虹プロジェクト

虹プロ JYP練習生のユナ ボーカルレベルテストでも震えてしまい緊張で実力発揮できず

更新日:

 

虹プロのユナはJYP練習生です。

 

そのため周囲からも期待され、自分自身でも技術的な自信はあるようです。

 

しかし各テストでは緊張によってその実力を発揮しきれずにいます。

 

東京合宿2日目のボーカルレベルテストでも緊張で震えが止まらないようです。

 

 

 

ユナとは

 

東京合宿参加時15歳でした。

 

JYP練習生です。

 

圧倒的な力を見せ続けているエース・マコもJYP練習生ですが、2年7か月のマコに対し、ユナは2年8か月でさらに長い年月のトレーニングを続けています。

 

もちろん実力もあります。

 

 

ダンスキューブは獲得するも「切迫して見えるのは問題」

 

ダンスレベルテストでは完璧に踊りきって8位、キューブも無事獲得しています。

 

しかしパク・ジニョンからは「楽になってほしい」という予想外の評価を受けています。

 

切迫している感じが出てしまっている」とのことです。

 

「どうしてもデビューしたい」という思いが強いメンバーや、環境によって追い詰められているメンバーも同様のアドバイスを受けています。

 

自分らしさを表現することを望んでいるパク・ジニョンは、普段のありのままの姿を見せることを重要視しています。

 

「プレッシャーで切迫するのは努力をした証」とも言われていますが、ダンスなどの芸術系・芸能系の世界ではそれを感じさせないことが大切です。

 

言うのは簡単ですがきっと難しいのでしょうね。

 

 

ボーカルレベルテスト

 

使用楽曲はTWICEのLIKEY-Japanese ver.-です。

 

歌う前に「カラオケで友達と遊ぶように歌ってみましょう」とアドバイスを受けたユナ。

 

歌い出しはスムーズに入り、自信を持ってスタートしたように見えました。

 

パク・ジニョンもいつも通り、相手を委縮させないように笑顔で見つめています。

 

しかし、じわじわとプレッシャーを感じ始めたのか手が震え始めます。

 

自作のラップで勝負をしかけますが、その後も手汗ですべるのかマイクを持ち変えるなど不安な要素が見え隠れしています。

 

 

中断... パク・ジニョンの評価は

 

苦しそうなユナを見て、パク・ジニョンは途中で歌を止めます。

 

歌がすごく上手なのに

実力が出せていなかったようです

 

その理由はひとつしかありません

あまりにも緊張しすぎたから

 

パク・ジニョンは何度も何度も「もう十分上手いから心をラクに」と繰り返します。

 

ですが緊張に関してはどうしようもないですよね。

 

緊張するタイプの人ならわかると思いますが、「緊張しちゃだめだ」と思う事でさらに緊張する悪循環に陥ります。

 

ユナはこれまでもできるのに緊張で実力を発揮できていないため、次こそは緊張せずにという思いが強いようです。

 

この緊張をほぐす方法があるのなら私も知りたいです。

 

 

東京合宿を終えて

 

4泊5日の東京合宿では最終的に4つのキューブを全て揃え、総合順位6位でデビューの切符を手にしました。

 

SHOWCASEではその時点で獲得キューブ数が1つ少なかったニナがリーダーを担当していました。

 

全てのキューブを揃えたメンバーにしてはややスポットの当たる機会が少ない気がします。

 

デビューが確定したことでこれまでネックだった「切実さ」は解決しました。

 

しかも次は母国である韓国での合宿です。

※ユナは韓国籍ですが日韓ハーフです

 

のびのびとパフォーマンスをすれば今よりさらに輝けそうですね。

 

 

東京合宿の様子を見る方法

 

虹プロは地方予選の合格者を集めて東京合宿・韓国合宿でさらにふるいにかけられています。

 

韓国合宿は2020年4月から日テレ系列で放送されますが、その前の東京合宿の様子は地上波での放送予定はありません

 

Huluで独占配信されています。

 

地方予選最終オーディションの様子も配信されているので、推しメンバーの初期の頃を知りたい方はHuluに加入しましょう。

 

Huluは現在新規加入時に2週間の無料期間が存在します。

 

今すぐHuluで虹プロの東京合宿の様子を見る!

 

当記事は2020年3月時点のものです。

 

詳細はhuluの公式サイトをご覧ください。

 

最後に

 

虹プロのリマはJYP練習生です。

 

2年8か月で、虹プロメンバーの中で最も長い期間練習しています。

 

2年7か月の山口真子が圧倒的な成果を見せて1位を独走していることもプレッシャーの一因かもしれませんね。

 

 

緊張をほぐすのはとても難しいです。

 

緊張しないようにしようと努力することそのものが緊張感を増幅させます。

 

気楽に歌ったり踊ったりするのは難しいですが、せめて表面上がそう見えないようになるといいですね。

 

 

 

-虹プロジェクト
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.