謝蓮舫元行政刷新大臣の二重国籍問題。30歳のとき台湾国籍であることを告白していた。「自分の国籍は台湾なんですが・・・」

   


スポンサーリンク


 

おはようございます。

 

猫の下僕です。

 

 

台湾籍(中華民国籍)との二重国籍を疑われている蓮舫代表代行。

 

「私は日本人」と、疑惑を否定していましたが、6日には、「事実は確認中」となり、台湾籍の放棄を申請しはじめました。

 

18歳のときに日本国籍を取得したとコメントした蓮舫氏ですが、産まれたときに持っていたはずの台湾籍が放棄できるのは20歳からでした。

 

ということは、きちんとルール通り放棄していたとしても、18歳から20歳の2年間は確実に二重国籍であったことになります。

 

さらに、今回驚くべき内容の記事が発掘されて話題になっています。

 

なんと、30歳のときに「私は台湾人」と、台湾国籍を持っていることを告白しているのです。

 

この記事が本当だとしたら、国会議員を続けても大丈夫なのでしょうか。

 

日本の政治は日本国籍の人間が執り行うというのは、感情論ではなく、法律で定められていることです。

 

今後のレンホー氏の進退が気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

蓮舫の在北京的妊娠生活

れんほう北京

 

問題の記事のタイトルです。

 

レンホー氏が妊娠していた時期は、1997年。

 

つまり、蓮舫氏が30歳のとき、自分自身が台湾籍であると告白しています。

 

 

とりようによっては「子供の頃は」台湾籍だと言っているとも?

 

れんほう台湾国籍

 

自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい・・・

 

という理由で留学を決めたとしています。

 

無理やり好意的に解釈するのであれば、北京大学に留学したのは18歳のときなので、このタイミングではまだ台湾国籍だと言いたかったのかもしれません。

 

ただ、その場合は「自分の国籍は台湾だったのですが、」と過去形になるはずです。

 

それを現在形で話しているため、今も台湾籍であるという自覚があるように感じます。

 

さらに、最近の証言では18歳で日本人を選択、日本国籍を取得としているので、「当時は台湾籍だったが今は日本国籍」という意味にとるのは無理があるような気がしますね。

 

 

twitter上ではレンホーは謝蓮舫という中国名を名乗っている

スポンサーリンク

 

蓮舫氏のtwitterアカウントをご存知でしょうか。

 

renho_sha、謝蓮舫というアカウントを使用しています。

 

蓮舫氏の本名は村田蓮舫です。

 

謝というのは、父親の姓、つまり旧姓です。

 

前述の通り、「父のいた大陸」、つまり父親が大陸(中国)の人間であるという認識をしています。

 

そして、中国人である父親の姓を名乗って政治家としてツイートをしているわけです。

 

これで「私は日本人」は通らないのではないでしょうか。

 

対中国の政治的見解はすべて中国寄りである蓮舫氏。

 

親中国の度が過ぎているような気がしますね。

 

 

行政刷新大臣時代、仕分けの対象となったのは中国と争う分野ばかり

 

災害・耐震工事費用

スポーツ振興予算

科学技術予算

スパコン予算

 

これらが、蓮舫氏によって仕分けられた予算です。

 

「2位じゃダメなんですか?」

 

当時大流行したこのセリフ。

 

1位に想定していた国は、やはり中国なのでしょうか。

 

偶然なのか、意図的なのか、この仕分けさせられた分野はすべて中国と争っている分野です。

 

日本の国力を落とし、自国に勝利させようという腹積もりではと邪推してしまいますね。

 

 

初選挙の2004年、選挙公報で「帰化」を明言

 

2004年選挙公報で帰化。

 

見難いですが、2004年に初めて蓮舫氏が選挙に出た際の広報です。

 

注目はここです。

 

2004年選挙公報で帰化2。

 

1985年に帰化。

 

85年、つまり蓮舫氏が18歳のときですね。

 

何度も伝えるように、台湾籍を抜くには20歳以上であることが必須です。

 

1985年には、国籍の法律が変更されました。

 

それまでは父親の国籍がその子供にも適用されていましたが、この年から父または母のどちらかの国籍を選択することができるようになりました。

 

なお、その期限は22歳。

 

台湾の国籍を放棄するのは20歳以上ということなので、20歳から22歳の間に日本国籍の取得を宣言し、さらに台湾に国籍放棄の手続きをする必要がありました。

 

この手続きを怠った人は違法となりますが、実は罰則等がないそうです。

 

そのため、日本国籍と外国籍の二重国籍を持つ人は数十万人規模になるようです。

 

ですが、蓮舫氏は国会議員です。

 

国会議員が、法の抜け穴のような、「罰則がないからそのままで」などということは許されませんね。

 

 

国会議員の経歴詐称

 

 

国会議員が経歴詐称をした場合、公選法違反です。

 

虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

 

とあります。

 

罰則どうこうの前に、まずは議員辞職が先ですね。

 

 

 

まとめ

 

30歳のときに台湾籍であったのか、30歳のときに、18歳の頃は台湾籍であったと答えただけなのか。

 

取りようによっては後者と解釈することも可能ですね。

 

ただし、だからといって二重国籍であった事実は変わりがありません。

 

最低でも18歳から20歳の2年間は二重国籍です。

 

そして、今回台湾側へ国籍を問い合わせていますが、その結果放棄できていない場合は放棄するようにと依頼しているそうです。

 

二重国籍をデマだと断言し、悲しんでいたはずの蓮舫氏。

 

そんな嘘を吐かれた我々は非常に悲しい思いをしています。

 

どのような謝罪をするのでしょうか。

 

 

20歳まで台湾は国籍放棄不可!!

 

 

「産まれたときから日本人」「18歳で日本人を選択」「私の国籍は台湾なのですが」矛盾だらけの蓮舫氏

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 政治