乃木坂46

乃木坂シネマズ 堀未央奈/納品ウォーズ あらすじネタバレと感想 乃木中の部活動の成果?!

更新日:

 

フジテレビで放送される「乃木坂シネマズ」の堀未央奈回のあらすじネタバレと感想です。

 

私はこのドラマをFODで視聴しているため、地上波組にとっては放送前のネタバレとなる内容が含まれています。

 

地上波で視聴している方は放送後にご覧になるか、いっそのことFODに加入して最速のタイミングで視聴してください。

 

 

ちなみにFODは初回2週間無料で加入できます。

 

FODでは「悲しみの忘れ方」と「いつのまにか、ここにいる」というドキュメンタリーも配信されています。

 

「悲しみの忘れ方」は無料で視聴できますし、「いつのまにか、ここにいる」も無料期間中に配布されるポイントを使うことで視聴できます。

 

無料期間中に解約すれば一切費用はかかりませんので加入してみましょう。

 

[PR]

 

乃木坂シネマズ 見るべきランキング 独断と偏見でおすすめ作品を紹介!マイベストは…

 

 

堀未央奈、夢が叶う!!

 

堀未央奈は「乃木坂工事中」内で「乃木坂アクションクラブ」という部活の部長をしています。

 

部活という名前ですが、実際には企画名のようなものです。

 

部活創設時にメンバー加入のプレゼンをした際にはアクション女優の夢を語っていました。

 

それが「乃木坂シネマズ」で叶ったことになります。

 

 

個人的な感想

 

私は乃木坂シネマズの第6話までで一番好きです。

 

アクションものなのでストーリーや演技力がなくても見応えがあるというのが大きいです。

 

スタントかもしれませんが、堀未央奈が前宙(前回り宙返り)を何度か披露しています。

 

敵側の俳優はもしかしたらパルクールの選手なのかもしれません。

 

全員すさまじいアクションを披露しており、とても面白いです。

 

ストーリーだけで考えたらあまり評価はできないかもしれませんが、アクションものとしてはおすすめできます。

 

 

あらすじ

 

FOD公式あらすじはこちらです。

 

今夜放送のテレビ番組を納品すべく編集作業を進めるタイラたち。

 

後は完成したテープをテレビ局に持っていくだけの簡単な作業のはずだったが、何者かに襲われテープを奪われてしまう。

 

頭を抱えるタイラたちの前に現れたのは時給6千円のスーパーAD凛子(堀未央奈)だった。

 

テープを運ぶ凜子の前に次々と刺客が現れるが、鍛え抜かれた凜子は武道を駆使し次々に相手を倒していく。

 

そして待ち受ける黒幕・ツジと対峙することに。

 

そこで明かされる凜子の過去とは・・・。

 

引用:FOD 乃木坂シネマズ公式

 

 

補足(ネタバレ)

 

公式のあらすじはざっくりしすぎているので少し補足します。

 

番組制作部が舞台となっている作品で、完成したテープをテレビ局に納品すれば終了なのですが、過去に何者かに襲われたことがあり、今回も優秀なバイク便などを手配するもことごとく何者かに襲われて動けなくなってしまいます。

 

そこで空手や記憶力、アロマテラピーなどわけのわからないいろいろな能力をもったスーパーADの田村凛子(演:堀未央奈)を雇います。

 

凛子はテープを持ってテレビ局へ向かいますが、その道中でたくさんの刺客に狙われます。

 

この刺客たちはMIDという大手の制作会社が関係しているようです。

 

その社長であるツジカズオという男は凛子の父です。

 

ツジの雇った助っ人により一度はテープを破壊されてしまいますが、制作部は事前にダビングをしており、無事に局へとテープを納品することができました。

 

 

監督は堀未央奈をよく研究している

 

乃木坂シネマズは世界的に有名な監督が乃木坂メンバーを主人公にして制作するオムニバス作品です。

 

正直、これまでの作品は監督が演じるメンバーのことをよく知らないまま作っているのではないかというような設定が多かったです。

 

唯一知っていたのかな?と思えたのは松村沙友理の黒歴史回くらいです。

 

今回は堀未央奈がアクション女優をしたがっていたことだけでなく、特技である高速瞬きも採用されています。

 

これまでの監督の中で一番乃木坂のことを理解して作っている作品だと感じました。

 

 

堀未央奈の演技力

 

残念ながら演技という点ではやや物足りません。

 

ですがややおかしなキャラクターという設定なので普段のバラエティでの不思議ちゃんな雰囲気がうまく活かせているように感じました。

 

淡々としているというか、飄々としているというか、感情があまり見えないのは「優秀すぎるから」というように脳内で補足しました。

 

今回はアクションものなので演技そのものがアレでも十分楽しめます。

 

 

最後に

 

FODおよびフジテレビで放送されている乃木坂シネマズの第6回、堀未央奈の納品ウォーズの感想とあらすじを紹介しました。

 

私はこれまでの作品群で一番好きです。

 

正直に言えば、ストーリーはやや無茶があると思いましたし、演技もあまり感情が伝わってきませんし、アクションもアップが多用されすぎて折角の動きが見えにくくなっているとは思います。

 

ですが敵側のパルクール的なアクションなど見応えのある場面が多かったですし、何よりも堀未央奈がやりたがっていたアクションものであることや、特技を採用していたところがよかったです。

 

 

フジテレビではかなり遅れて放送されていますが、最新話はFODで配信中です。

 

配信期間は2020年の12月24日までです。

 

乃木坂46ならば「悲しみの忘れ方」と「いつのまにか、ここにいる」というドキュメンタリーも視聴できるのでオススメです。

 

※「いつのまにか、ここにいる」はポイントが必要です

 

現在FODは新規入会時2週間無料です。

 

無料期間中に解約すれば一切費用はかからないので試しに加入してみましょう。

 

[PR]

 

 

-乃木坂46
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.