乃木坂46 星野みなみ 演技力皆無?苦手で下手だけどかわいい!あざとさでカバー!?

   

 

乃木坂イチのあざといキャラクターと

言えばまっちゅんこと松村沙友理である

ことに異論がある方は少ないでしょう。

 

ですが星野みなみもなかなかあざとい

ですよね。

 

二人とも嫌味のないかわいらしさが

あるのであざとい演技にファンは

ニヤニヤが止まりません。

 

そんな星野みなみですが、実は演技は

苦手なようです。

 

乃木坂工事中やドラマ出演などでの

演技について紹介しますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

星野みなみの演技経験

 

実は地上波で主人公を演じた経験があります。

 

テレビ朝日の「少女のみる夢」です。

 

2016年に放送された単発ドラマです。

 

そのほか、後述しますが齋藤飛鳥主演の

「ザンビ」にも登場しています。

 

 

乃木坂工事中での演技

スポンサーリンク

 

2019年3月3日・10日に高山一実の小説

「トラペジウム」のヒット記念として

ドラマ化対策の演技力テストをした際には

ナレーションに対する即興のアドリブ演技

という難しい演技を披露しました。

 

私も過去に同じことをやったことが

ありますがこれは演技力以上に判断力と

想像力が必要なとても難しい芸(?)です。

 

 

先輩への告白

 

先輩へ告白するためにラブレターを

書いたり電話で告白しようとしたりと

悩む後輩の女の子という設定でした。

 

序盤からあざとさがピークです。

 

かなりのオーバージェスチャーで

ニコニコしながら手紙を書くしぐさを

したり、何かを思いついたときは手のひらを

グーで叩いたり。

 

私はこれを見ていてジブリアニメのモノマネを

する芸人を思い出しました(笑)

 

常時満面の笑みなので見ている側も

幸せな気分になりますね。

 

途中から演技というよりボディランゲージ

になりかかっていましたがかわいかったので

OKです。

 

最後の「テヘッ」が最高でした。

 

 

登場時に「苦手です」と言っていましたが

なかなかの好演でした。

 

あざとさを限界まで出した後輩ちゃんの

役がばっちりハマっています。

 

 

ザンビ

スポンサーリンク

 

星野みなみは日テレで放送されている

ザンビに出演しています。

 

ザンビでは乃木坂工事中と違い、あざとい

演技は封印しておりミステリアスな

雰囲気を持っています。

 

早い段階でザンビ(ゾンビ)になった

ために後半は人間の演技ではありませんが

バラエティ担当の「ツインテールの

ヤバい奴」さんとは違いちゃんと見れる

演技でした。

 

ちなみにドラマ版「ザンビ」はHuluで

配信中です。

 

2週間無料のトライアル中なので興味が

ある方はご覧ください。

 

なお、ザンビにはHulu限定でコメンタリーが

ついており、星野みなみが登場するのは

第5話と第7話のコメンタリーです。

 

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

乃木坂46の星野みなみの演技について

紹介しました。

 

乃木坂工事中のかわいらしい演技は

よかったですよね。

 

一般的なドラマでは使いにくい演技

ですが乃木坂46ファンからの需要は

高そうです。

 

ドラマ「ザンビ」にも登場しています。

 

こちらはあざとくなく、不思議な印象の

少女でした。

 

その不思議な行動の理由が語られる前に

ザンビ化してしまったのでなぜあんな

キャラクターだったのかは不明です。

 

 

 

 - 乃木坂46 ,