フジテレビ「TEPPEN」が視聴者をバカにしている!人気企画のピアノ対決「決勝の結果は来年でーすwww」

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

動物番組は癒されますね。

 

動物・子供・食べ物は確実に高視聴率が取れるそうです。

 

つまらない番組しかしない局は24時間猫を放送し続ければいいのに、と思います。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 

フジテレビの数少ない人気番組である「TEPPEN」は、芸能人が特技を競い合う番組です。

 

9月16日に放送された「芸能界特技王決定戦TEPPEN 2016秋の陣」では、ピアノ対決とベンチプレス対決の2本立てでした。

 

問題となったのは、人気企画である「ピアノ対決」です。

 

まさかの決勝先送り。

 

事前に「決勝まで放送する」とは告知していませんでしたが、特番で「2016秋の陣」を謳っておきながら優勝者が出ないという前代未聞の事態に不満を持った人が続出しています。

 

決勝は来年1月に放送するそうですが、2017年1月は「2016秋」ではありません。

 

フジテレビは日本の季節を知らないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

番組構成

 

16日に放送された「芸能界特技王決定戦TEPPEN 2016秋の陣」は、ピアノ対決の準決勝を放送後、ベンチプレス対決を放送しました。

 

そしてその後、まさかの「ピアノTEPPEN対決は来年1月」のテロップで番組は終了します。

 

2016秋の陣とは何だったのでしょうか。

 

これまでのTEPPENを含め、「○○年△△の陣」というサブタイトルがあれば、その日に優勝者が決まるのが普通です。

 

ちなみに、ベンチプレス対決は魔さと 魔裟斗が優勝しています。

 

ええ、決勝まで放送し、優勝者が決まったんです。

 

人気企画であり、視聴者が見たかったほうのピアノ対決だけ、まさかの年跨ぎです。

 

 

年跨ぎの意味

 

やはり、凋落したフジテレビにとって人気企画は少しでもひっぱりたいという思いがあるのでしょう。

 

まだ今年は3ヶ月以上残っているにも関わらず、決勝は来年1月までお預けという、年跨ぎ。

 

当然、来年1月の決勝の前には16日に放送した準決勝がダイジェストで流されるのでしょう。

 

場合によっては、ダイジェストじゃなく「未公開映像!」を使った別の1本として編集して放送するのかもしれません。

 

これで、人気企画により本来1枠で放送するものを3枠に水増しすることに成功したというわけです。

 

 

不満噴出

スポンサーリンク

 

「2016秋の陣」というスペシャル番組であれば、当然その番組内で決着がつくものと考えます。

 

どんなに穿った見方をする人でも、少なくとも2016年の秋には決着がつくと考えるでしょう。

 

まさか2017正月の陣に決着が持ち越されるとは。

 

完全に視聴者を馬鹿にしています。

 

視聴者を良い意味で驚かせるサプライズは歓迎ですが、この「決勝戦先送り」は誰一人得をしません。

 

次週ぐらいならまだしも、放送は4ヶ月近く先。

 

「フジはTEPPENを他局へ売れ」「完全に詐欺」「ばかかこいつらは」など辛辣な批判が相次いでいます。

 

 

引っ張るにしてももう少し配慮すべきだった

 

前半に準決勝を放送した際には、決勝が当日放送で流れないことは一切告知されませんでした。

 

そして、ベンチプレス対決後、まさかのテロップでの「ピアノTEPPEN決勝戦は来年1月」で番組終了。

 

番組の宣伝などでも、当然決勝戦が放送されないことには触れておらず、むしろ「最もピアノがうまいのは誰か」という趣旨の宣伝文句を使っていました。

 

「最もうまい」のは優勝者です。

 

その優勝者が誰かわからない。

 

完全な詐欺ですよね。

 

フジテレビは、視聴者にもう少し媚びてもいいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

「嫌なら見るな」がフジテレビのキャッチフレーズになってしまっていますね。

 

実際には、ナインティナインの岡村隆が言っただけであって、フジテレビが局としてその方針を掲げたことはない、と株主総会で社長が悲鳴をあげていました。

 

しかし、「嫌だから見ない」人が増えており、フジテレビに昔の視聴率王の面影はありません。

 

数少ない人気企画も、詐欺まがいの引っ張り方で視聴者の不評を買ってしまっています。

 

フジテレビはどこへ向かっているのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - テレビ