乃木坂46

乃木坂シネマズ 白石麻衣回 感想とネタバレ クレイジーなタクシードライバーの正体は

投稿日:

 

フジテレビで放送されている、乃木坂46の人気メンバーが交代で1話ずつ主演しているオムニバスドラマ・乃木坂シネマズ。

 

最終回は白石麻衣です。

 

 

FODで先行配信を視聴したので感想を書きます。

 

この記事にはネタバレが含まれています。

 

ネタバレを受けてから本編を見ると感想が大きく変わってしまう可能性があるので、本編未視聴の方はお気を付けください。

 

 

なおFODでは地上波放送前の時点で解禁されており、1話から全話視聴が可能です。

 

現在、新規入会時1か月無料のキャンペーン中です。

 

この無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

 

今すぐFODで乃木坂シネマズを全話視聴する!

[PR]

 

乃木坂シネマズで個人的なお気に入り回をまとめた記事もご覧ください。

 

乃木坂シネマズ 見るべきランキング 独断と偏見でおすすめ作品を紹介!マイベストは…

 

 

 

あらすじ

 

公式サイトのあらすじは以下の通りです。

 

ある日の夜、由梨(白石麻衣)はタクシーで帰宅していた。

 

すると運転手が助手席に子供を連れていることに気がつく。

 

「預けるとこがなくて、連れて仕事をしてるんです」「でも、子供乗せてるところバレたら首なんです」という運転手だが、どうもその口調は怪しく、ひたすら話しかけてくる。

 

由梨の気のない反応をよそに、一旦会社に戻る間の数時間だけ子供の面倒を見て欲しいと強引に頼んでくる。

 

由梨は仕方なく子供と一緒に水族館へ行くが・・・。

 

引用:FOD 公式

 

導入部分のみで、後半は水族館のシーンとその後タクシー運転手が戻ってくる話になります。

 

 

個人的あらすじ

 

視聴した私があらすじを書くとこうなります。

 

 

武井由梨(白石麻衣)は妊娠しているらしい。

 

病院で予約を取り、家に帰ろうとした際に妙なタクシーに遭遇する。

 

なんと助手席に子どもを乗せているのだ。

 

運転手は由梨の具合が悪いことがわからないのか、やたらと話しかけてくる。

 

そのうえ少しの間水族館で子どもを預かってほしいととんでもないことを言い出す。

 

由梨は見知らぬ子どもを預かることなんてできないと固辞するが、子どもは勝手にタクシーを降りて水族館に歩いて行ってしまう。

 

しかたなく由梨は子どもとともに水族館に行くが、子どもは一切喋らず自分の意思を表に出そうとしない。

 

かなりの時間が過ぎた後、タクシードライバーが戻ってくる。

 

由梨は文句を言うが、運転手はのらりくらりと話をはぐらかす。

 

由梨はそこで子どもの異変に気付く。

 

母親であるはずの運転手相手に懐いている様子がないのだ。

 

この子どもは一体誰の…

 

 

後半ネタバレが存在するのでここでストップします。

 

 

【ネタバレあり】クレイジーなタクシードライバーは何者か

 

タクシードライバーの名前は武井由梨です。

 

白石麻衣の将来の姿のようです。

 

※ここからは若い武井由梨とタクシードライバーの武井由梨を区別するため、若い方を白石麻衣と呼びます

 

「超おせっかい親切のつもりの正義マン」のように見えましたが、岐路に立っている白石麻衣にアドバイスをするためにいろいろと話しかけていたようですね。

 

 

吐きそうな白石麻衣?

 

冒頭から「吐きそう」を連発している白石麻衣。

 

ラストまで明かされませんが、どうやら「望まぬ妊娠」で中絶のために病院に行っていたようです。

 

タクシードライバーは最後に「どっちを選んだとしても大半は辛いコトばっかだけどね」と言い残して去っていきます。

 

 

個人的感想

 

再度お伝えしますが、2人の武井由梨を区別するため「白石麻衣」「タクシードライバー」と記述しています。

 

当然ながら白石麻衣自身の話ではありません。

 

 

救いのない内容でした。

 

子どもが何者だったのか明かされていませんが、結局タクシードライバーの娘でいいのでしょうか。

 

白石麻衣が中絶しなかった世界の親子がタイムスリップしてアドバイスを授けに来たのだと解釈しましたが、そもそもアドバイスになっていません。

 

タクシードライバー親子はどう見ても良好な関係ではなく、白石麻衣が最終的に中絶を思いとどまった(ようにみえる)理由もよくわかりませんでした。

 

もしかしたらあの子はタクシードライバーの娘ではなく白石麻衣自身だったのかもしれません。

 

だとするなら、「過干渉されずにむしろよかったっす」と強がっていた白石麻衣が自分自身の辛い過去を思い出し、生まれてくる子を幸せにしてあげようと思い直したようにも感じます。

 

 

タクシードライバーは去り際に「どっちを選んだとしても大半は辛いコトばっかだけどね」と言い残しています。

 

将来の自分が「大半は辛いコトばっか」と予言していくのは救いようがありませんね。

 

「大半は」と言っているので幸せなこともゼロではありませんが、そこに言及していないため辛いコトのほうが圧倒的に多いように感じます。

 

そしてそれを覆すアドバイスも、具体的な辛いコトの内容も明かしていないのでタクシードライバーが何のために白石麻衣の前に現れたのかよくわかりません。

 

 

白石麻衣はラストで中絶を思いとどまったように見えるのですが、それについても明確な理由が描かれておらず想像するしかありません。

 

その想像も、本編に描かれていないことを盛りに盛らないとならず、正直この1話だけではいろいろ足りないように感じました。

 

 

白石麻衣の演技

 

乃木坂46メンバーの中ではかなり上手なほうだったように思います。

 

後半の「~っす」という喋り方を許容できるかどうかで差が出そうです。

 

私は普段ドラマなどで方言が使われるとゾワゾワするタイプなのですが、白石麻衣の喋り方は気になりませんでした。

 

※私自身が白石麻衣のファンであることや、もうすぐ卒業ということからかなりの好意的なフィルターが懸かった状態で視聴しています

 

 

最後に

 

今回で乃木坂シネマズは最終回です。

 

白石麻衣回はなんとも救いようのない内容でした。

 

「どうあがいても絶望」といえる中、中絶を躊躇して子どもを育てようとしたのはどんな気持ちの変化があったのでしょうね。

 

私は妊娠も中絶も経験がないので気持ちを汲み取ることができませんでした。

 

 

ほとんどの回に共通して言えることなのですが、時間が少なすぎて監督の能力が活かしきれていないように感じました。

 

それぞれの監督は世界的に活躍しているようなレベルの高い人たちばかりです。

 

それでこうも意味がわからない内容が連発するのは、やりたいこと・伝えたいことを凝縮しすぎて素人に伝わらなくなっているのだと思います。

 

それぞれの回にもうちょっと時間があれば私のような素人にもわかりやすい映像が撮れたのではないでしょうか。

 

 

今すぐFODで乃木坂シネマズを全話視聴する!

[PR]

 

 

-乃木坂46
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.