HTC・Viveが販売開始!PC販売店の店頭に並ぶぞ!!

   

 

すでに国内で販売されていたHTCのViveですが、7月7日にHTC日本がPC専門店での店頭販売が開始されたことを発表しました。

 

身近な場所に並ぶと、VRが流行してきたなと感じますね。

 

スポンサーリンク

 

実際に店先に並ぶ店舗は

 

ツクモ

ドスパラ

パソコン工房(ユニッココム)

 

上記の系列店舗で、全国36店舗に並んでいるとのことです。

 

これまではViveはネット販売のみでした。

 

ライバルとなるOculus liftは、秋葉原へ行けば複数の店舗で体験することができます。

 

VRゴーグルを実際に被って体験できるOculus liftと、ネット上でイメージ画しか見られなかったVive。

 

値段もほとんど変わらないとなれば、やはり実際に触って確かめられるOculus liftに軍配が上がります。

 

ですが、店頭販売を開始したことでViveもOculus liftと並びました。

 

今後のVRゴーグルの販売競争が楽しみですね。

 

 

肝心の値段は

スポンサーリンク

 

店頭販売は9万9800円(税抜き)です。

 

ちなみに税込みだと10万7784円。

 

ネット販売は税込みで10万7800円です。

 

辛うじてネット販売より安い値段をマークしています。

 

HTC日本代表取締役社長、玉野浩氏によれば、これでもかなり努力を重ねたとのこと。

 

税込みで10万を切ってほしいところですが、限界までがんばった結果なんとか税抜きで10万を切れたという状態のようです。

 

 

店頭販売のメリット

 

ゴーグルを被れる

 

やはり実物を触れるというのは何物にも代えがたいメリットですよね。

 

特にVRに関しては、カタログスペックだけですべてを語ることができません。

 

というのも、人の目の幅というのが千差万別で、その微妙な差がVRの没入感に大きく影響するのです。

 

ViveやOculus lift等の高性能VRゴーグルにはある程度のレンズ位置調整機能がついていますが、それでもなお人により合う合わないが出てきてしまいます。

 

そのため、購入したい方は必ず実際に体験してみることをおすすめします。

 

 

その場で持って帰ることができる

 

Viveのネット購入の場合、発送は7月を予定しています。

 

体験して興味を持ったらすぐやりたいですよね。

 

店頭販売なら即日持ち帰りが可能です。

 

自宅に帰ってすぐできる。

 

すばらしいメリットだと思います。

 

 

販売店舗には体験コーナーが併設

 

VRの体験会に参加した方はおわかりかもしれませんが、VRは体験中の本人以外には何をしているのかわかりません。

 

VRゴーグルを被った一人だけが大興奮の中、順番待ちの列に並ぶ人たちは暇つぶしにスマホゲームをやったりパンフレットを見たりしてすごしています。

 

しかし、Vive店頭販売店舗の体験会は一味違います。

 

なんと、VRデモを体験している人を撮影し、VR映像とCG合成することで、外部からも本人が今どのような体験をしているかわかるようになっているのです。

 

いわゆるCG合成で、VRゴーグルをかぶっている人の映像を、VR映像に合成したものをリアルタイムで放映することができるシステムです。

 

VRゴーグルを被るのはちょっとまだ恥ずかしい、などと思う人は、ぜひ店舗に行って他の人が体験しているのを眺めてみましょう。

 

ゲーム世界の中に入ることができるというのはなかなか面白い体験ですよ。

 

 

スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - VR