歩きスマホ防止アプリが大失敗した理由とは?違法化はいつから?

   

 

歩きスマホ、迷惑ですよね。

 

特にイヤホンから音漏れさせながら

スマホでゲームをして歩いているような

人を見ると、早く日本でも罰金刑に

ならないかなと思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

歩きスマホに体当たりした男性

 

2017年7月19日、神戸の三ノ宮駅ホームで

歩きスマホの女性が男性に体当たりされ

頭の骨を折る大怪我をしました。

 

男性は、「女性がスマホを見ていて

前を見ていなかったからぶつかっただけ

と供述しています。

 

 

歩きスマホの衝突、誰が悪いのか

 

この事件では、男性が逮捕されています。

 

男性が正面から突撃した映像が、ホームの

監視カメラに映っていたことが決め手と

なったようです。

 

しかし、この衝突、男性だけが悪いので

しょうか。

 

わざわざ真正面から体当たりしている

男性に非があることは間違いありません

が、女性側には問題はなかったので

しょうか。

 

歩きスマホをしている人の言い分として

「前が全く見えていないわけではない」

というのをよく聞きます。

 

しかし、今回の女性は正面からまっすぐ

向かってくる男性の目つきを見れて

いなかったようです。

 

もし表情を確認できていれば、「この

男性は何かおかしい」ということが

理解でき、進路を譲る(逃げる)ことが

できたはずです。

 

 

「歩きスマホは迷惑なのでやめましょう」は無意味?

スポンサーリンク

 

「歩きスマホは迷惑なのでやめましょう」

という標語は意味がありません。

 

なぜなら、他人に迷惑がかかったとして

も、歩きスマホをしている本人には影響

がないからです。

 

歩きスマホをしている人は、なんらかの

事情があって他人に迷惑をかけてでも

スマホを覗いていなくてはならない理由

があります

 

ですので、彼ら・彼女らは「仕方がない」

という理由で歩きスマホをやめません。

 

 

新しい標語を考えてみた

 

他人に迷惑がかかっても仕方がないので

あれば、今までの標語は意味が薄いです。

 

ですので、本人に影響があるような

歩きスマホはあなたに大怪我を与える

恐れがあります

という標語はどうでしょうか。

 

そもそもどんな標語を掲げても、その

文字は歩きスマホをしている人の目に

入らないわけですが、他人ではなく

自分に悪影響が出るということを伝える

のは意味がありそうな気がしませんか。

 

 

歩きスマホ防止アプリ

スポンサーリンク

 

ポケモンGOは、電車や車などの高速で

動く乗り物に乗るとエラーが発生する

システムがありましたよね。

 

実は、あれと似たようなシステムで、

過去に「歩いている最中は画面が表示

されない」というアプリを作成した

会社がありました。

 

そのアプリはどうなったかというと、

現在配信を停止してしまっています。

 

 

なぜ流行らなかったのか

 

当たり前といえば当たり前なのですが

このアプリをインストールしようと

する人は、もともと歩きスマホ否定派の

人たちでした。

 

つまり、歩きスマホをしたい人がこの

アプリをインストールするメリットが

全くないんですね。

 

禁煙や禁酒と違い、やめたくても

やめられないわけではないため、自分の

スマホに制限をかける人は皆無だったの

です。

 

これが例えば法律や警察の指導などで

全てのスマホに強制プリインストール

(購入当初から入っている)アプリで

あれば効果は絶大なのでしょうが、

現在歩きスマホに罰則等はありませんし

スマホ業界も、歩きスマホユーザーに

売れなくなると収入が激減してしまう

ためにわざわざインストールして販売

することはありませんでした。

 

 

歩きスマホを防止するアプリは、技術的

にはすでに完成しています。

 

あとは、それを強制的にインストール

するルール作りさえあれば、歩きスマホ

は根絶できます。

 

 

歩きスマホ違法・罰則化へ?

スポンサーリンク

 

日本ではまだ法律が整っていませんが、

アメリカのハワイ州・ホノルルでは

2017年7月19日に法案が可決しています。

 

ただ、どこでも歩きスマホがNGなので

はなく、道路横断中に限るようです。

 

道路横断中に違法としなくてはならない

ということは、ハワイでも歩きスマホは

かなりの人がしているようですね。

 

ハワイといえば、日本人にとって最も

人気の観光地です。

 

実際にハワイでは非常に多くの日本人が

います。

 

ハワイへ行った際は、日本以上に

歩きスマホに気をつけてください。

 

 

歩きスマホの将来

 

日本でも、ハワイ同様に違法となる日は

来るのでしょうか。

 

過去には歩きスマホが原因で電車と

接触したり、ホームから転落したり

といった非常に危険な事故も発生して

います。

 

車の運転中のながらケータイが禁止

されたときと同様、歩きスマホが

日本でも違法となるのはそれほど

遠い未来ではないような気がします。

 

車の余所見ほど大きな事故にはなり

ませんが、普段の細かいアクシデント

を含めれば、相当数の被害があり、

多くの人の心が荒む原因となっています。

 

歩きスマホを根絶し、せめて歩道を

歩いているときくらいは不快な思いを

せずに過ごしたいですよね

 

 

最も凶悪な装備

 

歩きスマホをしている人は視野が

スマホに占有され前方への注意が

散漫になっています。

 

そのうえで、さらにイヤホンまで装備

している人を頻繁に見掛けます。

 

彼ら・彼女らは、視覚だけでなく、聴覚

まで失った状態で歩いていることに

なります。

 

なぜそれで自分は問題ないと思えて

いるのか不思議ですが、歩きスマホ+

イヤホンの人たちは我が物顔で街を

闊歩していますよね。

 

たまにすれ違っている人とぶつかると

舌打ちしている人までいて、驚きます。

 

歩きスマホの違法化も急いで欲しい

ですが、その際にはぜひ追加でイヤホン

同時装備に対する罰則も設けて欲しい

ところですね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

歩きスマホは、あなた自身がトラブルに

巻き込まれる恐れがあります。

 

人とぶつかって怪我をするかもしれま

せんし、怖い人とぶつかって慰謝料を

請求されるかもしれません。

 

些細なことで口論となり、無駄な時間と

労力を使うはめになるかもしれません。

 

歩きスマホ嫌いな人が正面から突撃

してくるかもしれません。

 

意図的な体当たりなど、相手に非がある

場合もありますが、その結果あなたは

大怪我をするかもしれません。

 

それでも、歩きスマホを続けますか?

 

そのスマホの用事は、どうしても今で

なくてはいけませんか?

 

 

個人的には、たとえ目的地の地図を

見るためであったとしても、一度人の

流れのない場所に移動してから立ち

止まってスマホをみるようにしてもら

いたいです。

 

立ち止まってもそんなに到着時間は

変わりません。

 

落ち着いて周りの風景を確認し、自分が

どこにいるか確認したほうが、かえって

早く目的地に着けるかもしれませんよ。

 

周りの迷惑だけでなく、本人のためにも、

少しでも歩きスマホが減ることを

祈っています。

 

 

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 事故