはいえ、10年先に状況が変わってしまう

ことがあるのも事実。

 

そうであったとしても、捨てたり動物病院に

置き去りにしたりせず、きちんと次の

飼い主を探しましょう。

 

大人になった動物は子供の頃より

格段に新しい飼い主を見つけにくく

とても面倒ですが、その手間をかけ

られないのであれば端からペットを

迎える資格はありません。

 

ペットを飼うなら最後を看取るまで

幸せな生活をさせてあげてください。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

僕坂こと僕とシッポと神楽坂に登場する

坂の上動物病院の看板犬・ダイキチくん。

 

ふわふわで真っ白なかわいい外見ですが、

以前のご主人様に置き去りにされるという

悲しい過去の持ち主です。

 

坂の上動物病院のコオ先生のもとで

これからは幸せに生きてほしいですね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 僕とシッポと神楽坂 ,