ディア・ペイシェント

ディア・ペイシェント 先輩女医 浜口陽子役の女優は誰?医療訴訟に苦しんでいて…

投稿日:

 

NHKドラマ「ディア・ペイシェント」に登場する先輩女医の浜口陽子を演じる女優は誰でしょうか。

 

浜口陽子は明るくていつも元気で、モンスター患者にもめげたりせずにしっかり自分を持った素晴らしい女医です。

 

すくなくとも表面上は、そう見えます。

 

 

 

浜口陽子役の女優は誰?

 

内田有紀です。

 

若い頃はアイドルとして絶大な人気がありましたが、40歳を越えた今もとても美しい女性ですよね。

 

演技力も高く評価され、女優として高い評価を受けています。

 

2019年の「わたし、定時で帰ります。」では定時で帰りたい東山結衣をバックアップする頼れる先輩を演じました。

 

今回もモンスター患者に悩まされる真野千晶の頼れる先輩役です。

 

 

プロフィール

 

名前:内田有紀(うちだゆき)

 

生年月日:1975年11月16日(44歳)

 

出身地:東京都中央区日本橋

 

身長:165cm

 

血液型:O型

 

事務所:バーニングプロダクション

 

 

過去作

 

「ひとつ屋根の下」は江口洋介と福山雅治の大ヒットドラマです。

 

平均視聴率28%超、最終回の視聴率は35.9%というとんでもない数字を叩きだしました。

 

 

「最後から二番目の恋」は40代と50代の恋愛コメディです。

 

小泉今日子と中井貴一が主演で、内田有紀は中井貴一が演じる長倉和平の娘役です。

 

 

「ナオミとカナコ」では一時代を築いたアイドルの広末涼子と内田有紀が共演した作品です。

 

 

これらの作品はフジテレビ系列で放送されたため、FODで一挙配信が行われています。

 

FODは新規加入時最大31日間の無料期間があります。

 

大ヒットした「月9」のドラマの多くが配信されているので興味がある方は加入してみてはいかがでしょうか。

 

今すぐFODで内田有紀の過去作品を見る!

 

 

浜口陽子とは

 

佐々井記念病院に勤めている女医で、主人公・真野千晶の先輩です。

 

二人は仲が良く忙しい中でも二人でお昼を共にすることも多く、千晶にとって頼れる先輩です。

 

 

原作をネタバレ

 

ここからは原作小説を基に記述しています。

 

ネタバレが含まれますのでお気を付けください。

 

 

浜口陽子の影

 

常に弱みを見せない明るい女医ですが、実は医療訴訟で悩まされています。

 

佐々井記念病院に来る前に勤務していた病院での医療事故によるもので、悪意があったものではなく「気を付けていても起こりうる事故」だったようです。

 

実際、裁判も浜口陽子側が有利とされていました。

 

しかし、相手側が地元で有力な人物であり、ある人物が就職先の斡旋を見返りに証言を翻したことで状況は一転します。

 

その結果敗訴が濃厚となり、1億円を超える賠償金を要求される見込みとなりました。

 

 

多くの人に慕われる先生

 

上記の結果を受け、浜口陽子は最悪の決断をしてしまいます。

 

最期の日、佐々井記念病院の医師だけでなく先生に診てもらっていたたくさんの患者が見送りにやってきます。

 

 

最後に

 

NHKドラマ「ディア・ペイシェント」に登場する浜口陽子を演じるのは内田有紀です。

 

明るくサバサバした先輩役を演じるのがうまいですよね。

 

ただ、その明るさの裏で医療訴訟の問題を抱えています。

 

そのことをほとんど周囲に話しておらず、最悪の結末を迎えてしまうことになります。

 

 

 

-ディア・ペイシェント
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.