知らなくていいコト

知らなくていいコト 野中は悪くない?大不評の彼を無理やり擁護してみたらこうなる!

投稿日:

 

日テレドラマ「知らなくていいコト」の野中春樹は当初こそ主人公ケイトの年下のイケメン彼氏として評判でしたが、回が進むごとに好感度が落ちて行き、今やだれもが認めるクズ扱いです。

 

しかし、ここはあえて野中をあえて擁護してみます。

 

※ちょっと無理があることは承知しています

 

 

 

殺人犯の娘だったら誰だってひく

 

今シーズンのドラマでは何故か父が犯罪を犯していたという設定がやたらとでてきましたね。

 

「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」管理官香坂

「テセウスの船」主人公心

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」主人公直樹

 

「テセウス」では父が犯罪者ということで、心始め母や兄姉は言われなき偏見や差別を受けて苦しみます。

 

心は資格を持ちながら、教職に着けませんでした。

 

姉は整形し名前も変え、事件の被害者と「贖罪のつもり」で結婚しようとしていました。

 

 

「絶対零度」の香坂は母の再婚相手の籍に名字を変え、義父が法務省の官僚だったおかげで殺人犯の娘である痕跡を抹消しました。

 

それだけ、犯罪者の家族に対する世間の目は厳しいと言うことでしょう。

 

 

世間の常識の視点からしてみたら、殺人犯の娘と聞いて交際を断る野中の方が正しいのかもしれません。

 

ケイトの場合もそうですが「テセウス」「シロクロ」でも、偶然か必然か、主人公の父の冤罪を信じて手助けしてくれる人はみんな記者だったりカメラマンだったり、ジャーナリストばかりですね。

 

一般常識より少し高い目から俯瞰して物事が見える人たちなので、バイアスなく状況が見えるのかもしれません。

 

 

不倫はやっぱりよくない

 

※これは野中自身というより「野中と尾高の比較」という話です

 

野中はケイトをふるどころか、会話をすることさえ嫌うようになります。

 

一方、ケイトにふられた後に結婚し子供もいる尾高とは、父の起こした過去の事件を洗い出すうちに、急接近しました。

 

尾高はケイトのためなら、なりふり構わず他人からどう見られても、世間では後ろ指さされる行為であっても愛を貫きます。

 

世間的には不倫=悪なのでその点で尾高と野中を比べた場合は野中は悪いとは言えません。

 

 

能力は優秀

 

週刊イーストの編集部は、常識が世間とは逆転しています。

 

野中は違う仕事や職場だったら、優秀で仲間からの信頼も厚く、出世するかもしれません。

 

全く違うジャンルの仕事に転職したら成功しそうですよね。

 

ケイトは野中の別れ際、自分の気持ちを小説にしたらとアドバイスしました。

 

その後、野中は編集部を欠勤します。

 

そして、次回予告では全く別人のような姿表情で再登場します。

 

野中にいったいなにが起こったのでしょうか?

 

最終回が気になります。

 

 

最後に

 

野中は結果的に闇落ちしましたが、現実的に考えると野中の行動のいくつかは理解できるような気がしますね。

 

結婚するつもりだった相手に突然「身内に犯罪者がいる」と言われたら、生まれてくる子どものことまで考えれば不安になるのは仕方がない気もします。

 

出会った時からその事実がわかっていて、一緒に真実を追っていれば野中の考え方も変わっていたかもしれません。

 

もともと優秀な野中ですから、もしそうなれば最終的に結婚しないという選択肢を取ったとしても、その葛藤に共感する視聴者も多かったのかもしれません。

 

特に今期は現実で俳優・女優の不倫騒動が話題になっていたため、尾高よりも野中を応援する人が増えたでしょう。

 

 

 

-知らなくていいコト

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.