マイ電柱を建てよう!実は安い!!タモリ倶楽部でも取り上げられる、オーディオマニアこだわりの電源の費用と設置方法とは!?

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

私の部屋には、ダンボールで建てたタワーがあります。

 

いわゆるキャットタワーですね。

 

我が主(猫)が幼かった頃、よく降りられなくなって私に助けを求めていました。

 

現在は、私に向かって飛び降りてきます。

 

 


スポンサーリンク


 

 

毎度おなじみ、流浪の番組、タモリ倶楽部。

 

10月28日は、オーディオマニアのための特集です。

 

音質を極限まで高めるため、マイ電柱を建てた方のもとへとロケに行くタモリ一行。

 

オーディオマニアにとって、究極とも言える音源のためだけの電源。

 

簡単に建てられるなら自分も!と考える方は多いのではないでしょうか。

 

実際に建てられるものなのか、調べてみましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

マイ電柱を持つ日本人

 

実際にマイ電柱を保有しているのは、森田武男さん82歳。

 

職業は弁護士だそうです。

 

6万ドルの米国製アンプや、劇場で使われていたドイツ製スピーカー、金銀を使った日本製ケーブルなど、こだわりぬいた高級オーディオ機器を使っていました。

 

しかし、それだけでは満足できなくなった森田武男さん。

 

自宅の庭に、オーディオだけに供給する電柱を設置しました。

 

 

マイ電柱の値段は?

スポンサーリンク

 

さて、肝心のマイ電柱はおいくらなのでしょうか。

 

なんと、わずか1万ドルだそうです。

 

日本円にして約107万円。(購入当事)

 

不要な人には高いかもしれませんが、オーディオマニアにとって107万円は決して「超高級品」ではありませんよね。

 

森田武男さんは「自分のためだけに演奏しているようだ」と語ります。

 

 

どこが工事した?

 

森田武男さんのマイ電柱を建てたのは、出水電器という会社だそうです。

 

「音が部屋の空間に溶け込んでいく」というマイ電柱。

 

出水電器の島元澄夫社長自身もオーディオマニアの顔があり、現在は株式会社FASTの代理店になっています。

 

これにより、出水電器はFASTのアンプ販売と、自社製品ALLIONの販売、そして電源工事という3つが柱となっています。

 

通常の電気会社にもマイ電柱を頼むことはできますが、目的がはっきりしているのであれば、そのための会社に依頼したいですよね。

 

出水電器は実績も十分にありますので、マイ電柱が必要な方はぜひ連絡してみてください。

 

マイ電柱ほど大掛かりでなくとも、電源を改善することで音質がよくなるとのことで、出水電器は屋内工事も可能なようです。

 

また、実際にどうなるのか、視聴室があるようなので、事前に確かめてみることも可能です。

 

 

マイ電柱はどのくらいの人が持っている?

 

前述の出水電器によると、10年で40人が発注してきたとのことです。

 

もちろん、マイ電柱事業は出水電器の専売特許ではありません。

 

別の会社が受注した分もあわせると、100人は超えるのでしょう。

 

マニアによる情熱はどの分野でもすごいですね。

 

 

電源で本当に音質は変わるのか

スポンサーリンク

 

実は、「電源では変わらない」とする専門家もいます。

 

しかし、実際にマイ電柱を導入した方や、電源に関する工事などで改良を加えた方は口を揃えて「音が違う」と言います。

 

実際がどうであれ、本人が満足できる改善があるのであれば、やるべき価値はありますよね。

 

本人が満足しているのに、まわりから「それ無意味だよ」などと指摘するのは野暮というものです。

 

 

マイ電柱の次は

 

ピュアな電源がオーディオによい影響を与えるのであれば、次は「配電」だけでは満足できなくなります。

 

となれば、当然欲しくなるのは「マイ発電所」でしょう。

 

ふざけた発想に感じるかもしれませんが、太陽光発電などで、一般家庭が電力会社に電力を売ることもできる時代です。

 

今はまだ太陽パネルの能力が安定せず、いつでも電気を供給できるわけではありませんが、近い将来、マイ太陽光パネルでマイ発電をするオーディオマニアが現れるのは確実でしょう。

 

自分が聴かないときは電力会社の売電すれば、そのお金でさらにオーディオ機器を増強することもできるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

マイ電柱は、過去にも話題になったことがありますが、「究極のオーディオマニア」という紹介がされたことで、非常にレアな、普通はやらないようなイメージがあります。

 

タモリ倶楽部でも、「オーディオマニア究極の夢」と紹介されていますが、難しい規制があったり、特殊な人脈がないと建てられないものではありません。

 

アンプやスピーカーを極めきってしまったオーディオマニアの方々は、次の一手として、マイ電柱の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - テレビ