未満警察 ミッドナイトランナー

未満警察 第6話・逆襲編 サブタイも脚本もツッコミどころ満載!弟くんがバカすぎて…

投稿日:

 

日テレ「未満警察 ミッドナイトランナー」は第6話から「逆襲編」だそうです。

 

主人公のジロ・カイはこれまで特に誰かから攻められていたわけではないので「何から逆襲するんだろう」と多くの視聴者が疑問に感じていいました。

 

いざ放送されてみたら、主人公ではなくゲストたちの逆襲編でした。

 

「おまえらなんかい!」とツッコミをしている視聴者も多いですよね。

 

第6話は内容もかなりツッコミどころ満載でした。

 

特に立てこもり犯の弟くんがバカすぎて、これまで事件を起こさずに生きてこれたのが不思議なレベルでしたね。

 

 

 

冤罪を晴らすために犯罪をする被害者家族

 

今回のストーリーは父の無実を晴らすために行動する娘と息子のお話です。

 

そこまでは「いい話かな?」と思わせる設定ですが、警察学校に乗り込んで硫酸を仕込んだ水鉄砲で武装して立てこもりを始めます。

 

姉と弟の二人による犯行ですが、特に弟くんが感情に任せて行動するタイプのようで、次々と状況を悪化させていきました。

 

まるでコメディでしたね。

 

 

弟くん「なんでこんなことになってんだよぉ」

 

及川蘭子助教を硫酸水鉄砲で脅し、助けに入ったジロを殴り、カイもふくめ三人をガムテープで拘束。

 

さらにジロ・カイを探しに来た同期に向けて硫酸水鉄砲を向けて脅したことで立てこもっていることが発覚し狙撃犯を含む武装をした特殊機動隊に包囲されます。

 

この包囲されるまでが急展開すぎて、弟くんだけでなく我々視聴者も「なんでこんなことになってんだ」と呆気にとられました。

 

 

姉も冷静に見えて混乱していた?

 

弟くんと比べて冷静で、警察からの電話にもまともな受け答えをしているように見えたお姉ちゃん。

 

しかし「1時間以内にスコップ男を逮捕して」ととんでもない要求をします。

 

さらに「1時間ごとに人質を1人ずつ殺す」とも。

 

誰かわかっていない犯人を1時間で見つけられるわけがありません。

 

冷静に見えてかなり混乱していたようですね。

 

 

弟くんのてんぱり具合はピークへ

 

ジロ・カイが姉弟の気持ちを理解し、父の冤罪を晴らす協力を申し出た後、水の差し入れのためにやってきたジロ・カイの同期が拳銃を持ち込んだ上、及川蘭子助教の足を撃ちました。

 

このことでてんぱった弟君は、拳銃を弾き飛ばし無力化したにもかかわらず硫酸砲を発射してしまいます。

 

 

冤罪を晴らすために犯罪者へ

 

実際に危害を加えたことでさらに罪を重ねてしまいました。

 

仮に父親の冤罪が晴れたとしても誰も喜べないでしょう。

 

父親は病気で余命宣告を受けています。

 

もし弟くんに執行猶予がつかなければ、父親との最期の別れができなくなる可能性すらあります。

 

 

最後に

 

日テレ「未満警察 ミッドナイトランナー」第6話のゲスト姉弟の行動があまりにもてんぱりすぎていてもはや喜劇でしたね。

 

今回からの「逆襲編」は本当にこの姉弟を中心に話が進んで行くのでしょうか。

 

及川蘭子助教や片野坂教授たちが何か隠していたり、警察上層部が隠ぺい工作をしているようです。

 

ということは及川蘭子助教・片野坂教授にとっても逆襲編と言えるかもしれません。

 

ジロ・カイはそれに乗っかるだけなのでしょうか。

 

本人たちの逆襲でないのなら「逆襲編」というサブタイトルはちょっとモヤっとしますね。

 

 

 

-未満警察 ミッドナイトランナー

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.