虹プロジェクト

虹プロ 東京合宿スター性評価テスト 前半 一発芸大会?デビューしたら黒歴史になりそう

投稿日:

 

虹プロの東京合宿3日目はスター性評価です。

 

それぞれ「自分が特別であること」に関するパフォーマンスを披露しています。

 

一発芸大会のようなことになっています。

 

「アイドルが初期に目立とうとしてやっちゃってる様子」ばかりです。

 

おそらくデビュー後に人気が出たら封印する人が増えるでしょう。

 

そういう意味では「お宝映像」かもしれません。

 

 

 

スター性評価の基準

 

3つめのキューブであるレッドキューブはスター性を評価します。

 

特別な何かに恵まれているか?

ではなく、

自分の何が特別かを理解すること

です。

 

合格の基準は

パフォーマンスをする前より、その人をもっと好きになれること

としています。

 

 

もともと特別なOnly one

 

あのSMAPの有名な曲「世界に一つだけの花」にもあるように、パク・ジニョンも「人は全員がもともと特別な存在である」と考えています。

 

審査の途中で次のように語りました。

 

このオーディションで仮に最下位になっても

それはあなたが特別でないということではありません

 

このオーディションはある特定の目的に合わせて

そこに合う人を探しているだけで

皆さんが特別であるかないかとは関係ありません

 

1人1人が特別でなかったら

生まれてこなかったはずです

 

オーディションである以上、競い合い順位をつけ、デビューできない人が出てきます。

 

ですがそれは落選した人を全否定しているのではなく、あくまで「特定の目的」に沿った場合にはあわなかっただけということです。

 

この考え方は大事にしたいですよね。

 

 

日本では学校でも会社でも、そこが特定の目的のための集まりであることを忘れて、そこでの優劣を人間としての優劣だと勘違いしがちです。

 

生徒や社員だけでなく、指導者や上司などまでが勘違いしているように感じます。

 

怒鳴ったり人格を否定するような言葉を使うのは指導ではありませんよね。

 

韓国の社会がどうなっているかはわかりませんが、少なくともパク・ジニョンは人格を否定する表現を使っておらず、ネガティブな表現をする際にもできるだけ声を荒げず冷静に話そうと努力しているように感じました。

 

 

第7話 スター性評価テスト前編

 

Huluで配信されているスター性評価テスト前編での審査メンバーとパフォーマンスを紹介していきます。

 

 

エリナ

 

実はダンスとボーカルで散々な結果となっているエリナ。

 

今回は1番目に挑戦しました。

 

行ったパフォーマンスはチアリーディングです。

 

使用楽曲はTWICEのOne More Timeです。

 

チアリーディングは小学校4年生から中学校3年生までやっていたそうで、参加者やパク・ジニョンを巻き込んで楽しそうに踊っていました。

 

 

アヤカ

 

とにかく外見を褒められることが多いアヤカ。

 

「テニス講座」で一発芸を披露しました。

 

テニス講座と言っておきながら実際にはラケットを使った一発芸です。

 

最終的にテニスラケットを放り出してダンスをしています。

 

王道なボケですが個人的には好きです。

 

パク・ジニョンは

もし今後アヤカさんが有名になったら

今の映像がファンたちの間で有名になると思います

と語りました。

 

黒歴史的な意味で弄られ続けそうです。

 

 

その場でGET!しかし…?

 

レッドキューブをその場で獲得したアヤカ。

 

ですが、ちょっと答えにくい質問をされています。

 

それは…

“こうしたら私が可愛く見えるだろう”

それわかっていてやったのか、知らずにやったのかが

とても気になります

 

これに対する正解は何なんでしょうね(笑)

 

ちなみにアヤカは

どうすればいいのかわからなくて

こんな形になっちゃいました

と答えています。

 

過度になるとぶりっこキャラや不思議ちゃんと捉えられてしまうので気を付けたいですね。

 

 

キョウカ

 

「CHEER UP トッポギ」と名付けた、ダンスをしながら料理するパフォーマンスを披露しました。

 

トッポギは甘辛いタレで棒状の餅を煮込む料理です。

 

キョウカはこれまでダンス・ボーカルともにキューブを獲得できていません。

 

 

リク

 

空手、少年段の最上級である三段を持っています。

 

審査では2PMのAgain&Againという曲に合わせて型を披露しました。

 

普段のニコニコした可愛らしい笑顔と演武中のキリっとした表情のギャップは人気が出そうです。

 

 

その場でゲット!

 

レッドキューブゲットです。

 

(放送順では)リクが3つのキューブを最初に獲得しています。

 

あと一歩ですね。

 

 

マコ

 

ダンス・ボーカルでともに1位を獲得し独走状態のマコ。

 

今回は「レモンを無表情で食べる」と「習字」を披露しました。

 

普段から心を落ち着かせたいときに字を書いていたそうですが、習字そのものは習っていたわけではないとのことです。

 

レモンは「酸っぱいのを我慢する」のではなく「甘くておいしい」と語っています。

 

テレ朝のアナウンサー・斎藤ちはる(元乃木坂46)も過去に同じ特技を披露していました。

 

無表情で淡々と食べる姿はかなりシュールです。

 

続く習字では「点滴穿石」という四字熟語を披露しました。

 

 

マヤ

 

披露したのは紙芝居「みにくいアヒルの子」です。

 

絵が得意ということで紙芝居の絵を自作して読み上げています。

 

伝えたい想いが乗った上手な絵でした。

 

みにくいアヒルの子のように辛かったことはありますか?

という問いにマヤは突然泣き出しています。

 

マヤを一番かわいがってくれた祖父が昨年亡くなったことを思い出したそうです。

 

 

その場でゲット!

 

ダンス・ボーカルテストでともにキューブを獲得しているマヤ。

 

さらにこの審査でもその場でキューブを獲得しました。

 

残るキューブはあと1個です。

 

天国のおじいちゃんにデビューして白鳥になる姿を見せることができるのでしょうか。

 

 

東京合宿の様子を見る方法

 

虹プロは地方予選の合格者を集めて東京合宿・韓国合宿でさらにふるいにかけられています。

 

韓国合宿は2020年4月から日テレ系列で放送されますが、その前の東京合宿の様子は地上波での放送予定はありません

 

Huluで独占配信されています。

 

地方予選最終オーディションの様子も配信されているので、推しメンバーの初期の頃を知りたい方はHuluに加入しましょう。

 

Huluは現在新規加入時に2週間の無料期間が存在します。

 

今すぐHuluで虹プロの東京合宿の様子を見る!

 

 

最後に

 

虹プロの東京合宿・スター性評価テスト前編のパフォーマンスを紹介しました。

 

現時点でレッドキューブを獲得したのはアヤカ、リク、マヤの3人です。

 

予告では「追加は4人」と発表されていますが、これまでの放送の流れを考えると第8話でも何人かの審査の様子が紹介されるはずです。

 

そこでも直接ゲットするメンバーが出てくるでしょうし、合計7人だけということにはならないでしょう。

 

ダンス・ボーカルの両方を獲得しているのは現在11人です。

 

連続ゲットできるメンバーは何人くらいになるのでしょうか。

 

 

余談ですが、個人的に推しているスズ(尾崎すず)は第7話でNiziペンダントにモザイクがかけられていました。

 

これはすでに3つめを獲得しているものの映像ではカットされているので見せられなかったのかもしれません。

 

スズはダンステストもボーカルテストも登場していないですが、実は両方とも5位というなかなかの成績です。

 

デビューできるといいですね。

 

 

 

-虹プロジェクト

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.