虹プロジェクト

虹プロ 東京合宿スター性テスト後半 パフォーマンス内容とキューブ獲得者

投稿日:

 

日韓共同のガールズユニット育成プロジェクトの虹プロ・東京合宿でのスター性テストの後半の様子を紹介します。

 

前半に放送されたメンバーについてはこちらの記事をご覧ください。

 

虹プロ 東京合宿スター性評価テスト 前半 一発芸大会?デビューしたら黒歴史になりそう

 

 

 

審査基準

 

「人は誰もが最初から特別な存在である」というパク・ジニョンの信念のもと、それぞれの参加者が「自分の特別なものは何か」を表現するテストです。

 

合格の基準は

パフォーマンスをする前より、その人をもっと好きになれること

としています。

 

 

第8話 スター性評価テスト後編

 

後半の審査でのメンバーとパフォーマンス内容を紹介していきます。

 

 

リマ

 

ドラム演奏に挑戦しました。

 

専門的に学んだわけではなく、独学で練習してきたようです。

 

TwiceのOne More Timeを披露しました。

 

専門的に習わず趣味でやっているから

(プロとして)ドラムを演奏する人ほど上手くはなかったです

 

テクニックはまだ未熟だと思います

としながらも

でも映画の主人公みたいでした

と、技術的な評価ではなくパフォーマンスとして評価しています。

 

ダンス・ボーカルでもキューブは獲得していますが、最終順位発表時にゲットしていました。

 

今回は初めてその場での獲得です。

 

 

ヒナ

 

これまでの審査は散々な結果でした。

 

動作がダンスに見えません

 

話をしているように歌っていないし

最初から最後まで強く歌い過ぎている

 

なかなか評価は上がらず、ダンスは22位、ボーカルは15位という結果でした。

 

起死回生を誓って挑んだスター性審査は「一人芝居」です。

 

タイトルは「ヒナの虹色七変化」です。

 

GOT7の「A」という曲にあわせて7人の女の子を演じました。

 

コントなのがお芝居なのか判断に困りますが、明るく楽しそうにしていたのが印象的でした。

 

 

ミイヒ

 

同じJYP練習生のマコを猛追するミイヒ。

 

スター性テストではパク・ジニョンから呼ばれているのに練習に没頭しすぎて聞き逃すという大失態をしています。

 

パフォーマンスはバトン演技です。

 

小学校の頃に部活で3年程やっていたとのことです。

 

これまでのダンステストのときと違い、完全オリジナルの振り付けということでかなり緊張していたようです。

 

使用楽曲はTWICEのTT-Japanese ver.-です。

 

パク・ジニョンは「漫画を見ているようでした」と表現しています。

 

ミイヒのすこし幼く見える(実際に15歳なので年相応ですが)外見にあったかわいらしいバトン演技でした。

 

「ミイヒの魅力を完璧に表現したパフォーマンスです」という高評価でその場でキューブ獲得となりました。

 

ミイヒも3連続キューブゲットです。

 

個人的には、かわいい演技ではありましたがもうちょっと派手な演技があるのかと期待してしまいました。

 

 

ミウ

 

自己紹介で「食べることが好き」と語っていたミウはスター性テストでなんと食事をするという暴挙(?)に出ました。

 

どうやら韓国で人気の먹방(モッバン)というパフォーマンスだそうです。

 

意味は「美味しく食べる動画」とのこと。

 

今回はマスカット?を大量のホイップクリームとともに食べています。

 

パフェなどならありえなくはない組み合わせですね。

 

個人的には生クリームが苦手なのでちょっと見ていられませんでした。

 

パク・ジニョンの評価もほとんどなく即座に「お疲れ様でした」と審査が終わってしまいました。

 

ミウもあまりの早さに驚いたのか「あぁ…すみません」と呟いています。

 

なお、このパフォーマンスは昼休憩直前だったようで、休憩時にはメンバーたちが生クリームマスカットを大喜びで食べていました。

 

美味しいそうです。

 

 

スズ

 

一瞬しか映っていませんがスズはセーラームーンのモノマネをしていました。

 

コスプレしたわけでもなく練習着のような恰好に見えましたが何をしていたのか気になります。

 

ちなみにスズはその場でキューブを獲得しています。

 

 

ユナ

 

同じくほぼカットされたユナもその場でキューブをゲットしました。

 

バスケのユニフォームらしき服装で片手で側転していました。

 

ユナも3連続ゲットです。

 

 

ニナ

 

BGM・オープニング曲を作曲、さらに台本まで作成してのラジオDJに挑戦しています。

 

FMラジオらしく、ところどころ流暢な英語が混じりながらの台本です。

 

緊張のためか何度か噛んでいますが滑舌がよく聞き取りやすかったです。

 

普段のニナを見ていると忘れてしまいますが、現在まだ14歳で2年前に日本に来たばかりです。

 

しかも2年前は友達と意思疎通ができないレベルの日本語力でした。

 

BGMなどの作曲は今回が初めてで、パソコンのアプリケーションの使い方すら満足にわからないところからのスタートだったようです。

 

日本語力もそうですが、習得スピードが異常ですね。

 

パク・ジニョンも「プロではないので粗っぽさはあったけど」と前置きしながらも「オープニング曲をオープニングらしく、BGMをBGMらしくここまで作れたのは素晴らしい」と高評価です。

 

当然、その場でキューブを獲得しました。

 

ダンステストではどうなるかと思いましたが、合宿前に「エース候補」と呼ばれていた能力が開花しはじめていますね。

 

もしこれでデビューできなかったらダンスを練習しなかったことを死ぬほど後悔しそうですね。

 

 

アカリ

 

地方予選から東京合宿の間、1か月間入院していたアカリ。

 

全ての項目で練習が満足にできておらず、特に心配していたのはスター性テストでした。

 

テストでは小さい頃からやっていたチアリーディングを披露しました。

 

使用楽曲はTWICEのFANCY-Japanese ver.-です。

 

その場でのキューブゲットとはなりませんでしたが、明るいエネルギーが溢れるパフォーマンスでした。

 

 

テスト終了

 

アカリの演技でスター性テストは全員終了しました。

 

キューブの数によってメンバーの表情が大きく異なるのが印象的でした。

 

トップを独走しているマコも今回は珍しくその場でゲットできておらず、少し不安そうな表情をしています。

※マコはレモンを食べて習字をしました

 

 

スター性キューブ獲得者

 

後半の審査でその場で獲得したメンバーは5人です。

 

リマ、ミイヒ、スズ、ユナ、ニナです。

 

前半で獲得しているのはアヤカ、リク、マヤの3人です。

 

最終順位で追加獲得できるのは4人です。

 

 

東京合宿の様子を見る方法

 

虹プロは地方予選の合格者を集めて東京合宿・韓国合宿でさらにふるいにかけられています。

 

韓国合宿は2020年4月から日テレ系列で放送されますが、その前の東京合宿の様子は地上波での放送予定はありません

 

Huluで独占配信されています。

 

地方予選最終オーディションの様子も配信されているので、推しメンバーの初期の頃を知りたい方はHuluに加入しましょう。

 

Huluは現在新規加入時に2週間の無料期間が存在します。

 

今すぐHuluで虹プロの東京合宿の様子を見る!

 

 

最後に

 

虹プロ東京合宿の3つめの審査であるスター性テストの後編のパフォーマンスを紹介しました。

 

個人的に推しているスズはなんだかんだで3連続でキューブを獲得しましたが、これまでちゃんと審査の様子が紹介されたことがありません。

 

4つ揃う可能性が高いので韓国合宿編でも見ることはできるでしょうが、今のまだ原石の状態のスズをもっとよく見たいです。

 

Huluは放送尺を考える必要はないでしょうし、キューブを獲得できていないメンバーも含めて全員のパフォーマンスが見たいですよね。

 

 

 

-虹プロジェクト
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.