下町ロケット 中川弁護士(ピーター)逮捕される!今後出番は?その後の活躍をネタバレ!

   

 

念のため注釈を入れさせていただきます。

 

逮捕されたのはドラマ内の話であり

フィクションです。

 

当然ですがピーター氏本人のことでは

ありません。

 

このドラマはフィクションであり登場

人物は架空のもので出演者とは関係

ありません。

 

 

2018年版下町ロケットではついにあの

中川弁護士の悪事がバレてしまい逮捕と

なりました。

 

さすがにもう劇中には出てこないでしょう。

 

・・・と思ったら次のヤタガラス編でも

性懲りもなく登場します。

 

この記事は原作小説を元にしたネタバレが

含まれています。

 

お気をつけください。

 

スポンサーリンク

 

中川弁護士逮捕される!

 

2018年版下町ロケットでは中川弁護士が

中心となりギアゴーストを特許侵害で

訴えていました。

 

しかしそれはギアゴーストの顧問弁護士の

末永孝明を抱きこんだ法律に背く行為で

最終的に不正競争防止法違反の疑いで

逮捕されています。

 

この結果、中川京一は弁護士資格を剥奪され

さらに有罪判決、そして実刑を受けて

います。

 

 

中川京一役・ピーター、嫌われる

 

下町ロケットでの悪役ぶりにピーター

本人まで嫌われています。

 

2015年版下町ロケットが終わってからも

見知らぬ人に「悪い弁護士」と指を指される

こともあったとか。

 

ネット上でも「中川弁護士」ではなく

「ピーター」が嫌いと言う書き込みが

多いです。

 

あくまであくどい行為をしたのは中川京一で

ピーターは演じただけということを忘れては

なりませんね。

 

また、最近ではピーターの容姿にまで

嫌悪感を抱く方もいるようです。

 

中川京一への憎悪が演者の容姿にまで

波及するのは間違っています。

 

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という

ことわざがあるように昔から1つ嫌いな

点があるとその人の全てが嫌になって

しまうのは人間のサガなのかもしれません。

 

どうか落ち着いて、劇中の人物と俳優を

別々に考えてください。

 

 

中川京一返り咲き!?ヤタガラス編で早くも復活!

スポンサーリンク

 

ここからは原作小説を元にしたネタバレに

なります。

 

お気をつけください。

 

 

 

 

 

ヤタガラス編ではギアゴーストの伊丹が

ダイダロスの軍門に下り、ダイダロスは

中小企業を纏め上げて帝国重工と敵対

します。

 

そのダイダロスの法律顧問として再び

中川京一が登場します。

 

 

法律顧問は弁護士資格がなくてもなれる?

 

法律顧問というのは顧問弁護士とは違い

具体的に裁判で弁護を受け持つことがなく

(弁護士資格を持っていれば兼任できる)

いわゆるアドバイザー的な立場のことです。

 

意思決定権を持たない「相談役」のような

役職です。

 

ですので弁護士としての知識は必要に

なりますが弁護士資格そのものは必要では

ありません。

 

ということで弁護士として悪どい手法に定評のある

中川京一は的場俊一を蹴落とそうとたくらむ

ダイダロスにとって最適な相談役なのです。

 

企業としてはあるまじき私怨にまみれた

登用ですね。

 

 

ヤタガラス編での活躍

スポンサーリンク

 

帝国重工はダイダロス主導の「ダーヴィン」

と呼ばれる無人農耕トラクターの下請けに

対し「ダーヴィンから手を引かなければ

帝国重工との取引は停止する」と脅しを

かけています。

 

これに対し中川京一は下請法を使って

脅された中小企業が訴えを起こすように

仕向けます。

 

これにより帝国重工での的場俊一の立場は

危うくなっていきます。

 

 

中川京一を出す必要はあったのか

 

実は原作小説・ヤタガラス編での中川京一の

出番はここだけです。

 

正直、逮捕までされている大物悪役を

出す必要があったのかどうかやや疑問です。

 

もしかしたらプロット段階ではもっと

活躍する予定だったのかもしれませんね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ついに逮捕され表舞台から消えた中川京一。

 

演じているピーターの評判まで悪くなるほど

あくどい弁護士でした。

 

逮捕されたことで弁護士資格を剥奪されて

おり原作小説では実刑判決を受けています。

 

ですがヤタガラス編ではすぐに娑婆に

出てきており一瞬だけ帝国重工・佃製作所の

前に立ちはだかります。

 

この件により的場俊一は失脚しますが

それはダイダロスの「ダーヴィン」の勝利を

意味しているものではありませんでした。

 

最後はやはり技術に真摯に向き合う会社が

勝利をおさめます。

 

 

 

 - 下町ロケット ,