知らなくていいコト

知らなくていいコト 特集班デスク・倉橋朋美役の女優は誰?実写版ドラえもんドキュメンタリーに出演

更新日:

 

日テレドラマ「知らなくていいコト」に登場する倉橋朋美は週刊イースト編集部特集班倉橋班のデスクです。

 

演じている女優を調べましたのでご覧ください。

 

 

 

倉橋朋美を演じる女優は誰?

 

小林きな子です。

 

NHKで放送された「ドラえもん、母になる~大山のぶ代物語~」で大山のぶ代のマネージャー役を演じました。

 

※最近の方はご存知ないかもしれませんが、大山のぶ代は1979年から2005年までドラえもんの声を担当していました

 

小林きな子は2018年「プリティーが多すぎる」では今作と同じような職種である雑誌の編集部員を演じています。

 

その他、事務員や看護師などを演じた際にも職場の中にかならずいるような親近感のあるキャラクターを担当することが多いです。

 

今作では週刊誌の特集班のデスクを演じます。

 

若く見られますが、実はベテランで今回の役柄の方が実年齢に近いようです。

 

 

プロフィール

 

名前:小林きな子(こばやしきなこ)

 

生年月日:1977年11月23日(42歳)

 

出身地:東京都

 

身長:167cm

 

血液型:A型

 

事務所:大人計画

 

 

倉橋朋美とは?

 

同じ特集班の吉高由里子演じる真壁ケイトとは別のグループのデスクになります。

 

同じ職場ながらスクープを争うライバル関係になるようです。

 

またグループリーダーとなり、小林、篠崎、宇喜多の部下もいます。

 

リーダーシップを発揮してスクープがものにできるでしょうか。

 

職歴が長いため、ケイトと元彼尾高との過去の経緯も当然ながら全部知っています。

 

連載班の今彼の野中春樹とケイトの関係をどんなふうに思っているのでしょう。

 

 

小林きな子はこんな人

 

小林きな子は劇団・大人計画の所属です。

 

舞台出演を中心に、その間にドラマに出演してるようです。

 

舞台では主演で、その実力は折り紙付きです。

 

ドラマでもそのポジションが上がってくるのもそう遠くないはずです。

 

 

舞台の稽古の合間にガッツリ栄養補給しているようです。

 

 

 

「人生が楽しくなる幸せの法則」

 

小林きな子は2019年に連続ドラマ初主演を果たします。

 

相席スタートの山崎ケイの著書「ちょうどいいブスのススメ」をドラマ化した「人生が楽しくなる幸せの法則」です。

 

人生がイケてないブス夏菜、高橋メアリージュンとともに3人組の1人である皆元佳恵を演じました。

 

「開き直りブス」で、売れないバンドマンに貢がされて、他人には厳しくて、自分の成長は諦めていました。

 

ちょうどいい神様の教えにしたがい、最後には幸せを掴みました。

 

 

最後に

 

日テレドラマ「知らなくていいコト」の倉橋朋美を演じる女優は小林きな子です。

 

倉橋朋美は週刊イースト編集部の特集班のデスクです。

 

演じている小林きな子は大人計画所属の舞台俳優です。

 

主人公真壁ケイトとどこまで絡んでいくかが楽しみです。

 

 

知らなくていいコト 第1話から最新話までスマホで見逃し配信動画を無料視聴する方法

 

 

-知らなくていいコト
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.