知らなくていいコト

知らなくていいコト 第8話 野中のクズっぷり加速!自身を正当化する姿にドン引き

投稿日:

 

尾高や岩谷のかっこよさが評価される半面、野中の最低ぶりが、批判されています。

 

しかし、カッコイイ人がここまで評価されるのは、野中のクズぶりがあってこそ。

 

このドラマの人気の影の功労者は野中かも知れません。

 

第8話の野中の行動を追ってみました。

 

 

 

ケイトの出自を自らリークしたのに、ケイトと顔を合わすことができず

 

前回、ケイトを庇って、背中にナイフを刺された尾高を見て、野中は尾高のケイトへの愛の深さを目の当たりにして敗北感にさいなまれます。

 

そこまではいいとして、ケイトの取材に来た他誌の記者にケイトの出生の秘密をばらしてしまします。

 

そして、今回ケイトの出自が書かれた記事が掲載されて、ケイトはマスコミに追われる立場になりました。

 

自らが引き起こした事なのに、のこのこ出社してくる野中は呆れた人間性です。

 

ところがやはりケイトとは面と向かって顔は合わせづらいようで、ケイトが編集部に現れると、床をゴキブリのように這いずり回って逃げました。

 

 

トイレい引きずり込まれ野中からパンチ!

 

怪我から復帰した野中に、廊下から捕まってトイレに引きずり込まれます。

 

ケイトの出生の秘密を知っていた人間は限られているのだから、犯人は自ずと特定します。

 

尾高からしてみれば、野中しかいないと思います。

 

病室にいた時も、思わず週刊誌を壁に投げつけていました。

 

尾高は背中が完治してないにも関わらず、怒りが収まらず野中をパンチしました。

 

野中はそれでも、居直り、ケイトと尾高の不倫がバレたらもっとひどいことになるとうそぶきました。

 

そして、歯を痛めたと言って、退社します。

 

次回は、この期に及んで、ケイトの元へ行き、自分の行動が本当に最低か?と問います。

 

当然、ケイトは最低と言います。

 

野中の悪いのは、自らの過ちを認めるどころか、自分の行動の正当性を主張するところです。

 

そこがますますみんなをイラッとさせる原因のようです。

 

ついに、現在の恋人小泉からも嫌われてドツボにはまるようです。

 

 

最後に

 

ケイトの元彼野中はケイトを裏切って、ケイトを窮地に追い詰めます。

 

さらに、その自分の行為に言い訳をして、正当化しようとするクズ中のクズでした。

 

しかし、その役を完璧にこなす重岡大毅の演技力は素晴らしいです。

 

イケメンの2枚目役だけでなくこういう演技ができるということは今後の活躍の幅も広がっていきそうですよね。

 

 

 

-知らなくていいコト

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.