三ツ矢サイダーCM削除、トランペットで炎上!奏者は誰?何が危険だった?

   

 

こんにちは、猫の下僕です。

 

我が主(猫)は、炭酸飲料を開ける時の

プシュッという音が苦手です。

 

自宅で開ける際は、遠く離れた場所で

一旦開けて炭酸抜きをしてから部屋へ

入るよう心がけています。

 

 

炭酸飲料のCMは、どの企業も非常に

爽やかで、これから来る夏にふさわしい

ものばかりですよね。

 

そんな爽やかなCMですが、まさかの

批判により炎上、取り下げとなる事態が

発生しています。

 

どんなCMだったのか、そして何が原因と

されたのか、確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

批判を受けた「僕らの爽快編」

 

アサヒ飲料の超長寿・国民的炭酸飲料の

三ツ矢サイダー

 

2017年春から放送の4本のうちの1本、

「僕らの爽快編」が対象となっています。

 

 

どんなCMだったの?

 

演劇部?で仲間と盛り上がる男の子たち、

そして屋上でトランペットを吹く女の子の

高校での一シーンをイメージしたものです。

 

出演されているのは、神木隆之介さんと、

芳根京子さんです。

 

流れとしては、まずは演劇部?のシーンで

 

神木隆之介「熱くなれるもの」

 

次に屋上、トランペットを吹くシーンで

 

芳根京子「つながっているって思えること」

 

 

二人「それをずっと、大切にしたい」

 

二人「この国の爽やかさが、好きだ」

 

二人「三ツ矢サイダー」

 

と続いています。

 

 

動画はもう見れない?

 

三ツ矢サイダーを販売するアサヒ飲料の

公式HPでは、

 

この度、三ツ矢サイダーの新CM

「僕らの爽快」編につきまして、

お客様からたくさんのご意見を頂きました。

 

配慮に欠ける表現がありましたことを、

ここに深くお詫び申し上げます。

 

皆様のご意見を真摯に受け止め、

当CMの掲出を取りやめることと致しました。

 

この度は誠に申し訳ございませんでした。

 

引用:三ツ矢サイダー公式ページ

 

となっており、削除されています。

 

 

何が問題だったの?

スポンサーリンク

 

CM取り下げになる前に見ることができた

人で、原因がわかる人は少ないかと思います。

 

批判の対象となったのは、トランペットを

吹いている女の子(芳根京子)に、

友達が後ろから駆け寄るシーン。

 

トランペットを口に当てている状態の

ため、「後ろからの衝撃で唇にケガを

する恐れがある」との理由でした。

 

 

なるほど、たしかに言われてみれば、

トランペットの口をつけているところは

金属です(歌口というそうです)。

 

後ろから突然衝撃を受ければ、歯を折る

などの事故が起きてもおかしくはあり

ませんね。

 

 

吹奏楽の経験がある人には当然の批判

 

三ツ矢サイダー「僕らの爽快編」が炎上

したのは、トランペット奏者による

ツイートが発端のようです。

 

また、多くの吹奏楽経験者にとっても、

トランペットを吹いている最中の後ろ

からの衝撃は危険を感じるようです

 

私は吹奏楽の経験が全くないため、

言われるまでその危険性に気付いていません

でした。

 

CM取り下げの話題に、「たいしたことない」

と反応している人の多くは、私と同じ

危険性を理解していない人なのかも

しれませんね。

 

そして、現実問題として、後ろから

抱きつくような場面があったとして、

抱きつく側は吹奏楽部に所属していない

可能性が高いでしょう。

 

であれば、この危険性を理解せずに

抱きついてしまうこともあるかも

しれません。

 

ですので、「吹奏者に後ろから抱きつく」

という行為が危険であることを周知させる

のは重要なことだと思います。

 

 

その結果として取り下げは必要だったのか?

 

吹奏者に後ろから抱きつくのが危険な

行為であることを周知させるのは大切な

ことです。

 

それは、今回の件で初めて知った私でも

理解できます。

 

しかし、その結果としてCM取り下げは

妥当なものなのでしょうか

 

最初に指摘をしたトランペット奏者の

方や、多くのCMを批判した吹奏楽

経験者の方は、このCMがなくなれば

すっきりするのでしょうか

 

おそらく違うはずです。

 

吹奏者に後ろから抱き着いてはいけない

ということが、吹奏楽を経験して

いない人にも周知されることこそが、

今回の批判者にとってのゴールなのでは

ないでしょうか。

 

三ツ矢サイダーのCMが削除されて

しまったことで、今回の件は一時的に

大きな話題となります。

 

ただし、一過性の話題であり、すぐに

ほとんどの人が忘れてしまうでしょう。

 

しかも、中には「なんか無茶なクレームで

三ツ矢サイダーのCMが中止になったらしい

というレベルでしか理解しない人も

いるはずです。

 

ただ批判し、「危険だからCMやめろ」

では、目的は達成できないのではないで

しょうか。

 

 

どうすればよかったのか?

スポンサーリンク

 

CMを中止せず、該当するシーンで

「後ろから抱きつくのは危険です」と

テロップを出すだけではダメなので

しょうか

 

ただ、このテロップを出してしまえば、

CMの爽やかなイメージは崩れてしまい、

伝えたい内容が伝わらない恐れもありますね。

 

 

テロップでうまくいかないのだとしても、

何らかの方法で、危険性を周知させつつ

CMも流すことはできたのではないか

と思います。

 

CMの撮影にはたくさんのお金が

かかっています。

 

また、出演した神木隆之介さんや

芳根京子さん、さらにはその友達役の

多くのエキストラの人にとっては、

大切な作品です。

 

批判に対して、そういう意味ではない

と伝えた上、その部分に対して何らかの

対策を取って、CMが放送できると

いいですよね。

 

 

企業イメージ低下の回避

 

SNSなど、多くの一般人が情報を発信

できるようになったため、今までは

小さな批判だったはずのものまで

大きく拡散されるようになりました。

※今回の件が「小さな批判」と言いたい

わけではありません。

 

そして、本当に問題視している人以外に、

面白半分で「祭り」と呼んで騒ぐ人を

巻き込み、非買運動にまで発展する

ことも増えました。

 

そのリスクを考えると、企業としては

初期段階で取り下げてしまうことが

一番の安全策となっているようです。

 

しかし、炎上の声は、視聴者の総意では

ありません

 

一部の人の過剰反応であることも多いです。

 

それに恐れるあまり、伝えたいことを

伝えられなくなってしまうのでは、

企業イメージ低下どころか、そもそもの

イメージを伝えることすらできなく

なってしまうのではないでしょうか。

 

炎上騒動にビクビクしすぎて、面白みの

ないCM・TVばかりになってしまわ

ないか、不安です。

 

 

最後に

 

今回の三ツ矢サイダー「僕らの爽快編」は

トランペットを吹いている最中に後ろから

ぶつかるというのが危険だということで

CM削除となりました。

 

たしかに、口に金属を当てている状態で

後ろから衝撃を与えられれば、唇を

怪我したり、歯を折ったりという危険が

あります。

 

ですので、その危険性を周知させると

いうのは非常に重要なことです。

 

ただ、だからといってCMそのものを

削除させてしまうのでは、危険性を

周知させる機会そのものも失われて

しまうような気がしまいますね。

 

批判のゴールがCMや放送の中止では

なく、問題周知の徹底であれば、

炎上からの取り下げという今の流れは

減っていくような気がします。

 

 

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - テレビ, CM