ハロウィンは東京都内全面禁止?バレンタインデーを上回る経済効果のイベント禁止が水道橋博士から提言される!

   

 

こんにちは。

 

猫の給仕です。

 

朝起きたら、私の上から見下ろしている我が主(猫)の冷たい目が快感です。

 

 


スポンサーリンク


 

 

年々人気が増しているハロウィン。

 

水道橋博士が、東京都内全面禁止を訴え、それに出演者が賛同する場面がありました。

 

ハロウィーンの経済効果は、あのバレンタインデーを上回る勢いで成長しています。

 

そんなイベントを禁止するというのはどういう意図があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ハロウィンとは

 

そもそも、ハロウィンとは何でしょうか。

 

バレンタインデー以上の経済効果と言われても、実際には自分とは無関係で、興味がないという人も多いのではないでしょうか。

 

なんとなく、10月末に行われるイベント程度にしか認識していない人に、わかりやすく解説してみたいと思います。

 

ハロウィンとは、10月31日に行われる、古代ケルト人が起源のお祭りです。

 

秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的儀式です。

 

ケルト人にとって、1年の始まりは11月1日です。

 

つまり、ハロウィーンを行う10月31日は、1年の終わりということになりますね。

 

1年の終わり、最後の夜には霊が集まってくると信じられていました。

 

悪い霊を追い払い、秋の収穫を祝って冬を迎えるという儀式的お祭りだったわけです。

 

現在は、キリスト教系民族によりケルト系民族が侵略され、古代ケルト人のお祭りだったハロウィンはキリスト教に吸収されています。

 

キリスト教のカトリックでは、11月1日は万聖節であり、その前夜のお祭りという認識が強いようです。

 

この万聖節は、聖人や殉教者を祝う日であり、死者の魂が現世へ戻ってくる、日本でいうお盆のような扱いのようです。

 

 

ハロウィンの仮装

 

さて、キリスト教ではお盆的意味合いのハロウィーンで、なぜ仮装するのでしょうか。

 

悪霊がやってくるという、ケルト人の信じた部分がそのまま受け継がれているのが原因です。

 

悪い霊がウロウロしており、あの世へ連れて行こうとしています。

 

そのため、お化けの格好をして、悪霊の仲間だと思わせることで、襲われるのを防ぐのです。

 

つまり、日本で行われるコスプレカーニバルは意味合いが違う、ということになりますね。

 

 

トリック・オア・トリート

 

このセリフはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」という意味ですね。

 

もともとは、ヨーロッパで鎮魂のためにソウルケーキと呼ばれる、干しブドウパンを差し出す風習が原型とされています。

 

ソウリングと呼ばれるこの風習も、子供たちが仮装して民家を訪ね歩いていたようで、ハロウィーンとかなり似通っていますね。

 

 

ジャック・オ・ランタン

 

カボチャの中身をくりぬき、火を灯す、ハロウィーンを象徴する飾りです。

 

魔よけの意味合いをもつこのランタンは、元々はカブを使っていたそうです。

 

それが、ジャック・オ・ランタンの伝説と混じってしまったようです。

 

 

ジャック・オ・ランタン伝説

 

昔々、あるところに悪いことばかりするジャックという男がいました。

 

魂を取ろうとやってきた悪魔をも騙し、「自分が死んでも地獄には行かない」という約束を取り付けます。

 

その後、ジャックが死んだ際には、天国へ行けず、かといって地獄へも前述の約束があるため入ることができません。

 

しかたなく、現世を歩き回ることになったのですが、その際に、暗い夜を照らすためのランタン(手提げランプ)をカボチャで作ったものが、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになりました。

 

つまり、「ジャック・オー・ランタン」とは「jack of the lantern」ということのようですね。

 

「of the」の略が「o'」です。

 

中学校で習う「o'clock」と同様です。

 

 

東京都内禁止の提言

スポンサーリンク

 

さて、ハロウィンの紹介が長くなってしまいましたが、本題に入ります。

 

水道橋博士が、10月13日のフジテレビ系「バイキング」で提言した、「東京都内全面禁止」とは何なのでしょうか。

 

「ケルト人による、農業を祝う祭りであるため、都会でやる必要はない」という主張のようです。

 

ただ、東京都内全面禁止は全く見当違いですね。

 

そもそも、東京都内にも農家はものすごいたくさんいます。

 

水道橋博士は、渋谷のセンター街などを想定しているようですが、都内23区の駅前が東京の全てではないということをきちんと認識すべきです。

 

そして、ハロウィンは豊穣のお祭りであるとともに、悪霊の鎮魂のお祭りでもあります。

 

都会のど真ん中でも、凄惨な事件は多く、鎮魂の必要は高いですよね。

 

ということで、「本来のハロウィーン」は禁止すべきものではない、と言えるでしょう。

 

「本来のハロウィン」という面から見た場合は、水道橋博士の提言は賛同できるものではありません。

 

しかし、水道橋博士の言いたいことは、そういうことではないようです。

 

 

周囲の迷惑を考えない人たちが問題

 

水道橋博士は、「ハロウィーンの東京都内全面禁止」という過激は発言をしました。

 

それ自体はかなり無理のある主張ではありますが、その主張の根本は、賛同できるものです。

 

これはハロウィンに限ったことではありませんが、自分たちだけが楽しければよく、そのイベントに参加していない一般の人の迷惑を考えない行為を問題としているようです。

 

子供のオムツを換えるスペースを、「勝手に」仮装への着替えスペースとして占拠したり、イベントで出たゴミをそのまま放置して帰ったり。

 

これらは、ほとんど全てのイベントで問題になってきたことですよね。

 

お花見やオリンピック、クリスマス・・・。

 

最近ではポケモンGOの聖地、「ポケモンの巣」でも同様の問題が騒がれました。

 

イベントそのものが問題というわけではないのです。

 

イベントに参加していない、一般の人に迷惑がかかっていることが問題なのです。

 

自分たちだけが楽しければそれでいい、という考え方では、周囲の参加していない人に受け入れてもらえるわけがありませんね。

 

主催者が、きちんと着替えのスペースを確保し、参加者もゴミを持ち帰るよう徹底すれば、迷惑をかけることも少なくなるでしょう。

 

 

仮装する下品な女性たち

 

「バイキング」で、水道橋博士に賛同した、横澤夏子さんは、仮装する女の子は下品な子しかいない」と非難しました。

 

年々過激化する仮装に対する批判ですね。

 

これは、ハロウィーンが「コスプレ会場」となっていることが問題でしょう。

 

コスプレといえば、夏と冬に開催される、コミックマーケット、通称「コミケ」でも問題視されています。

 

コミケでは、半裸で下着が見えた状態のコスプレイヤー(仮装する人)が多くなっており、まるで痴女だと話題になっています。

 

より目立ちたいというコスプレイヤー(仮装者)は、その完成度ではなく、露出度によって人目を惹こうとしています。

 

これは、本来の目的を逸脱していると言えるでしょう。

 

コミケであれば、「本来のマンガやアニメのキャラクターに似せること」が目的であり、(その本来のキャラクターが卑猥な姿という問題はあるものの)意味もなく半裸になる必要はありません。

 

ハロウィンについても、「お化けや悪霊が仲間だと思うこと」が目的であり、半裸の女性を仲間だと感じるかは疑問です。

 

※ただし、キリスト教では、「色欲」は七つの大罪に数えられる罪の一つです。

 

そういう意味では、ある意味正しいのかもしれませんね。

 

 

首を絞めているのは参加者自身

 

ハロウィンを正しく理解し、正しくイベントに参加するのであれば、問題は起きません。

 

一般の人の迷惑になるような自分本位の行動で、本来の目的とは異なる仮装をするから煙たがられるのです。

 

年に1度しかないイベントだから、はしゃぎたくなる気持ちはわからなくもありません。

 

はしゃいでいるときは、特に周囲の目が見えなくなるものです。

 

また、意図的に周囲からの評価を忘れ、バカ騒ぎに興じている部分もあるのでしょう。

 

しかし、ものには限度というものがあります。

 

楽しむための場所・イベントを、これからも継続していくために、節度を守り、迷惑をかけない楽しみ方をするべきです。

 

 

まとめ

 

ハロウィーンが日本で認知され始めた頃は、子供がお化けの格好をして、知り合いの家にお菓子をねだるだけのイベントのはずでした。

 

それが、いつのまにかコスプレカーニバルになり、自分本位な行動をする人たちのせいで街は汚れ、一般人が不快に感じるようになってしまいました。

 

実際に禁止される前に、参加者たちが行動を正してほしいですよね。

 

お花見やサッカー・野球などの球場では、イベント後にゴミを拾っていく人が増えていると聞きますよね。

 

ハロウィンでも、同様の動きが起きれば、一般の方の目も変わってくるのではないでしょうか。

 

特に渋谷などは、普段からかなり汚い街です。

 

「イベント前よりイベント後のほうがキレイになっている」となれば、歓迎する人も増えそうです。

 

なんでもかんでも禁止にしてしまっては、息苦しい世界になります。

 

そうならないよう、参加者たちが率先して、素晴らしいイベントになるように動いていきましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - イベント