リカ(ドラマ)

リカ(ドラマ)おっかない婦長こと小山内則子役の女優は誰?最期をネタバレ!

更新日:

 

フジテレビ「リカ」の前編・花山病院編に登場する看護師長・小山内則子役の女優は誰でしょうか。

 

当初から雨宮リカに対して嫌悪感を持っているようです。

 

当記事では原作小説を基にしたネタバレが含まれています。

 

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

看護師長・小山内則子を演じる女優は誰?

 

池谷のぶえです。

 

演劇弁当猫ニャーの看板女優でした。

 

朝ドラ「瞳」「ひよっこ」「半分、青い。」に出演経験があります。

 

昨年2018年の秋ドラマ「中学聖日記」では前半パートである中学時代に聖先生の同僚役として登場していました。

 

 

プロフィール

 

名前:池谷のぶえ(いけたにのぶえ)

 

生年月日:1971年5月22日(48歳)

 

出身地:茨城県

 

身長:158cm

 

血液型:A型

 

事務所:ダックスープ

 

 

小山内則子とは

スポンサーリンク

 

花山病院で古くから働いている看護師です。

 

原作では勤続30年という設定です。

 

脳梗塞で倒れた花山大二郎を尊敬しており、大二郎からも絶大な信頼を得ていました。

 

現在の変わり果てた花山大二郎にも忠義を尽くす看護師です。

 

 

看護師長は見た

 

第1話の看護師面接の際、リカの左腕に薄紅色の痣があるのを目撃しています。

 

このリカとの最初の出会いから小山内則子看護師長はリカに嫌悪感を持っていたようです。

 

 

原作小説をネタバレ

 

ここからは原作小説を基にネタバレをしていきます。

 

ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

 

原作でも看護師採用の面接の時からリカに嫌悪感を抱いています。

 

ドラマ版では削除される設定かもしれませんが、リカは臭いのです。

 

もちろん医師や看護師は体臭に対して偏見を持ってはいませんが、患者が不快になるのではないかと懸念しています。

 

 

おっかない婦長

 

原作では看護師のことを看護婦と記述しており、看護師長のことも婦長と呼んでいます。

 

小山内看護師長は勤続30年のベテラン看護師長でとても厳しいので「おっかない婦長」と陰で呼ばれています。

 

ただし、看護師としての能力は非常に高く、指導力や指揮力も高く評価されています。

 

 

リカへの嫌悪

 

原作では小山内看護師長はリカの採用を思いとどまるよう、大矢昌史副院長に何度か進言しています。

 

しかし不採用にするべき根拠が薄く、リカが日本医師協会前会長の推薦状という無視できない武器を持っていることから渋々採用に同意しています。

 

「3か月の仮採用」ということでしたが途中で契約を切るべきだと何度も大矢副院長に伝えています。

 

 

小山内看護師長の最期

 

病院内の階段で転倒し、頚椎を損傷してしまいます。

 

これにより四肢を麻痺し呼吸筋も麻痺の寝たきり状態となります。

 

これは事故ではなく、事件です。

 

突き落としたのは雨宮リカです。

 

リカは小山内看護師長を自分と大矢昌史副院長の関係を邪魔する敵対者と見做したため排除したのです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

フジテレビドラマ「リカ」に登場する小山内則子看護師長を演じる女優は池谷のぶえです。

 

原作では「おっかない婦長」と呼ばれるほど厳しい看護師長でしたが池谷のぶえはやさしい看護師さんというイメージですね。

 

雨宮リカに対し面接時から嫌悪感を持っています。

 

原作では階段から突き落とされて全身を麻痺してしまうという凄惨な最期を迎えています。

 

 

 

-リカ(ドラマ)
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.