お笑い

THE W W-1グランプリ 女芸人No.1決定戦2018 ネットで見逃し配信を2週間無料視聴方法

投稿日:

 

女芸人No.1決定戦「THE W(W-1グランプリ)」が2019年も開催されます。

 

このご時世に「女性限定」という制限を用いたことが賛否両論ありましたが、なんだかんだで3回目の放送となりました。

 

私は1回目から見ていますが、初年度はヒドい内容でした。

 

私はバラエティよりきっちりした漫才やコントが好きなので放送前は楽しみにしていました。

 

ですが結果は・・・

 

 

とはいえ第2回は第1回と比べてだいぶよくなっています。

 

もし初回放送を見て「もう2度と見ない」と誓った方は少し(本当にほんの少し)もったいないです。

 

ネットで無料体験視聴が可能なのでご覧ください。

 

なお、今回紹介しているのは昨年2018年のTHE Wです。

 

2019年放送もおそらく地上波放送後に見逃し配信が見られるようになると思います。

 

 

今すぐ「THE W(W-1グランプリ)」を2週間無料体験で視聴する!

 

 

 

安全に無料体験で高画質な見逃し配信を視聴する方法

 

THE W(W-1グランプリ)は人気番組とはいいがたいですが話題の番組なので中国の違法サイト「Dailymotion」や「miomio」などに違法アップロードされていました。

 

後述しますがあれらのサイトはとてもコスパが悪いです。

 

最近はわかりやすい動画はすぐ削除されてしまうため、生き残っている動画を見つけ出すのにかなりの時間がかなります。

 

正直、時間の無駄です。

 

しかも画質が悪い上にウイルスに感染する危険まであります。

 

その点、Huluを利用すれば安全に高画質な動画が視聴できます。

 

しかも現在なら2週間の無料期間があります。

 

 

 

Huluのおすすめポイント

 

★動画配信数50,000本以上が月額固定で見放題!

★日テレの子会社なので日テレ系ドラマに強い!

★「続きはHuluで!」にイラっとせずにスピンオフや後日談を視聴可能!

 

今すぐ「THE W(W-1グランプリ)」を2週間無料体験で視聴する!

 

 

Dailymotionやmiomioはコスパが悪い

 

Dailymotionやmiomioという中国のサイトでは違法にアップされていることがあります。

 

「違法なのでダメ」です。

 

そして何よりこの手の違法サイトでの視聴はコスパが悪いためオススメしません。

 

というのも、最近は違法アップロードに対する監視が厳しくなっておりすぐに削除されてしまうからです。

 

アップロード者は削除を回避するためにタイトルを「夕T卜ノレ」のような古のJK語のように変更したり画面を小さくして他のアニメーションを加えて削除用のシステムにひっかからないようにしています。

 

しかもやっとたどり着いたと思ったら予告動画に無関係な映像を足して本編のように錯覚させる詐欺的な動画まであります。

 

観たい動画にたどりつくまでにかなりの時間がかかりますよね?

 

仮に1つの動画を探し出すのに30分かかるとしたら、週1回観るとすると月2時間以上無駄な時間を過ごすことになります。

 

この時間が楽しくてしょうがないのなら別ですが、普通はイライラしますよね?

 

「全然出てこない!」「また騙された!」なんて思いながら動画を探すのは精神的によくありません。

 

 

さてここで質問です。

 

あなたの価値を時給にするといくらですか?

 

令和元年の最低賃金は790円です。

 

ですので違法動画を探す無駄な2時間は1580円以上の損失です。

 

正社員の方であればもっと価値はあるはずです。

 

主婦の方だって数字で測る指標がないだけでもっと価値のある日々を過ごしているはずです。

 

この無駄な2時間をHuluでカットしましょう。

 

Huluは月額933円(税抜き)です。

 

イライラしながら違法サイトで何時間も探して無駄な時間を使うか、合法サイトに933円(税抜き)を払ってスマートに高画質の動画を観るか、比べるまでもありませんよね。

 

仕事中以外のプライベートでも無駄な時間を過ごさないようにしましょう。

 

 

 

なお他の動画サイトと異なり、ポイントなどがなく月額の範囲内で全ての動画が見放題です。

 

バラエティ・ドラマともに放送の直後に解禁され、いつでも再生できるので帰るのが遅い方や夜遅くまで起きていられない方にもおすすめです。

 

 

THE W

 

女芸人のみが参加資格を持ち、漫才・コントなど一切成約なしで面白いことをした人が優勝するという趣旨の番組です。

 

開始当初は男女別の大会を「女性を特別視」しているとして問題提議していた人もいます。

 

いわゆる「男女平等」を訴えるフェミニストの方々も怒り出すのではないかと思われていましたが、日本のフェミニストを名乗る方の多くは「女尊男卑」の世界を望んでいるのでTHE Wには問題を感じていないようでした。

 

第1回放送は「お通夜状態」とまで揶揄されるヒドい内容でした。

 

視聴者からも「もっと面白い女性芸人はいる」「これだったらお蔵入りさせたほうがよかった」などの酷評が目立ちました。

 

ただし、新しい挑戦はいつも壁があるものです。

 

M-1グランプリも最初期の視聴率は悪かったですし、キングオブコントは審査方法がエグいものとなっていました。

 

放送を重ねるごとに洗練されていき、この2つの大会は漫才師・コント師たちの憧れの舞台になっています。

 

THW Wもまだ若い大会なので、繰り返していけば女芸人の夢の舞台になりえるかもしれません。

 

いつかM-1やキングオブコントと並ぶ大会になったとき、初期の大会の様子を知っていればより楽しむことができるでしょう。

 

 

大会出場者

 

2018年の1stステージ出場者は以下の通りです。

 

ゆりやんレトリィバァ(2年連続2回目・1年目優勝者)

あぁ~しらき(初出場)

吉住(初出場)

ニッチェ(2年連続2回目)

根菜キャバレー(初出場)

合わせみそ(初出場)

横澤夏子(初出場)

紺野ぶるま(2年連続2回目)

阿佐ヶ谷姉妹(初出場)

紅しょうが(初出場)

 

 

最後に

 

日テレ「THE W(W-1グランプリ)」の2018年の見逃し配信はHuluで視聴が可能です。

 

正直、初回大会は「放送事故」のような内容でしたよね。

 

2年目である2018年大会もまだまだM-1グランプリやキングオブコントには遠く及びません。

 

まだまだ粗削りで洗練されていませんが、どうやら毎年放送するようなので今後成長していくのかもしれません。

 

 

Wifiがあるところでスマホに動画をダウンロードしておけば通信料制限を気にせず視聴が可能です。

 

 

今すぐ「THE W(W-1グランプリ)」を2週間無料体験で視聴する!

 

当記事の情報は2019年11月時点のものです。

 

最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

 

-お笑い

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.