マンガワンCM 替え歌がヒドイ!歌っているのは誰?元ネタの曲のタイトルは?

   

 

マンガワンのCMが放送されています。

 

雑すぎる替え歌が賛否両論別れていますね。

 

個人的にはかなり聞き取り難いので

イケメンボイスでもちょっとイラっと

します。

 

歌っているのは誰でしょうか。

 

調べましたのでご覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

1週間マンガ漬け生活

 

各曜日にそれぞれマンガを読んでいく

歌詞となっています。

 

最近は毎日何かしらの漫画が公開されて

おり退屈しませんね。

 

なおマンガワン内では毎日8話以上が無料で

読めるそうです。

 

マンガワン限定のオリジナル作品も多数

あるのがうれしいですね。

 

ただしアプリにやや不具合が多いとの

口コミもあります。

 

隙間時間にちょこっと見ようと思って

起動したら表示されないとなると

テンションが下がりますね。

 

徐々に改善しているようなので今後に

期待しましょう。

 

引用:YouTube 【公式】マンガワン

 

 

歌っているのは誰?

スポンサーリンク

 

森久保祥太郎です。

 

声優です。

 

弱虫ペダルの巻島裕介役などで知られて

います。

 

声が若く担当キャラクターも10代20代の

少年・青年が多いですよね。

 

まあ、日本のアニメのほとんどが10代の

少年少女をメインとしているので当然の

結果とも言えますが・・・

 

 

プロフィール

 

名前:森久保祥太郎(もりくぼしょうたろう)

 

出身地:東京都八王子市

 

生年月日:1974年2月25日(44歳)

 

血液型:B型

 

身長:165cm

 

事務所:アドナインス(代表取締役)

 

 

替え歌 元ネタは何?

スポンサーリンク

 

元ネタは「月曜日は市場へ出かけ~」の

歌いだしで有名な「一週間」という曲です。

オリジナルはロシア民謡で19世紀頃から

歌われている作詞・作曲者不詳の曲です。

 

日本で一番有名な上記の歌いだしの歌詞は

ロシア語に忠実なものとなっている

ようです。

 

楽団カチューシャが翻訳しボニージャックスが

歌っています。

 

13曲目に収録されています。

 

 

意味不明な歌詞?

 

この曲は非常に有名にもかかわらず

意味がわからないとツッコミを受ける

ことが多いですよね。

 

それもそのはず、歌詞は原曲に忠実でも

日本とロシアの文化の違いを理解して

いないのでわからないのです。

 

この曲は19世紀に作られたとされており

当時のロシアは今以上に男性上位な社会

でした。

 

女性は毎日退屈な日々を過ごしており、

意中の男性に早くつまらない日々から

連れ出して欲しいと願っていました。

 

この曲でもそんな日々を送る女性の

心情が歌われています。

 

ちなみに歌詞の中のお風呂は「バーニャ」

のことを指しています。

 

バーニャは英語でバス、日本語で風呂と

訳されますが正確にはサウナです。

 

ロシアの家庭では自宅にサウナがある

ところが多く、寒い冬はよくサウナに

入るようです。

 

アパートなどにはついていないので

最近ではバーニャ屋さんも多くなって

います。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

マンガワンのCMで替え歌を歌って

いるのは声優の森久保祥太郎でした。

 

替え歌の元ネタはロシア民謡「一週間」

です。

 

日本語歌詞で昭和の頃から歌われて

おりCMソングとしてもよく使われて

いるので聞いたことがある方も多い

ですよね。

 

ロシア民謡は曲調が愉快なものが多く

楽しい気分になりますね。

 

歌詞をよく聞くと曲調と違い悲しい思いや

寂しい思いが綴られていることも多い

ですが・・・

 

 

 

アプリ作りました

 - CM