ウーマンラッシュアワー干されること確実!?風刺ネタ問題でネタ番組から消えた!

   

 

2017年のTHE MANZAIで社会風刺ネタを

したことで大反響のウーマンラッシュアワー。

 

話題になったものの、年末年始に放送

されるネタ番組には呼ばれていないことが

発覚。

 

このまま干されてしまう可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

ウーマンラッシュアワーに何があった?

 

問題になっているのは、2017年のTHE MANZAI

で行った漫才です。

 

被災地復興問題、原発問題、沖縄の基地問題、

北朝鮮のミサイル問題といった時事ネタを

すべて盛り込み、さらにはワイドショーで

これらの問題を蔑ろにして議員の不祥事や

芸能人の不倫などばかりを放送している

ことにまで切り込みました。

 

数字が取れるからこんなものばかり放送

している

 

とTV局を敵に回す発言をしてしまった

ことが、製作側の逆鱗に触れてしまった

ようです。

 

 

あれからTV出演はインタビューのみ

スポンサーリンク

 

漫才を愛するウーマンラッシュアワーに

とって、現在の「THE MANZAIの反響について

インタビューを受ける」というTVの仕事は

望んだことではないでしょう。

 

伝えたいことは漫才にして伝えたにも

関わらず、その漫才をする機会が奪われ

インタビューでまじめに話さなくては

ならないのは、漫才の中で批判していた

「芸人がコメンテーター」と同じ立ち位置

ですよね。

 

そして、「漫才で政治ネタの賛否両論」

という話題もワイドショーにとっては

一過性のもの。

 

数字が取れなくなったら一切の興味を

失うでしょう。

 

結局漫才で言いたかったことは何一つ

伝わらないまま、「ネタ番組で使い難い

ウーマンラッシュアワー」というレッテル

だけが残ってしまうのでしょうか。

 

 

2018年正月のネタ番組で声がかからず

 

年末年始といえば、普段とは比べ物に

ならない数のネタ番組が放送されます。

 

しかし、ウーマンラッシュアワーは

THE MANZAIであれだけ話題になったにも

関わらず、声がかからないとのこと。

 

 

 

ネタが問題だったのか?それとも・・・

 

ネタが問題で干されたのではなく、すでに

収録も段取りも決まっているからでは?

 

というネットの書き込みが散見されます。

 

 

たしかに、収録番組は当然すでに撮り終えて

いるでしょうし、生放送もスケジュールは

確定し、リハーサルが行われている番組すら

あるかもしれません。

 

しかし、例年THE MANZAIやM-1で話題に

なったコンビは、「そのネタ」を年末年始の

番組でやっています

 

芸人そのものへの出演要望というより、

話題になった漫才やコントを望まれる

傾向があるようです。

 

ウーマンラッシュアワーも、過去には

バイトリーダーのネタが大きく話題に

なり、さまざまなネタ番組で演じて

いますよね。

 

今回の風刺ネタはバイトリーダーのネタ

よりも多くの反響があったにも関わらず

「ネタをやってくれ」ではなく「意見を

聞かせてくれ」というインタビューのみ

というのがツイートの本心のようです。

 

 

風刺ネタはやっていいことと悪いことがある!?

スポンサーリンク

 

これまでも多くの芸人たちが風刺ネタを

得意とし、人気になっていました。

 

しかし、なぜウーマンラッシュアワーだけ

ここまで言われているのでしょうか。

 

TV番組で行えるネタとして、やっていい

ことと悪いことというのはあるようです。

 

宮川大助の温かいアドバイス。

 

「触れたらあかんこと」があること事態

問題ではありますが、そこに踏み込んだ

以上、逆風が吹くのは当然ですよね。

 

バラエティ番組を制作する側は、

政治に強く主張したいことなどない

テレビ局に雇われているサラリーマン

しかいないわけで、上からNGを出され

てまで危険なネタを使うコンビを出演

させることはないでしょう。

 

今後ネタ番組やバラエティ番組では

ウーマンラッシュアワーを見る機会は

激減するのは仕方がないかもしれませんね。

 

 

今後のウーマンラッシュアワー

 

ウーマンラッシュアワーのネタ作りを

している村本大輔は、年々言いたいことが

強くなってきているようです。

 

今回の政治風刺ネタで終わりではない

でしょう。

 

もっともっと言いたいことはあるで

しょうし、それらを漫才のネタとして

まだまだ発表していくはずです。

 

今回以上に踏み込むようなネタは、

今後は警戒され生放送でもできない

かもしれません。

 

テレビからは離れ、ラジオやライブで

活動していくのか、言いたいことを

抑えて「長いものに巻かれる」のか。

 

芸人人生の岐路に立たされていると

いえるでしょう。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

直接的な風刺ネタをしたことで、

ネタ番組から干されてしまった

ウーマンラッシュアワー。

 

今後、毒を抜いてヌルい芸人になるのか

テレビを捨てて今の路線を続けるのか。

 

 

個人的には、今のまま様々なタブーに

切り込んでほしいと思います。

 

たとえテレビから干されたとしても、

ラジオやライブでの活躍の場は

必ずあるはずです。

 

今後のウーマンラッシュアワーが

楽しみですね!

 

 

スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 消えた芸能人