海外

卒業旅行でヨーロッパ?コロナウイルスと日本人差別は大丈夫?リスクはある?

投稿日:

 

卒業旅行シーズンの2月になりましたが、中国・武漢を中心としたコロナウイルスは収まる様子が見えませんね。

 

学生の中には卒業旅行などで海外へ行こうと思っていた方も多いでしょう。

 

卒業旅行で人気なのは安い東南アジアとおしゃれなヨーロッパだそうです。

 

ヨーロッパは大丈夫なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

私なら行かない

 

私は現在ジョージアという国にいます。

 

いわゆる海外ノマドです。

 

そんな私が言うのもなんですが、今海外に行くのはとてもリスキーです。

 

私はコロナウイルスが終息するまで飛行機に乗るつもりはありません。

 

旅行先が安全かどうかも気になりますが、飛行機に乗ること自体が危険だと思っています。

 

飛行機の中はとても乾燥しており、どこのだれかわからないような人たちと長時間密閉された空間にいなくてはなりません。

 

自分の座席は指定できますが、となりの席に誰が座るかはわかりません。

 

明らかにコロナウイルスに感染している人であれば航空会社が搭乗拒否をするかもしれませんが、無症状感染者や症状を必死で隠した人が乗り込んでくる可能性は否定できません。

 

 

日本人差別について

スポンサーリンク

 

普段であればニーハオと声を掛けられることはあっても、明らかな侮蔑の言葉を投げかけられることはありません。

 

ですが今は違います。

 

コロナウイルスが発生しているのは中国であり、残念なことに中国人は平気で世界各国に出てきています。

 

この件により、中国人への差別が発生しています。

 

 

さらに、日本人であっても同様の差別があります。

 

まず基本的にヨーロッパの人たちは中国・武漢と日本が離れていることを知りません。

 

日本に詳しい人は逆に、当初日本が大量の中国人を受け入れていたことを知っています。

 

もちろんヨーロッパ人全員が差別しているわけではなく、過激なのは限られた一部の人だけです。

 

 

ヨーロッパに行くこと自体は可能

 

まず、ヨーロッパ各国で日本人を受け入れないとしている国は2月2日現在一か国もありません。

 

ですので理論上行くことは可能です。

 

 

出発直前にキャンセルになる可能性がある

 

ヨーロッパに行く際、安い航空会社を選ぶならば中国経由かロシア経由になるでしょう。

 

いくつかの国では中国からの直行便を受け入れ拒否しています。

 

日本から訪れる場合は「中国は乗り換えであって直行便ではない」と勘違いしがちですが、到着する国にとっては「中国から直行してくる便」になります。

 

現時点では受け入れを拒否していない国であっても、今後のコロナウイルスの状況によっては受け入れ拒否となる可能性があります。

 

安い航空券の中にはキャンセルとなっても払い戻しがない航空会社があります。

 

必ず確認しましょう。

 

 

航空券を購入する際に保険に加入することもできます。

 

海外旅行保険とは別に、飛行機が飛ばなかったり荷物を紛失したりする際に補償してくれる保険です。

 

絶対に加入しましょう。

 

 

帰ってこれなくなる可能性がある

 

もしあなたが旅行先の母国語を日常会話レベルで話せないのであれば、旅行先でコロナウイルスの情報を得るのはとても難しいでしょう。

 

もちろん日本大使館や外務省の海外安全ホームページなどでも情報発信はされています。

 

ですがリアルな現状を伝えているかどうかは疑問が残ります。

 

コロナウイルスの被害は広がる一方です。

 

人から人への感染も確認されているようですし、もし旅行先で感染が拡大したら空港が閉鎖されることだって考えられます。

 

外こもりで帰らなくていいのであればその国でじっとしていればいいでしょうが、卒業旅行などで次の予定が控えている方はそうは言っていられませんよね。

 

もし帰国できず入社式に間に合わなかったらどうなるでしょうか。

 

もちろん自分に直接的な原因があるわけではないので許されるでしょう。

 

ですがこの危険な状況の中で海外に行くという自己管理能力の低さについては今後長年務めるであろう会社からどんなイメージをもたれるのか、想像はつきますよね。

 

単純に入社直後の新人研修で出遅れるという点においても、他の同期と仲良くなるチャンスを失う上に研修で学ぶべき知識が手に入らないということにもなります。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

2020年2月2日時点では、日本からヨーロッパに行く方法はたくさんあります。

 

ツアーなどもありますので、行こうと思えば行くことはできます。

 

ですがコロナウイルスはまだ収束するどころか感染者は増える一方です。

 

WHOは緊急事態宣言をしています。

 

この状況で海外旅行をするのはリスク管理能力が著しく劣っていると言わざるを得ません。

 

観光地は今回の件で大ダメージを受けており、できるだけ多くの観光客を呼び込み収入を得たいと考えています。

 

そのため、ツアー会社などの旅行会社は「安全に配慮している」と繰り返しています。

 

ですが、さすがに今はダメです。

 

せめて治療法が確立し、感染者が減少傾向になるまで待ちましょう。

 

 

 

-海外

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.