タイ

タイ旅行 コロナウイルスは大丈夫?ソイカ・ナナは安全?公式見解と他国の判断

投稿日:

 

コロナウイルスが大流行中ですね。

 

2月3月は春休みシーズンということもあり、海外旅行を計画していた方も多いでしょう。

 

タイはこの時期がベストシーズンとも言われています。

 

航空券も手ごろで物価も安いので人気の旅行先です。

 

 

ですがコロナウイルスが収束していない今、行っても大丈夫なのでしょうか。

 

タイ国政府観光庁による公式メッセージやアメリカの大学によるレポートなどを紹介しますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

私はタイ行きを中止しました

 

私は現在ジョージアという国におり、タイを経由して日本に帰るつもりでした。

 

ですが情報を集めた結果、今行くべきではないと判断してキャンセルしました。

 

 

タイ国政府観光庁によるメッセージ

スポンサーリンク

 

タイ国政府観光庁から日本に向けて公式のメッセージが公開されています。

 

【タイ】新型コロナウイルスの発生に対する予防措置について(2019-nCoV.)

 

抜粋すると

 

新型コロナウイルスに対する最大限の健康保護と安全措置を確保するためにあらゆる対策を講じている。

スワンナプーム、ドンムアンなどに赤外線サーモスキャンユニットを設置している。

中国からの全ての乗客を24時間スクリーニングしている。

とのことです。

 

 

タイ国内での状況

 

1月31日現在、タイでは19人の感染者がおりそのうち5人が回復しています。

 

この感染者は全員中国から来ており、明確に隔離されているためタイ国内での人から人への感染はないとのことです。

 

タイ国内は衛生面で日本と比べると劣っていますが、少なくとも1月31日時点ではタイ国内での人から人への感染のリスクは限りなく低いと言えそうです。

 

 

ソイカ・ナナは安全?

 

国内での人から人への感染がないということは、タイ国内の観光地でのリスクも低いということになります。

 

ただし、人が多く集まる場所は避けるべきでしょう。

 

ちなみにニュースで感染者が出たとして話題になっている「濃厚接触」というのは「衣食住をともにする家族」や「仕事で席が近い同僚」などのことだそうです。

 

 

第三国からの反応

スポンサーリンク

 

アメリカのジョンズホプキンス大学による1月26日のレポートでは、中国以外の国の国際空港のリスクランキングで2位がドンムアン、3位がスワンナプームです。

 

1位は香港国際空港です。

 

引用:ジョンズホプキンス大学

※リンク先は英語です

 

 

どちらを信じるべきか

 

タイ政府は「あらゆる手段を講じている」と言い、アメリカの大学は「世界で2番目に危険な空港」と言っています。

※中国を含むなら3番目

 

私は後者を信じます。

 

タイ国政府観光庁によるメッセージをよく読むと、中国人を受け入れていることがわかります。

 

空港で24時間スクリーニングをしているとは言いますが、発覚前の飛行機から降りて空港で隔離されるまでは一緒に過ごすことになります。

 

ドンムアン空港は通常時でも1時間待ち2時間待ちが当たり前の空港です。

 

入国前に自分もしくは別の観光客が感染しタイ国内に持ち込まれるという危険性があります。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

海外旅行であらゆる世代に人気のタイですが、コロナウイルスが収束していない今の状況で行くのは危険だと思います。

 

タイ国政府観光庁は安全であることをアピールしており、実際に2月2日時点ではタイ国内での人から人への感染は確認されていません。

 

そういう意味では安全なのかもしれませんが、アメリカの大学はドンムアン・スワンナプームを危険な空港としてリストアップしていますし、中国からの受け入れも拒否しているわけではありません。

 

 

タイは近いのでいつでも行けます。

 

今行かなくてもすぐにゴールデンウィークが来ますし、その次には夏休みもあります。

 

今どうしても行かなければならない理由が存在しないのであれば、後日安全になってから改めて行くべきだと思います。

 

 

 

-タイ

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.