虹プロジェクト

虹プロ 横井里茉(よこいりま)の父親、天才ラッパーは誰?優れた才能に追い込まれている??

更新日:

 

虹プロジェクトの横井里茉は東京合宿開始前から特別視されているメンバーです。

 

理由の一つは父親の存在です。

 

ですが、本人はそのことがプレッシャーとなり悲痛なまでに自分を追い込んでいたようですね。

 

東京での地方予選最終オーディション時の様子などを紹介しますのでご覧ください。

 

 

 

横井里茉(よこいりま)プロフィールと経歴

 

横井里茉は東京での地方予選最終オーディション時、15歳の高校1年生でした。

 

JYP練習生7か月目です。

 

中学生のときにインターナショナルスクールに通っており英語もペラペラです。

 

 

話が長い

 

「簡単に自己紹介してください」と言われ、かなりの長い自己紹介をした横井里茉。

 

パク・ジニョンから「自己紹介を覚えてきましたか?」と聞かれたあともやたらと長台詞で説明をしています。

 

日本のアイドルでたまにこのタイプがMCにつっこまれている姿を見かけますね。

 

 

流暢な韓国語と英語

 

最終オーディション時、パク・ジニョンから韓国語で話してみてと言われて披露した韓国語はかなり流暢でした。

 

私は韓国語をほとんど理解できませんが、ワードとワードの間で詰まることなくスラスラとしゃべっているのでとても流暢に見えます。

 

パク・ジニョンも大絶賛していました。

 

どうやらJYPスクールでは韓国語の授業があるようですね。

 

同じJYP練習生の鈴野未光も14歳ながらペラペラでした。

 

この二人はまだJYPで7か月しかトレーニングしていなかったはずです。

 

韓国語の先生の指導が相当上手なのか、二人がかなり努力をしているのでしょう。

 

 

横井里茉はさらに英語もペラペラです。

 

韓国語よりさらに英語のほうが流暢に喋ることができます。

 

2年生の頃からインターナショナルスクールで学んでいたようです。

 

なんとライティングに限れば日本語よりも得意とのことです。

 

 

あのレジェンドの娘

 

横井里茉の父は、あのZeebraです。

 

母親はモデルの中林美和です。

 

Zeebraは言わずと知れたヒップホップ界のレジェンドです。

 

 

ダンス動画と自作ラップ

 

こちらは東京での地方予選最終オーディション時の動画です。

 

引用:YouTube Nizi Project Updates

 

ダンスではmissAの「Bad Girl Good Girl」を使用しています。

 

歌の審査で使用したのはWonder Girlsの「Irony」という曲です。

 

自作のラップを入れています。

 

 

パク・ジニョンの評価

 

お父さんが本当に日本で尊敬されている優れた歌手で

お母さんも素晴らしいモデルですよね

 

なのですごく多くの才能に恵まれています

 

ラップをするときや踊るとき

基本的にリズム感がすごく良くて

 

それに演技力まで

感情表現の能力まで持っていて

少し驚くレベルです

 

しかし...

普通それくらい恵まれている人は

自分が恵まれていることを分かっているので

本当は楽なはずなんですよ

 

でも今、横井さんは

何かを証明しなければならない人のようです

 

そのエネルギーがどこから出てくるのか知りたいです

 

優れた才能を持っているのに

なぜ不安そうに見えるのでしょうか

 

これに対し横井里茉は

私はお父さんやお母さんが芸能人だけれども

だからと言って私がすごいというわけでもないですし

 

私は自分の力で

私ができることを見せたくて

いろんな人に負けず

頑張っていきたいと思っていました

と答えています。

 

おそらく「親の七光り」と呼ばれるのではないかという恐怖と戦ってきたのでしょう。

 

人と同じだけできても、「Zeebraの娘ならできて当然」と言われたでしょうし、評価されたときには「Zeebraに忖度している」という心ない言葉をかけられたこともあるのかもしれません。

 

そのプレッシャーが不安そうに見える原因なのではないでしょうか。

 

不安そうな横井里茉に、パク・ジニョンは

あなたは才能であふれる子だよ

 

君はただ自分自身を見せてくれたらいい

リラックスして肩の力を抜いて欲しい

 

音楽にもっと身を任せられるように

すごく上手にやろうと思わずに

 

横井さんは肩の力を抜いても十分

君はすでに特別な子です

 

おめでとうございます、合格です

と語っています。

 

 

老婆心

 

個人的に老婆心で言うのですが、横井里茉はデビュー前に(できればこうして公になる前に)芸名にすべきだったと思います。

 

横井里茉はヨコイリマと読みます。

 

今後アンチや別のメンバーのファンから、「横入り魔」と呼ばれてしまう可能性があります。

 

父親の存在を考えると、「父に忖度した」「親の七光り」などのヤジは避けようがありません。

 

アンチにとって横井里茉自身の能力かどうかという真実は無関係です。

 

デビュー前でここまでプレッシャーに苦しんでいたのなら、アンチの材料になりかねない不安要素は排除したほうがいいように思います。

 

ただ、親から名づけられた名前を大切にしたいという思いがあるのかもしれません。

 

であれば、アンチのヤジに負けずこの名前で頑張ってほしいとも思います。

 

 

東京合宿を終えて

 

4泊5日の東京合宿では最終総合順位は4位でした。

 

同じJYP練習生仲間のマコ・ミイヒと比べると少し順位は下がりますが、最終日のSHOWCASEではわずか1時間で英語歌詞のラップを自作するなど独自の才能を開花させつつあります。

 

 

東京合宿の様子を見る方法

 

虹プロは地方予選の合格者を集めて東京合宿・韓国合宿でさらにふるいにかけられています。

 

韓国合宿は2020年4月から日テレ系列で放送されますが、その前の東京合宿の様子は地上波での放送予定はありません

 

Huluで独占配信されています。

 

地方予選最終オーディションの様子も配信されているので、推しメンバーの初期の頃を知りたい方はHuluに加入しましょう。

 

Huluは現在新規加入時に2週間の無料期間が存在します。

 

今すぐHuluで虹プロの東京合宿の様子を見る!

 

 

最後に

 

虹プロの横井里茉はヒップホップ界のキング・Zeebraの娘です。

 

大天才の娘ということでかなりのプレッシャーを感じているようですが、パク・ジニョンは「横井さん自身が特別な子だ」ととても高い評価をしています。

 

優れた才能や恵まれた環境を逆にプレッシャーに感じ自分を追い込み続けてきた横井里茉が今後どのように輝いていくのか楽しみですね。

 

 

 

-虹プロジェクト
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.